ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


レーヴァテイン


ヨミ: レーヴァテイン
掲示板をミル!
58カキコ!

原典


Lævateinn。破滅の枝。エッダ「フィヨルスヴィズの歌」に登場する。巨人族スルトの妻・シンモラが9つの鍵を掛けたの中に持っており、ロキがニブルヘイムの門で作り上げた。世界樹ユグドラシルの辺に止まる・ヴィゾフニルを一撃ち落すことが出来る。その形状は枝、、そしてと解釈は様々である。日本国内ではイメージが強い。

その意味を直訳すれば「災いの枝」となる。「Læva-」は「破滅、災厄」を意味し、「-teinn」は「枝、」を意味する。そしてこのケニング(単の組み合わせによる暗喩)はを表していると考えられている。内出版物での訳は以下の通り。

北欧神話世界』(アクセル・オルリック、尾崎訳)ではヴィゾフニルを撃ち落す用途から投であると解釈している。

レーヴァテインを取り上げている日本語の書籍では、それぞれレーヴァテインは、スルトの剣、またはフレイ同一視されることがある。

前者は、ラグナロクでスルトは太陽のようにを手にしており、妻のシンモラがレーヴァテインを保管していることからレーヴァテインがそのではないかとする説。

後者は、フレイの妻である巨人族のゲルズが実はスルトのであり、そしてフレイ幼なじみスキールニルがフィヨルスヴィズの主人公スヴィプダーグと同一 人物であるという説から来る。スキールニルはフレイに代わってゲルズに婚した際にフレイから褒美としてひとりでに戦うを授かっている。(このためにフレイラグナロクにおいて鹿でスルトと戦うこととなり、敗北する。)これがスルトに渡ったのではないかとする説。

どちらの説も、それを明確に裏付ける資料は見つかっていない。


日本での扱い


特に日本ではレーヴァテインをラグナロクでスルトが使う同一視する傾向が強い。また、スルトがラグナロクで放った火は世界中を焼き払うことから、レーヴァテインが絶大な威を誇るとして扱われる作品もある。

多くの作品にレーヴァテインを由来とする武器が登場している。


東方紅魔郷でのレーヴァテイン


フランドール・スカーレットスペルカード。禁忌「レーヴァテイン」。巨大な炎を放つ枝状のとして描写されている。初見殺しとして有名だが一度わかってしまえば消化スペルと化す。一周終わる前に獲得できる。むしろその前の通常弾幕のほうが危ない。


フルメタル・パニック!でのレーヴァテイン


ARX-8 レーバテイン作者自身が考えてしまった「ぼくのかんがえたさいきょうのあーむ・すれいぶ」。まさに厨スペックである。

・・・と、いうのはあくまであとがきで作者ネタで言ったモノであり、作中のレーバテインは「エネルギー消費がしく、連続稼働時間が30時間程度(アーバレスト100時間以上)」「ECSが使用できない」「電子兵装は脆弱」などという弱点も持ち、圧倒的な戦を持ちながらもアンバランスな機体性となっている。


参考動画



■sm2049559[ニコ動]

 


関連項目



最終更新日: 18/06/21 01:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ