ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


レムリア大陸


ヨミ: レムリアタイリク
掲示板をミル!
6カキコ!

レムリア大陸とは、インド洋上または太平洋上にあったとされる「失われた古代大陸」の一つである。


概要


生物地理学上の不連続性を説明付けるために動物学者フィリップラトリー・スクレーターによって提唱されたのが起で、彼は1864年に書いた論文「マダガスカル哺乳類」(The Mammals of Madagascar)でレムールス(Lemurs; キツネザル)という分類を参照しており、共通する化石などからインドマスカリンマダガスカルが共にかつて存在していた大陸の一部であるという仮説を提唱。先述のレムールスに因んで"レムリア"と名付けた。
インド洋を中心にインド南端部、マダガスカルオーストラリア西部を三に結ぶ広大面積で形成されていたと予想されており、またその形状が生物地理学的には陸(land bridge: を隔てた地域の間をつなぐ陸地)の役を果たしていたという考えであった。

一方この大陸説は動物学者達の間からその他の分野にも波及し、1888年に刊行された智学系の著作『シークレット・ドクトリン』においてレムリアはインド洋ではなく太平洋上にあるとの説が発表されたため、同じく太平洋上にあるとされたムー大陸とレムリア大陸を同一視する考えも現れ始めた。

しかし、現代においては違う大陸で似た動植物が見られるのは大陸大陸の間に別の大陸があって陸の役を果たしていたからではなく、かつては一つだった大陸が二つに分かれる大陸移動説などのプレートテクトニクスによって説明がされるようになった。それに伴い、科学に基づいたレムリア大陸の存在は否定され、その名前オカルトフィクションの中に見られるのみになった。


他の「失われた古代大陸」との比較


「失われた古代大陸」としてられる大陸は他にもムー大陸アトランティス大陸が有名である。三大陸はいずれも19世紀後半から脚を浴びたという点で共通しているが、その起ムー大陸が16世紀、アトランティス大陸が紀元前にるものであり、レムリアは最もその起が新しい。また生物学・化石学上の要請から生じた大陸仮説であるという点で、古文献にその名が刻まれる他の二大陸とは一線を画している。

※ただしムー大陸の名が記されていたとされるトロアノ絵文書についてはその解読方法が誤りであった事が近年摘されている事から、ムー大陸についてはその解読者であるフランス職者シャルル=エティンヌブラスール・ド・ブルブールの創案という可性もある。

大陸地上に存在していた時期についてはレムリアが約2億-5千万年前と地質学的背景を元にした年代なのに対し、ムー大陸アトランティス大陸は約1万2000年前に没したという伝承になっており、数字上では明らかな差がある。

ムーの紋章は八芒とその中心に描かれた丸十字で表されている。またアトランティスの紋章は多重同心円とその中心から伸びる十字(アトランティス十字)で描かれるが、レムリアの紋章はムーのそれを流用したものかそれに近いマークで表されることが多い。

プラトンの記述を元にしている。またアンクの下端が二又に分かれているものをアトランティス十字と呼ぶ事もある。

[画像を見る][画像を見る]


レムリア大陸が登場する作品



その他


クリスタルの一種にシンギンクリスタル(singing crystal)と呼ばれるものがあり、それらはレムリアンシード(Lemurian seed)という別名を持つ。シンギンクリスタルはかつてロシアブラジルで産出されていたが現在は希少化が著しいとされる。


関連動画



■sm4286619[ニコ動]


関連商品


■az4061455621


関連項目



最終更新日: 17/05/13 13:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ