ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


レイ(北斗の拳)


ヨミ: レイ
掲示板をミル!
923カキコ!

     レイ

レイとは、漫画北斗の拳」およびコミックバンチ連載中の「の餓 -北斗の拳 レイ外伝-」、読みきり作品「北斗の拳 レイ外伝 麗なる復讐者」の登場人物である。


概要


南斗六拳の一つ南斗水鳥拳の伝承者であり、義を宿に持つ。
とは人の為に生き命を懸ける宿命を持つである。

身長185cm、体重100kg。

の長であり、かなりの美男子装次第で野盗が女性に間違えるほど。
しかし、身長185cm女性と間違えるとはモヒカンモヒカンである。世紀末だから仕方ない。
アニメ版では長で美男子と言う設定は同じだが、髪の色水色になっている。

シャオ!」と言う特徴的な掛け、敵が切り裂かれる際の手な演出、二枚目的なキャラクター
熱い生き様(死に様)により屈人気を誇る。


南斗水鳥拳


レイの使う南斗水鳥拳は、や手による撃をとし、時に真空波をって恐るべき切れ味を持つ。
名前の通り美しく舞う水鳥の動きを模している技がいくつもあり、南斗聖拳で最も麗であると言われる。しかしその実態は、類なき威を誇る残虐非の必殺拳である。 

南斗水鳥拳には足技が存在しない様子。少なくとも現在まで、基本的な体術による蹴りなどを除いて「南斗水鳥拳の足技」は原作にも「の餓」にも登場していない。
しかし、脚による跳躍から発生する技も多く(妖ユダいわく「南斗水鳥拳の義はその麗な足の動きにある」)、そういう点では脚が重視されているとも言える。
レイ個人に限っては足技体である流「南斗拳」の伝承者・シュウと親交があるため、「南斗拳の足技」をいくつか習得しており、「の餓 -北斗の拳 レイ外伝-」にて使用している。

なお、南斗水鳥拳は外部からの破壊を的としつつも麗な動きを持つ柔剛併せ持つ拳であるが、レイの師であり先代伝承者であるロフウは剛の拳の使い手であり、彼の使う水鳥拳は剛の拳のみを使うスタイルアレンジされていた。ロフウから拳を伝授されたレイでは柔剛併せ持つ本来のスタイルに戻っている。


世紀末での生き様


戦争が起こり世が荒れ暴力が支配する時代になったが、義の男であるレイ暴力に走る事はく、平和を望んでいた。

だがレイが村を留守にしている時に、何者かが両親を惨殺するとともに結婚前に控えていたアイリを誘拐してしまう。
の息だった両親が最後に残した手がかり「胸に七つの傷を持つ男」を頼りに、復讐の意志だけで生きていく事になる。

世紀末は、レイの南斗水鳥拳を持ってしても、たった一人で生き抜くには厳しい時代であった。
そのためレイはある時は野盗の集団に取り入り、ある時はそれを裏切って敵対勢に寝返り、本来の義星の輝きを忘れた生き方をせざるを得なかった。

そんな生活を繰り返しているある日、取り入っていた牙一族からマミヤの村へと潜入する事を命じられる。命じられたとおり、用心棒として村への潜入に成功したレイであったが、そこでケンシロウと出会う。
バットには「悪党のツラ」、リンにさえも「あのは人を助けるようなじゃない」とまで言われ、そしてそれを体現するかのごとく、ケンシロウの圧倒的強さをの当たりにしてあっさり牙一族を見限り、寝返る。

ケンシロウ自身も「自分の損得でしか動かない男」との評を下していたが、たった一人のを惨殺されるも村人の前では村のリーダーとして表情一つ変えず、しかし裏では泣き崩れるマミヤの姿をにし、レイは自ら牙一族の殲滅に乗り出す。
同じく牙一族の討伐に来ていたケンシロウと共闘し一時は優勢に立つも、牙一族は人質としてアイリが手の内にある事を明かす。アイリを人質に取られて逆らえないレイケンシロウと闘うことを強いられるも、機転によりアイリを取り戻すと共に牙一族の撃破に成功。

アイリを取り戻した後は憑き物が落ちたように復讐に凝り固まった表情は消え、本来の義星の輝きを取り戻し、ケンシロウとの友情のために生きて行く。
ケンシロウが自分も「胸に七つの傷を持つ」事を明かしても、レイは「アイリを連れ去った本人だと言ってもは信じない」と即答した。


秘孔新血愁


ケンシロウマミヤの村を離れている時に、ラオウの部隊がマミヤの村に侵攻してくる。
ケンシロウへの借りを返すためレイラオウに挑むが、ラオウを降りることすらせず、闘気だけでレイを圧倒。
倒して勝つ事が不可能だと判断したレイは南斗究極義・断己相殺拳で相打ちを狙うが、逆に秘孔・新血愁を突かれて敗北してしまう。
秘孔・新血愁とは、突かれると3日間の間苦痛にえ苦しんだ後、全身から血を吹き出して死ぬという秘孔。

その後ケンシロウが駆けつけケンシロウラオウの闘いが始まるが、レイは己の身に迫る死をも忘れてケンシロウをの身を案じ、必死に闘いを止めようと叫ぶ。


ユダとの対決


     [画像を見る]

レイは同じ南斗六拳の一人・南斗拳のユダとも浅からぬ因縁を持つ。
世が荒れ南斗六拳が割れた際、戦乱を好むグループに走ったユダ平和を望むグループに残ったレイとでは南斗の男としての立場の対立もあったが、それ以上に個人的な対立、そしてマミヤを巡る対立があった。

修行時代より、ユダは美しさへの執着が極めて強く、そのために麗な技を持つレイに対する嫉妬と逆恨みがしかったが、ユダ自身はレイ美しい男である事を認めようとせず、部下には自身が最も美しい男であると言う事を強制し、レイは「義ピエロ」などと見下す言動を繰り返していた。

これだけだったらユダ一方的な確執であったが、レイ愛した女・マミヤがかつてスタンプ・ザ・UDを受けた女であった事が判明。「この刻印のせいで私は女を捨てて戦うを選んだ」とマミヤを受けて、レイマミヤ過去を断ち切るためにユダを倒す事を決意したのであった。

一方ユダは、レイがかつて自らの元を逃げ出したマミヤ愛していると知り、自分が最も美しい男であるのに邪魔な存在・レイを最大の屈辱を与えた上で葬ろうと画策。レイラオウによって秘孔・新血愁を突かれ余命がいくばくもい事を利用し、策略によってレイとの対決を回避、失意のうちに新血愁の効果によって砕けて死んで行くように仕向けた。

何とか手立てを探そうとするレイケンシロウであったが、ラオウに突かれた秘孔新血愁は解除する手立てのい強な秘孔だった。トキによれば一対応している秘孔・心霊台もたった1日程度の延命にしかならない上に、新血愁かに上回る痛に耐え抜かなければならないとの事であった。
しかしレイは迷わず心霊台を突いてもらう事を選ぶ。レイ部屋の外までき渡る絶叫を上げながら、が全て真っ白に変わるほどの痛にのた打ち回るが、「苦痛に耐えられなかったら」とトキから前もって渡されていた自害用の劇薬を使う事もく、痛を耐え抜いて1日の生を得る事に成功した。

ユダレイ体が砕け散っている頃を見計らってマミヤの村に攻め入るが、その前にレイが立ちはだかる。


ゲームでのレイ


格闘ゲーム版にもレイは登場している。

キャラ中で一3段ジャンプが可な上、南斗狂舞(バリア)や飛燕流舞(飛び道具)を使う事で擬似的にもう1段ジャンプ(滞)も可ドラゴンボール状態になるトキに次ぐほどの機動を持つ。
加えてどの地上技をジャンプキャンセル出来るため、地上技→低ダッシュ攻撃→地上技の連携が非常に強。固め性もさることながら、投げを含めた何かの技が刺さればそこから延々とコンボを繋ぎ、バニシング>ブーンループでもでもドリブルでも、少量のゲージで相手の体を8~10割削りきるコンボが入る。
バスケやバニコンによる火力が高すぎて取りから一撃必殺技と言う流れが少ないが、取り性や一撃必殺技の性も別に悪い訳ではない。研究が進んだ今ならば通常のコンボ取りをきっちり組み込む事も出来るルート確立されている。

防御面でも無敵時間を持つ昇(南斗撃嚇舞)、スーパーアーマー付きで相手の暴れやガーキャンを狩りながら攻撃出来る南斗虎破等痒いところに手が届く技が全てっている。
その性バランスでも器用貧乏でもなく、器用万。さらに、性に加えて割とお手軽でありながら即死に加えて筐体フリーズ(厳密にはコンボが終わらなくなってリセットするしかなくなるだけであるが)すら引き起こす可性のあるバグ技バグ昇竜の存在も判明し、存在自体がバグとまで言われたトキに次ぐ、人によってはトキと同等・トキを抜いてレイ最強キャラだとする人も居るほど。実際、二度闘劇決勝戦で初代覇者紅の豚が操るトキを破り、見事優勝したのはK.I操るレイである。


次へ»
最終更新日: 20/11/21 11:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ