ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ルイス・フロイス


ヨミ: ルイスフロイス
掲示板をミル!
38カキコ!

「ルイス・フロイス」Luis・Frois,1532~1597)とは、戦国時代ポルトガル人宣教師である。

戦国時代を詳細に記した書『日本史』の著者であり、戦国時代好きにはもっと感謝されるべき・ずっと評価されるべき人である。


概要


1532年、ポルトガル首都リスボンに生まれる。

1548年、彼はリスボンキリスト教カトリック)の修会であるイエズス会に入会し、同年3月、彼はインドゴアに向かい、10月に到着する。その地で日本人キリスト教徒のヤジロウ、及びフランシスコ・ザビエルに出会う。これが後年、彼を日本へと向かわせる直接のきっかけであったと思われる。

1563年、すでに祭となっていた彼は、ついに日本行きを決意、九州の横瀬(現・長崎県西海)に上陸。以降、彼は1597年7月長崎で亡くなるまで、日本における布教活動と活動報告書の作成、および上のヴァリニャーノ及びガスパル・コエリュから作成の命を受けた『日本史』の執筆を続けることになる。

彼の詳しい半生についてはウィキペディアの該当項目を参照。[外部]


『日本史』について


日本史』の原稿は、極めて数奇な運命をたどっている。

そもそも始めにフロイスの執筆した『日本史』は、あまりにも内容が膨大、記述が冗長であるとして、上のヴァリニャーノは本書をヨーロッパへ送付することを許可しなかった。

※このことを聞いたフロイスは、できれば短くめたいが、もう私の余命は長くなく自分には不可能である、だから原のままヨーロッパに送付してほしい、という嘆願の書簡をのこしている。

その後『日本史』はヨーロッパに送られることはく、マカオのイエズス会学院の書庫に放置同然に保管されていた。そして18世紀、ポルトガル政府による海外文書の謄本事業により写本が作成されたが、原稿は再び放置された。そして1835年、同学院の火災により原本は消滅してしまったのである。

従って現存しているのはその写本のみであるが、その写本も数奇な運命をたどっている。

詳細はくが、結局この写本は20世紀に入って、複数の箇所(リスボンアジュダ王宮図書館ポルトガル海外史文書館、フランストゥルーズの故サルダ氏の文庫、ポルトガル国立図書館など)から断片的に発見され、それらを繋ぎ合わせて復元したのが現在に伝わる『日本史』である。ただし全に復元された訳ではなく、、「日本六十六史」「日本総論」の部分は現在でも発見されていない。


『日本史』の評価


当時のことを同時代人が書いた第一次資料であるので、極めて信憑性が高い。また足利義輝織田信長豊臣秀吉といった時代の権者からも信任され、また宣教師として名も市民とも幅広く接触したということも、内容に幅を持たせている。

ヴァリニャーノから酷評された、冗長であるというということも、むしろ現代の研究者からすればありがたいことであり、当時の日本人では記述もしないような日本人日常生活などについても、詳しく記載されている。

しかしながら明らかな欠点も存在する。それは、キリスト教偏見に満ち溢れていることである。例えば、仏教の高僧・日乗の事を「悪魔の手先」呼ばわりしたり、「日本の祭儀は悪魔によって考案された」と記述したりである。

そうした欠点もあるが、この『日本史』は戦国時代の研究には欠かせないものであるという評価が一般的である。


その他


・・・はなはだ決断を秘し、戦術には極めて老練で、非常に性急であり、昂はするが、素はそうでもなかった。彼はわずかしか、又はほとんどの臣の言に従わず、一同から極めて畏敬されていた。(中略)だらだらした前置きを嫌い、ごく卑賤の者とも親しげに話した。


KOEIの作品におけるフロイス



関連動画


戦国時代を描いた漫画小説の紹介役として、大友宗麟と共に登場


■sm2989320[ニコ動]

■mylist/6169148


関連コミュニティ


■co1786


関連項目



最終更新日: 17/02/09 01:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ