ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


レオナルド・ビスタリオ・ハーウェイ


ヨミ: レオナルドビスタリオハーウェイ
掲示板をミル!
1カキコ!

レオナルド・ビスタリオ・ハーウェイとは、PSPソフトFate/EXTRA」及びその関連作品に登場するキャラクターである。

称はレオ。時として、レオ・B・ハーウェイと表記されることも。

CV朴璐美


概要


制服を引く、金髪碧眼少年
非常に礼儀正しい性格をしており、に対しても丁寧に接する、まさしく品行方正を地で行く太陽のような人物。

その素性は、世界覇者たる西欧財閥の盟ハーウェイの次期当であり、自他共に認める“世界の王”にして“理想の王”。
に眠る聖杯を、人類の手に余る危険な代物と見なして、これをハーウェイの管理下に置くべく聖杯戦争に身を投じる。また、同じく聖杯戦争に参戦しているユリウス・ベルキスク・ハーウェイは彼の違いの
セイバーサーヴァントとして召喚に応じている円卓の騎士ウェイン共々、聖杯戦争優勝の最有補と見なされ、名実ともに“最強従”という下評をほしいままにしている。

その出自から、世界を“安定”という名の管理による“停滞”を招いた元として、敵対組織であるレジスタンスに所属する遠坂凛からは蝎の如く忌み嫌われている。

なお、その人柄と彼の抱く王道は創造たる菌糸類によれば・・・・

・・・・とのこと。

実際、その優等生然とした性格から彼を嫌う人物はいないわけではない。にもかかわらず、に対しても分け隔てなく礼儀正しく接しており、主人公に対しても友好的な態度を貫いている。
しかし、それは裏を返すならば、に対しても特別な関心を持つことはないということの裏返しでもある。それは血を分けたであるユリウスに対しても例外ではなく、その態度はどこか冷たい(ただし、漫画版ではこの辺の描写は幾分か和らいだものとなっている)。
論、主人公も状況に流されるだけの凡人という認識でしかなかったが、そんな主人公ユリウスを破ったことでそうした認識も一変。いわゆるワンオブゼムでしかなかった主人公を好敵手と見なすようになったことで、強い関心を抱くようになる。
そんなレオの灼熱の太陽を思わせる威の当たりにした主人公は、決勝戦にて彼の理想の王道とそれに付き従う最強騎士伝説に挑むこととなる。

なお、西欧財閥による支配は底した管理社会でありながらも、かつ正な安定した社会レオ自身もそんな西欧財閥の方針を是としている。
だが、一方では進歩や発展がないため、からは作中でなんども“停滞”と断じられ、主人公も最終的にはその理想を“固定”だと見なした。
ただし、レオによれば、停滞自体は西欧財閥の支配が始まる前から生じていているらしい。また、宇宙開発をも禁じるほどの過剰な技術開発への抑圧も急な変化による人類存亡の危機を防ぐためのものであり、西欧財閥による支配も、この停滞から抜け出すための打開策を見出すための方策でもある。
つまり、レオに望んでいるのは西欧財閥による世界支配などではなく、あくまでも人類の未来である。

そして、ガウェインを無敵たらしめていた者の数字も破られ、決勝へ。
レオ自身、ガウェインの強さに胡座をかいているわけではなく、幼い頃から過酷な施術を受けていただけあって、魔術師としての量は最高レベルそのもの。その実は、やラニの二人がかりでも勝ちがないほどとも。
レオが用いるコードキャストは、スタン効果を伴った爆炎による攻撃魔術bomb_/とステータス上昇などの有利な特殊効果を打ち消すvanish_add(a)_/の二つ。これにより、ガウェインへのサポートは万全のものとなっている。そして、発動時のポージングが妙にスタイリッシュ
余談だが、続編にてとある借取り(別名:ガウェイン)と互の戦いを演じることができたのならば、彼の援護が如何に大きいものだったか実感することになるのかもしれない。
また、これらとは別に、一族秘伝ともいえる決戦術式“聖剣集う爛の(ソード・オブキャメロット)”という切り札をも隠し持っている。これは、間転移すら封じる効を持った炎のが展開される結界であり、この破壊は聖剣でなければ不可能だという。このように、威は申し分がないが、レオですらその維持には三分が限界だという。
その闘の果てに、レオとガウェインは敗れ去ってしまう。しかし、今まで璧かつ勝利のみをめられ続けてきたため、これまでに味わうことのなかった“敗北”により、人間として当たり前の“負けたくない”という感情を学ぶことができた。
この成長の喜びを噛み締めつつ、全てを理解した上でとしてしてくれていたガウェインに感謝の言葉を述べると同時に、この成長を活かせないことを悲しみながら、理想の王は消滅してしまった・・・・

なお、初期案においては、レオルートというものも考案されていたらしい。
これは、三回戦後とラニの救出に令呪を用いなかった場合、その令呪を使ってレオを救い出す、という流れになる予定だったという。
もっとも、今となっては聖杯でも叶わぬ望みなのだろうが・・・・


「CCC」におけるレオ


冒頭にて、主人公どころか、あのワカメと談笑する、という非常に重なが見られる。
それから、舞台の裏側へ移ると、旧校舎にてガウェインやユリウスを伴っている形で主人公と合流。装も制服から制服へと変わっている。このの裏側から脱出を図るべく、自身を生徒会長とする月海生徒会を発足。BBの支配するサクラ迷宮へと主人公らと共に挑むことになる・・・・

というのが、本作でのな流れ。
そんな中で、プレイヤーたちは衝撃を受けることとなる。
というのも、再会を果たした矢先に、唐突におはようございまーーーす」バカ丸出しな挨拶で出迎える。しかも、それをガウェインやユリウスにも強要する底ぶり。
前回の彼を知る多くのザビたちはポカンとなったことだろうが、これは状況が状況だけに“ハーウェイの時期当”という役割から解放されたことによって、歳相応の邪気さを発揮している、とのことらしい。
結果、彼は劇中にて暴虐の限り(?)を尽くすことに。
以下は、彼の行なった蛮行(笑)の数々。

・・・・とこのように、主人公にいらん茶々を入れるわ、ここぞとばかりにをいじり倒すわ、その余波でユリウスの心労が重なるわ、とやりたい放題。このため、主人公からは“BBが用意した偽物”と思われる羽に。
このように、フリーダムな言動ばかりが立つが、基本的には「いつもの冷静なレオ(本人談)」であることに間違いない。自己申告なのはどうかと思うが。
実際、生徒会長として、的確な采配や冷静な状況判断によって、八面六臂の後方支援を担っている。また、主人公に対して気遣いを示したりもする。「自分でもどうかと思うくらい、野さんに関心があるのも事実ですし」
ともあれ、越者然としていた前作とは違い、良くも悪くも人間臭い彼に親近感を覚えることだろう。そして、その姿は彼がしていた理想の王とはまた違った形の王の姿なのかもしれない。

そもそも、彼が後方支援という裏方にしているのは、旧校舎の防衛に加え、切り札的立ち位置である自分とガウェインという存在を温存しておく、という意図があるため。
結果、BBを追い詰めるべく、自身とガウェインが彼女を相手取ることに。しかし、パッションリップとの戦いによってBBに自衛機が備わってしまったことで、彼女の持つ“十の王冠(ドロムコロナ)”を前に大敗を喫してしまう。
令呪を用いてガウェインを逃すも、自身はBBによって虚数へと沈められてしまった。
だが、その直前にてレオ主人公生徒会長の後任として名。束の間の青春を送れたことに感謝しながら、後のことを託して・・・・


関連動画



■sm12290654[ニコ動]

■sm13495803[ニコ動]

■sm13487919[ニコ動]
■sm20592793[ニコ動]

■sm20919574[ニコ動]
■sm21565744[ニコ動]


関連商品


■azB005EYJ4PO
■azB00BMIXNSK

■azB00R5KZUUI
■az4883864332


関連項目



最終更新日: 16/12/17 23:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ