ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


レ・ミゼラブル


ヨミ: レミゼラブル
掲示板をミル!
22カキコ!

レ・ミゼラブルLes Miserables)とは、フランス作家ヴィクトル・ユーゴーによる長編大河小説である。

これを原作としたミュージカル作品は、『オペラ座の怪人』などに並ぶミュージカル史上最大の名作として知られる。
また、小説原作とした映画ミュージカル版を原作とした映画がそれぞれ製作されている。 


概要


1862年に執筆された。日本では、1902年に、黒岩涙香によって「ああ情」の邦題で翻訳され出版された。
原題は、「哀れな人々」の意。 

1本のパンを盗んだ罪で19年間投されていた男、ジャン・ヴァルジャンが、釈放後心して善人として生きることをし、やがてその生涯を終えるまでの波乱に満ちた姿を、彼を取り巻くさまざまな人々の生き様を交えつつ描く。

フランス古王政時代(第2復古王政、七月王政)が舞台となっており、不安定な社会情勢の下、貧しい暮らしを強いられる婦や、革命し挫折する若者達など、原題の通り、悲惨な運命を辿る人の姿が多く描かれる。

当時の社会情勢や、人々の暮らしぶりを細かく書き込んでいるため、その内容は長大。

冒頭、ヴァルジャン心する際のいわゆる「台」のエピソードは、この部分だけ抜き出して小学生向けの教科書に載ったり、児童向け絵本になったりしている。
また、コゼットを中心人物として描写を絞り込み、一人の少女が汚い宿の小間使いから幸せを掴むまでを描いた『レ・ミゼラブル 少女コゼット』が、世界名作劇場シリーズとして製作された。 


ミュージカル


1980年フランスパリミュージカル化されると、これ訂を加えて現在よく知られる内容になったものが、1985年ロンドンウェストエンドで初演された。

このミュージカル版は、く間に大人気を集め、海外に輸出された。

1987年には、ブロードウェイで上演され非常に高い評価を得た。その年のトニー章で8部門を独占した。
上演は2003年まで続けられ、実に6680回に及ぶ、歴代4位のロングラン演となった(上位は『オペラ座の怪人』、『キャッツ』、『シカゴ』再演版)。
2006年から2008年にかけて再演されており、演数は合計で7000回をえている。 

日本では、東宝によって帝国劇場にて1987年に初演され、以後現在に至るまで実に2000回以上に渡って、全で上演されている。非英語圏では初の演であった。


映画


1925年にフランスで、1935年にアメリカで、1957年フランスイタリア合作で、1995年フランスで、1998年アメリカ映画化されている。

日本では、登場人物を日本人に置き換えて、無声映画の時代から何度も映画化されている。
確認できる限り一番古いのは1910年の作品で、以後、1925年、1929年、1931年、1938年にそれぞれ製作されている。戦前だけでも5度、7作品に渡って映画化されているのである。
1950年には、早川演で、前後2篇の構成で映画化されている。戦後はこれが一の映画化作品である。 

2012年には、ミュージカル版を原作としたミュージカル映画製作された。


あらすじ


姪のために1本のパンを盗んだ罪で、実に19年の間投されていた男、ジャン・ヴァルジャンは、ようやく釈放された。
しかし、外に出てからも、彼には罪人の汚名が付きまとい、決して自由には生きられなかった。
極度の人間不信に陥っていたヴァルジャンは、思い余って、ある日、自分を助けてくれた神父の下からの食器を盗む。だが神父は、彼の過ちを許した。ヴァルジャンは彼に諭され心すると、善人として生きることを決意する。 

数年後、仮釈放の身のまま逃亡した彼は、身分を偽って出世を果たし、工場経営者と市長の職についていた。そこで彼は、婦として苦しい生活を送る女性ファンティーヌと出会う。念のうちに衰弱し亡くなった彼女の頼みを受け、ヴァルジャン彼女の一人ゼットを引き取る。深い執念でもって彼を付けねらう警部・ジャヴェールの追跡を逃れ、ヴァルジャンとコゼットは再び逃亡する。

そして1833年、ヴァルジャンは、美しく成長したコゼットと共にパリで暮らしていた。
ブルジョワ偏重の七月王政の下、庶民層の暮らしは厳しくなる一方で、パリでは、学生達を中心に再び革命への動きが起こっていた。そんな中でコゼットは、秘密結社「ABC」の一員として活動する青年マリウスとに落ちるが、とうとう学生達の起が迫る。
同然にするコゼットの身を案じるヴァルジャン、彼を捕まえ革命を打倒することに執念を燃やすジャヴェール、謀な革命へと挑むマリウスとその仲間達、危険だと知っていて彼に惹かれるコゼット、さまざまな思惑が交差する中で、彼らは「六月暴動」の日を迎える。 


関連動画


ミュージカル版とその楽曲についての動画が多い。

民衆の歌(“Do you hear the people sing?”)


■sm15580006[ニコ動]

ミュージカル版には数多くの名曲があるが、その中でもおそらく最も有名な、この作品を代表する曲。
革命へと向かう学生達が、人々の怒りを歌い上げる。
エピローグでも、歌詞を変えて再び歌われる。

■sm6138567[ニコ動]
 

こちらは、上演10周年を記念したコンサートアンコール
世界17からジャン・ヴァルジャン俳優が集まり、それぞれの言葉で「民衆の歌」を披露する。
日本からは、鹿賀丈史が参加している。 

夢やぶれて(“I dreamed a dream”)

■sm6774173[ニコ動]

中盤、ファンティーヌが自らの過去遇を嘆く歌。
『Britain's Got Talent』にて、冴えない48歳の女性スーザン・ボイルがこれを披露し、審員と観客の度肝を抜いた。 

ミュージカル映画

■sm19352296[ニコ動]

2012年ミュージカル映画の予告。「夢やぶれて(I dreamed a dream)」や「民衆の歌(Do you hear the people sing?)」などがBGMになっている。


関連商品


小説

■az4002010163

何人もの翻訳者によって訳されており、それぞれ、内容はかなり毛色が違う。
これは豊島与志雄によるもので、1987年に出版されて以来、何度も訳が行われている。
他には、佐藤朔などによるものが有名で、2012年映画開に当たっては石川湧による日本語版が新たに発売された。
 

■az4001145367
■az4001145375

これらのように、若年層向けに訳されたものもある。

映画

■azB00C9Z42WQ

2012年ミュージカル映画

ドラマCD

■azB007XUZB86


関連項目



最終更新日: 18/10/07 22:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社