ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ルー大柴


ヨミ: ルーオオシバ
掲示板をミル!
24カキコ!

ルー大柴を一言ですなら、エンターテイナーである。異論は認める


ルーのディスクリプションだ!


1954年1月14日バースデイ。本名は大

ハイスクール卒業と同時に実家を飛び出し、欧州各地で自作アクセサリーの露商をしながらエグザイリング。ここで英会話、ならびに自身の芸ベースができあがる。
後、勝新太郎宰の演劇学校に参加し、小堺一機と知り合う。小堺一機関根勤パーソナリティを務めた「コサキンDEワァオ!」においてルーの特異キャラクターが トピックり、その後、1989年関根が立ち上げた「カンコンキンシアター」へ参加、日本語英語ハイブリッドの陽気すぎるり口が話題を呼び、かつら会社のCMで決め台詞としていた「トゥギャザーしようぜ!!」とともにブレイクバット、もともと本人がしていたアクターとしてではなく、クセの強いコメディアンというポジションで落ち着いている。
ちなみに、日英ハイブリッドトークスタイルは、上記のエグザイリング期間に加えて、ハイスクール時代のガールフレンドベリーシミラーな口調の帰国子女だったこと、また、父親が日露中英クァトリンガルだったというシチュエーションしている。

1990年代後半からは舞台演劇メジャーしていたため、自然テレビジョンへ顔を出すチャンスが減っていった。そんな中、2003年に「探偵!ナイトスクープ」にて、ルーそっくりの祖が他界後、元気がなくなった少女を励ましてほしいという依頼に応じ、それまでテレビで見せていたキャラクターを封印、あくまでも祖になりきって依頼者家族と接した。
この姿が大きな感動を呼び、関西圏で好感度が急上昇。ルー本人も2007年頃からの再ブレイクのきっかけとるほどであり、その後もナイトスクープには顧問として出演し続けている。

ブレイクのきっかけとして、50歳を機にスタートしたブログも挙げられることがある。
こちらはテレビで見せるキャラクター同様の文章なのだが、ルーにしかクリエイトできない言葉遊びルー語として受け入れられ、かつてなら出川哲朗ポジションが近いからと敬遠されていた女子中高生にもグッドインプレッションを与えた。


ルーがアクトしてるムービー



■sm1957654[ニコ動]


やぶからスティックに関連生放送


lv106331571


青天のサンダー!なルーの商品


■azB0016ONRWM
■azB0016ZT98M
■az4401622669
■az4569825583


このページたちとトゥギャザーしようぜ!!



最終更新日: 16/01/21 21:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ