ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


レイ・ザ・バレル


ヨミ: レイザバレル
掲示板をミル!
272カキコ!

レイ・ザ・バレルとは、アニメ機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の登場人物である。関俊彦


概要


本作より登場した新キャラで、主人公シン・アスカと共に戦うMSパイロット。初期の搭乗機体は「ブレイズザクファントム」、後に「レジェンドガンダム」。

口数が少なく想で、他人を近づけさせないような雰囲気を持っている。ギルバート・デュランダル議長に心酔し、議長の計画に従って行動している。規を重んじ、厳格な態度と冷静な判断で味方をサポートするが、議長に敵対する者などに対してはしい感情を露わにする場面もある。

放映前および直後から、名前の字面・髪の色CV関俊彦などといった共通点からどうみてもラウ・ル・クルーゼの関係者です本当に(ry状態であった。その実態はラウのクローンの一人であり、自身をラウと重ねあわせて『成功作』であるキラ・ヤマトに敵対心を抱いている。
レイがラウのクローンであるか、またはラウのクローン元であるアル・ダ・フラガのクローンであるかについてはソースが複数あり不明。ナチュラルか否かについても不定。

ラウが己の運命を呪い、世界を破滅させようとしたのに対し、レイ世界未来のために行動している。寿命の短い欠陥品である自分や、戦争のためだけに生かされているステラのような不幸な存在をくすために、議長の計画実現をしている。
その計画のキーパーソンであるシンに対し、オーブ戦争自体への復讐心を煽り友情を装って心につけ込み、議長の進むこそが絶対に正しいと思わせるよう誘導した。


劇中での活躍


序盤ではネオ・ロアノークことムウ・ラ・フラガと互に渡り合ったり、機体の性を活かした遠距離狙撃を決めるなど、どこぞの射撃が苦手なガンナーとは違って活躍する描写が多かったが、徐々に覚醒したシン主人公補正煽りを受けて地味になっていく。
大気圏内に入り洋上の戦闘が多くなると、飛行に秀でたインパルスおよびセイバーに多くのコマが当てられるようになり、艦上でミサイルビームをばらまくだけの固定砲台となってしまう。挙句の果てに母艦と共に集中火を受けて機体を中破される。

後半では本来アスラン・ザラが受領するはずだった最新鋭機・レジェンドガンダムを成り行きで奪い、以降最終戦まで機として搭乗した。これはラウの搭乗機・プロヴィデンスガンダムの後継機に当たり、シルエットも非常に似通っている。プロヴィデンス同様にドラグーンシステムを駆使した包囲攻撃が可で、重力下では射出こそできないものの6門の可動台として火力の底上げを成している。また重量下での飛行も可である。
シンと共に特務隊FAITHに任命され、さすがに主役機(笑)には劣るものの、単機によるデストロイの破壊、敵大将の討ち取りなど数々の戦場で相応の活躍を果たした。

シンと同様に、キラアスランそれぞれに対して因縁を持って最終決戦に挑んだが、キラとの一騎打ちの中で心の隙を突かれ、動揺する内に一斉射撃を受けて戦闘不能に陥った。その後心の揺らぎを抱えたままキラを追う形で要塞メサイアに向かい、自らの心の支えとしていた議長に対して引き金を引く。最後にクローンとしてではなく、人間として明日を願うという生の感情に芽生えたが、そのままメサイアの陥落と運命を共にした。

終盤の評価としては、前作のラスボスであるラウにべてオーラが乏しく、キラに言いくるめられた上に一撃も与えられぬまま敗北してしまったために劣化クローン扱いされがち。
またもう一人の宿敵であるムウとほとんども言葉も交わさなかった点ももったいないところである。


アニメ以外のメディアにおける描写


本編であるアニメではレイの感情が描写されるシーンはほぼなく、非常に感情や行動原理が読めない人物として見られている。

視点が頻繁に変わる小説においては、デスティニープラン発表以降からレイ視点の描写が加わり、その独からレイの内心の変化を詳しく理解することができる。またメサイア陥落直前にシンと通信を交わすシーンが追加されている。
余談ではあるが、キラに諭された後、撃墜されるシーンの描写は4行である。

角川エースコミカライズアスラン視点で描かれた「THE EDGE」のオムニバス形式外伝「THE EDGE Desire」では、レイ視点の話と士官学校時代の話が描かれている。シン友情を築く過程は優等生不良が殴り合いの喧をして互いを認め、さらに競い合って…というさながら学園モノな展開となっている。
また最終決戦への出撃前、シンレイの運命を案じるシーンが追加されている。レイの表情の変化が見所。

ボンボンコミカライズにおいてはキラと議長が対峙する場面がないため、レジェンドを撃墜された後に議長の元へ戻り、議長に労いの言葉を受けながら崩壊するメサイアで運命を共にする、というに変更されている。


ゲーム作品での活躍


機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vs.Z.A.F.T. II

レジェンドガンダム」および「ブレイズザクファントム」のデフォルトパイロットとして登場。

レジェンドは最高コスト4機の一を担うオールレンジ攻撃機一発の威が大きく段数の少ない格闘と豊富なドラグーンで堅実に戦う機体。最高コストだけあって僚機との連携が肝要であり、やや玄人向け。スピード覚醒中に使える高起動変態移動法さいたまっはを最も有用に活かせる機体の一つ。

ブレイズザクファントムザク)は中コストの高機動射撃機。強ミサイル射撃などを持つが耐久コスト最低紙装甲。乱戦は苦手なので中遠距離からの援護などがな役回りとなる。

ガンダムVS.ガンダムNEXT

シンデスティニーアシスト機として「レジェンドガンダム」が登場。ドラグーンを2機射出し、スパイク突撃によるスタン攻撃あるいはビーム射撃を行う。微妙に避けにくかったり本体が消えても動いていたりと、全機体の中でも屈の優秀なアシストとしてシンを援護する。セリフグラフィックなどはない。

ガンダムVS.ガンダム EXTREME VS.

デスティニーアシスト役はリストラとなったが、代わりにルナマリアのガナーザクウォーリアアシスト機として「ブレイズザクファントム」が登場。誘導と口補正に優れたミサイルを一斉発射する。格闘カットなどに役立つ便利な性となっている。
また庭版のトライアルミッションではCPU専用機のレジェンドガンダムに乗って登場する。

スーパーロボット大戦シリーズ

『Z』や『K』、『L』などに登場し、条件を満たすと仲間になる。『Z』ではかなり条件が厳しい。
また『Z』ではバグ被害を受け、ラウのような低音ボイスで再生されてしまうという不具合が起きている。

一方『L』では議長が自軍組織の支援者の立場になるため、レイも終始味方である。デスティニープラン発表の時だけ離脱して敵に回るが、味方に引き戻すのは容易であり、レイを最も長く定して自軍として使うことができる。
値や技は『K』の時よりも若干押さえ気味であるが、機のレジェンドの使い勝手が格段に良いため、某冥王ロボに例えられるほどの活躍が可


ネットや二次創作などでの扱い


議長(男)に心酔しておりらめる描写まである(DVD版では流石に修正された)、シン(男)を何かとそそのかす(しかも同じ部屋)、あの変態仮面ことラウの関係者。レイホモという扱いをされるようになるまではさほど時間はかからなかった。
挙句ついたあだ名が「ゲイ・ガ・バレル」。

SEED作品は二次創作が非常に活発で、特にやおい方面においてシンたちとのホモホモしい絡みがよく見られていた。男性向けであってもなおシンをつけ回すキャラ付けがなされていることがしばしば。

ギャグ系ではシンルナというWボケを抱えるミネルバクルーの中で冷静な突っ込み役となったり、逆にアスランに突っ込まれるような天然ボケをかましたりする。

出生や性格など、非常にシリアスキャラであるが、ラウ同様にギャップが酷いキャラブレイクをされていることが多い。その前に放送時点でシリアスキャラブレイクしてただろという突っ込みは受け入れる。


本編での印象的なセリフ


・「ミネルバには、ギルが乗っているんだ!絶対にやらせるものか!」(4話)
・「生きているということは、それだけで価値がある。明日があるということだからな。」(13話)
・「どんな命でも、生きられるのなら、生きたいだろう。」(30話)
・「あなたの言っていることは、個人的な感傷だ。正直困ります」(35話)
・「は許しませんよ!ギルを裏切るなんてこと!」(36話)
・「アスランは既に少し錯乱している!」(37話)
・「死に損ないの裏切り者が、何をのこのこと!惑わされるな、シン!」(43話)
・「だが何故かな。何故人はそれを気にする。本物なら全て正しくて、偽物は悪だと思うからか」(44話)
・「俺達もが皆、この世界の結果の子だ」(49話)
・「分かるだろう、お前には……は、ラウ・ル・クルーゼだ!」(50話)
・「ギル……ごめんなさい でも、彼の、明日は……」(50話)
・「おかあ……さん……」(50話)


関連動画


 
■sm2096157[ニコ動]

 ■sm2870638[ニコ動]


関連商品


 ■azB002WA0RNG
■azB0009WFT0A
■azB000B9O7E0


関連項目



最終更新日: 14/03/06 17:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ