ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


レ・ミゼラブル 少女コゼット


ヨミ: レミゼラブルショウジョコゼット
掲示板をミル!
19カキコ!

レ・ミゼラブル 少女コゼットとは、2007年に放映されたアニメである。世界名作劇場シリーズ


概要


人は変わることができる。人類も同じだ。

                                                                                    ジャン・ヴァルジャン最終話台詞)より

原作フランス作家ヴィクトル・ユーゴーによる「レ・ミゼラブル日本名:ああ情)」。
世界名作劇場シリーズとしては、1997年の「家なき子レミ」以来、10年ぶりの新作である。

原作主人公ジャン・ヴァルジャンだが、当作品の主人公はあくまでもコゼットである。これは、「少年少女主人公」という世界名作劇場シリーズの作に則った変であるといえる。
ヴァルジャンは、当作品では副主人公的なポジションにあたり、彼の死とその数年後のコゼットマリウスの家族の様子を持ってこの話は終わる。

演出の特徴としては、大人向けの原作とは違い、あくまで子供向けアニメであるため、無常現実だけを描くのではなく、「どんな絶望の中にあろうとも、未来に向かって生きること」という題を強く伝える物語となっている。
また原作の残酷すぎる描写(例、ファンティーヌがワーテルロー亭にいるコゼットに送するため、抜してを売る…など)などが極排除されており、人が死ぬ描写も極めて少ない。

の特徴的として、それまでの世界名作劇場とは大きく違う、いわゆる「萌え絵」のキャラデザを採用。キャラクターデザイン担当は、吉松隆博と渡辺はじめ。しかしこキャラデザも情緒溢れる19世紀初頭のフランス風景マッチしており、違和感なく見られる。


あらすじ


はじまりは、1819年のフランス。3歳の少女コゼットを連れ、ファンティーヌは仕事を探すためにパリからモンフェルメイユ村までやってきた。しかし、そこで宿屋・ワーテルロー亭を営むテナルディエ夫妻に騙され、コゼットを預けてしまう。ファンティーヌが去った後、当てだったテナルディエ夫妻はコゼットを雑用として、関係なくこき使い、虐待する。

それから4年の日を経た1823年12月25日ワーテルロー亭に、ファンティーヌの委任状を持った一人の男が現れる。そしてコゼットを引き取り、コゼットワーテルロー亭の辛い日々から解放される。

────────しかし、自分のことを「」と呼ばせるこの男にはある事情があった。

そして運命は青年マリウスとコゼットを引き合わせ、1832年6月パリ革命へと物語を導く。


キャスト


基本的に声優業を中心に活動しているキャストが多いが、アンジルラス役の岸祐二は、実際にミュージカルで同役を演じている。


関連動画



■sm2948364[ニコ動]

■sm6822137[ニコ動]
■sm5432740[ニコ動]
■sm15665543[ニコ動]


関連商品


■azB000N3TZM8
■azB000PMGU6Q
■azB004UOHEXS
■azB000OYCN5M


関連コミュニティ


■co1147693


関連項目



最終更新日: 13/07/22 11:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ