ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


リヒャルト・ワーグナー


ヨミ: リヒャルトワーグナー
掲示板をミル!
31カキコ!

リヒャルト・ワーグナー(Richard Wagner, 1813-1883)とは、「楽劇王」の別名でも知られるドイツ作曲である。


概要


19世紀中葉のドイツを代表する作曲の一人である。ドイツ語では /ˈvaːɡnɐ/ と発音されることから、「ヴァーグナー」と転写されることも多い。独自の音楽理論追求し、それまでのオペラとは異なる形式の「楽劇」(Musikdrama)を生み出した。その革命性ゆえに多くの支持者を得る一方、あまりの自信ぶりに多くの敵も作り出した。ドイツ西部バイロイトに自らの作品を上演するための劇場「祝祭劇場」を建設した。


主なオペラ


以下はいわゆる「楽劇」に分類される。


逸話


あまり浪費ぶりに破産寸前になるが、かのノイシュヴァンシュタイを建設したバイエルン国王ルートヴィヒ2世護を受けることで生活が成り立つようになった。

リヒャルト・ワーグナーはフランツ・リストを尊敬していたが、そので、当世随一の揮者ハンス・フォン・ビューローの妻となっていたコジマと「ダブル不倫」関係に陥った。リヒャルトとコジマ1866年同棲生活を始める一方、1867年初演の『ニュルンベルクマイスタージンガー』はハンス・フォン・ビューロー揮するという、傍からは理解しがたい様相を呈した。

バイロイトの祝祭劇場の総監督は、ワーグナー一族によって今なお「世襲」されている。ワーグナー上演の総本山と位置付けられていることから、の「バイロイ音楽祭」に行くことは「バイロイト詣」などとも呼ばれている。

ドイツ音楽雑誌に反ユダヤ義の論文『音楽におけるユダヤ性』を匿名で発表し、音楽に対するユダヤ人ユダヤ文化を糾弾するなど、後世に反ユダヤ義者と見なされる行動をしている (ただしユダヤ人との親交は意外な程多い) 。また、アドルフ・ヒトラーワーグナー好きであった事、反ユダヤ的な糾弾内容をナチスが利用するなどしている事から、現在ではワーグナーの作品をイスラエル演奏する事はタブー視されている。また、欧ではワーグナーの「作品」を称賛する事は許されていても (実際その評価はかなり高い) 、ワーグナーの「人物」を評価する事は非難の対になる。


関連動画



■sm113310[ニコ動]

■sm3170355[ニコ動]
■sm373396[ニコ動]
■sm507913[ニコ動]


関連項目



ニコニコ大百科に記事のある楽曲



最終更新日: 18/12/15 02:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ