ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ロシア


ヨミ: ロシア
掲示板をミル!
1913カキコ!

基本データ
正式名称 ロシア連邦
Российская Федерация
国旗 ロシア国旗
国歌 ロシア連邦国歌[動] (祖国は我らのために)
公用語 ロシア語
首都 モスクワМосква́
面積 17,075,200k世界1位
人口 約1億4,326万人(世界第9位)
通貨 ロシア・ルーブル(RUB, A$)

ロシアはユーラシア大陸の北部一帯を領有する巨大国家。元ソビエト連邦の一番大きかった州でもあった。

概要

日本での正式名称はロシア。英語ではRussian Federationとなるためロシア連邦でも間違いではない。日本義務教育においては帝政ロシアとの区別を付けるために連邦を用いることが多い。公用語ロシア語首都モスクワ漢字では露西亜と表記する。

面積日本の約46倍で世界1位。人口は日本の約1.1倍。近年では急な人口減少・高い自殺率・出生率の低下・人材の外流出によりの低下が懸念されている。

ロシア語での名の読みは「ロッシースカヤ・フェデラーツィヤ」(発音記号:[rɐˈsːʲijskəjə fe̞dɨˈrat͡sɨ̟jə])。

経済

エネルギーの輸出やインフラの整備による経済成長は爆発的なものではないが、10年間確実に成長を続けている。ソ連崩壊の影で退した工業の再建は着々と進みつつあり、機械や繊維など軽工業の要製品に注するなどノウハウの収集に余念がない。

また民営化や営化した旧企業の接収統合、再営化も行われていて、多数の民がこれを歓迎している。エネルギー企業ガスプロムなど巨大コングロマリットでは武装法によって企業軍隊の保有も許されることになり、市場での競争はより一層しくなると予想されている。

ただしロシア政府市場介入には懸念もあり、2008年7月にはウラジーミル・プーチン前ロシア大統領が汚職の多い企業に対し「医者を送る(旧KGBで処分することを表す隠語)」と発言しただけでニューヨーク市場が荒れるなどし、国家の行使による不安定感が投機にブレーキをかけている。

とは言え、政治的にはG8中の一であり、経済的にもBRICsの一員として全体的にはその潜在を開させつつあるとされる。穀物や資などの給出地として、企業の展開先としても日本経済との係わり合いは深く、その意味ではロシア経済の安定化は、日本にとっても関係があると言える。

ちなみに、現在ロシアではシベリア周りの北極航路の開発が模索されている。これが運用され始めると、日本欧州との航路距離現在の約7割にまで短縮される事から、ただちに輸出産品の際競争強化に繋がると、日本の産業界の内部にもその開発の成功を願うが存在する。

文化

ロシアは160える民族が暮らす多民族国家ではあるが、民族ルーシと呼ばれるスラブ系諸民族は8割をも占める。ただし居留地によって習は大きく異なり、同じルーシでも遊牧民族の生活圏や旧イスラム圏ではまったく違う文化が見られる。またこれらの事情から、西欧とは違ってアジア系に対して人種偏見を持つ人が較的少ない事でも知られる。

ソ連時代にその統治のため良くも悪くも大きく文化が変質せざるを得ず、また政治的な筋からの思想の押し付けが頻繁に行われた事から、長い間にわたっての停滞も見られた。しかし建築バレー演劇など、政治の悪影較的少なかった分野についてはそれなりの発展を見せた。

特にクラシック音楽に関しては、ショスタコーヴィチプロコフィエフムラヴィンスキー、オイストラフ、ロストロポーヴィチ、リヒテルなど幾人もの世界天才を擁していた事から、政府からの過大な圧に疲弊しながらも同時代の西欧をしのぐ準を維持し続けた。

文学については、SFや反政府色の濃い作品を中心に旧ロシア帝国時代からの流れを受け継ぐ作品がいくつも生まれ、また映画についても、独特のシリアス世界を持つ秀作が数多く作られた。特に芸術系のアニメについては、現在でもロシアの名が世界ブランドとして通用するほど、他の何物にも変えがたい素晴らしい作品をかなりの数生み出している。

「ロシア」とはなにか

 ロシアはヨーロッパか独自の領域か。今でも問われるテーマだが、思想史として打ち立てたのは、19世紀にピョートル・チャーダーエフという人物が著した『哲学書簡』であった。これは、基本的にキリスト教擁護のための文章だが、その中でヨーロッパに対してロシアを劣った存在とみなして、ロシアがヨーロッパにもアジアにも属さず、人類全体の文化に何一つ貢献することがなかったと断言した。そして、1830年代から40年代にかけてロシア思想界では、「スラブ義」と「西欧義」とで二分され、ロシア文明と西欧文明は同一か、世界史におけるロシアの存在理由とは何か、ロシアの歴史的発展はヨーロッパに遅れているだけか、ロシアもヨーロッパと同じを歩むべきかなどが論争の的になった。
 この中で、スラブ義者は、ロシアにはヨーロッパが受け継いだようなギリシャローマ文化の遺産はなく、ルネサンス宗教改革もない。ロシアはギリシャ正教を継承したが、その核心は「ソボールノスチ」という同胞の自由真理によって結ばれた共同体であり、スラブ民族社会生活の中に常に存在してきた。そこでは全員一致が尊重される。一方、ヨーロッパ社会の基本法であるローマ法は、形式的な法律関係で社会しようというものであり、多数決原理が尊重される。また国家歴史においては、ロシアでは民衆が支配者を招致するのに対し、ヨーロッパは征歴史であった。宗教ではカトリックが統一のために内面的自由を失ったし、プロテスタントは個人の自由を強調するあまり、個人義へと逸脱したと評している。ヨーロッパは、個人義と合理義のためにしているので、スラブ的正教的価値観によって、古い西欧文明が取って代わられるべきとする。
 スラブ義者に対して、西欧義者はこう反論する。スラブ義者がユートピアのように描く、ピョートル大帝以前のロシアは、個人が共同体国家といった集団の中に飲み込まれてしまい、自由な個性の発達が妨げられていた。ロシアが採用した正教は、世俗権から独立を保ったカトリック教とは異なり、国家に奉仕する下に成り下がり、民衆支配の具に過ぎなくなった。モンゴル帝国による支配は、ロシアをヨーロッパから切り離し、その歴史の歩みを止め、ロシア人の精を荒させた。またモンゴル帝国が減退したあとも、ツァーリが専制支配を行い、人々の生活を弾圧した。長く苦しい時代を経たロシアだが、ピョートル大帝が現れ、古いビザンティン的部分を捨て、ヨーロッパ準の革をやってのけた。よって、ピョートル大帝政治・社会革を推進し、ロシアも個人義や自由義を取り入れるべきとする。
 補足すると、スラブ義者も西欧義者も、単に政治義や政治運動ではなくて、ロシア内外の哲学文学歴史の知見を積極的に取り入れた。また双方とも農制や専制政治に対しては批判的であったため、政府から迫を受けた。
 以上の論争により浮かび上がったテーマ、特にロシア建におけるヴァリャーグ招致伝説の解釈、キエフ/ロシアにおけるキリスト教=ギリシャ正教摂取の意味、タタールモンゴル帝国支配のその後の歴史に与えた影、ツァーリズムの成立と専制政治の特質、教会の役割と分離=古儀式教徒の運動、農制の起と特質、ピョートル大帝革の評価などは今もロシアにとって中心的なものである。

国際関係

ソビエト連邦崩壊によって政治的、経済的な強みを減退したものの、未だに社会では強い影を持っている。連合国際連合)の創設メンバーであるソ連の後継者として、正負の遺産を引き継ぐ。
ロシア帝国時代から不凍港をめて南への欲求を見せ、その時代からの名残と、ソ連崩壊の混乱で発生した民族紛争など、複雑な問題を持つ。

また、以下の共同体の盟的存在である。
独立国家共同体(Содружество Независимых Государств)
ユーラシア経済共同体(Еврази́йское экономи́ческое соо́бщество)
ユーラシア経済連合(Евразийский экономический союз)
集団安全保障条約機構(Организация Договора о коллективной безопасности)

欧州との関係

東西冷戦において対立した西側諸は元より、旧ソビエト連邦構成の過半、影を行使した東欧とも政治的に分裂したものの、世界第二位の原油生産量と、世界最大の天然ガスの産出によって、欧州重な資輸出となっている。世界天然ガスの貿易量の6割以上はパイラインを経由しており、欧州と陸続きのロシアにとってはタンカーなどによる高コスト輸出に対する強みを持っている。欧州の大半は日本でいう北海道レベルの緯度に存在し、季の天然ガス不足は死活問題になる。脱原発を掲げる欧州の一部諸にとっても、ロシアの資はなくてはならないものである。
具体的な数字は長くなるので省略するが、もっとも強な資である天然ガスを、ドイツ40%ポーランド60%オーストリア65%ブルガリア85%イタリア25%ハンガリー45%チェコスロヴァキアフィンランド100%をロシアからの輸入に頼っているのが現状である(2014年調べ)。

未だに強大なを持つロシア連邦軍共に欧州への圧を強くしており、NATO軍とのスクランブルも度々発生している。といっても、日本航空自衛隊のそれと同じで、もはや定期訓練のようになっているというのが実情のようで、2014年の初めごろには、ノルウェー軍とのスクランブルでお互いが手を振って挨拶をしている写真開されるなど、ただ単純に関係が悪いというわけでもなかった。

2014年クリミア危機を端に発した欧州との関係悪化は、ロシアがG8から排除されるなど際的な孤立を深める結果となったが、EU融制裁に対してロシアが輸入制裁という相互制裁に結び付き、EU経済を悪化させた。
制裁によってロシアの際的立場は危ぶまれたが、欧州への報復としてロシアの取った制裁によって、農作物の30%以上をロシアに輸出して生計を立てていた欧州農業は、深刻な危機に陥っている。ロシアに大量に輸出していた農作物が欧州のみに出回るようになり、生産過多と価格暴落などが発生、農家、会社が大量に業、倒産して失業者が出ている(たとえば、フランスでロシア向けのリンゴ余り、もともとはロシア向けだったポーランドの安いリンゴ市場に出回って売れなくなり、価格をどんどん下げた結果、利益が出なくなり・・・といった具合)。
EUは助成金として日本円にして170億円を準備することを決めたが、被害総額は7,000億円に達するとの試算がある。7,000億円の被害に対して、170億円の援助がどれほど効果があるかは、推して知るべしであろう。

また、ロシアは自給率も高いと考えられているため(あくまで数値上)、制裁はあまり効果的ではないばかりか、ロシアからの禁輸制裁が欧州を思った以上に圧迫し、当事者ではないアメリカからの圧のままに制裁を化すのは自性を欠くなどとして、欧州内でも対ロシアへの制裁については懐疑的な意見もあり、とくに欧州の製造業界からは手打ちを望む意見も多い(特に農業は数年単位での生産スパンを組むため)。

アメリカ合衆国との関係

仮想敵その1。最近は経済的、政治的にも敵国と化している。

ソ連時代から緊緩和と再緊を繰り返しており、西の大と東の大で対立している。
ソ連崩壊によって際的影を小さくし、経済面でも軍事面でもロシアはアメリカに劣るものの、欧州への影では負けじと劣らぬを発揮しており、ユダヤロビーのも小さいロシアはアメリカ一対抗しう国家と言われている。

旧東側諸への覇権を、直接的あるいはEUを通して行うアメリカ覇権主義に対して、ロシアと関係諸が抵抗する形で行われており、これらの動きは新たなる冷戦とも呼ばれている。もっとも、EUはロシアからの報復によってっ先に標的にされるだろう国家であり、アメリカほど強硬な姿勢には出ていない。アメリカは、ポーランドリトアニアを対ロシアの前線にしようとしている。

アメリカは反ロシアの勢に影を行使しており、ロシアは反欧に影を行使しており、表でも裏でもけん制し合っている。CIAの元職員エドワード・スノーデンが亡命先にロシアを選んだのもそういった理由であろう。

ロシアが最大の武器としている天然ガスについても、シェールガス欧州に売り込みロシアを弱体化させようとしているが、シェールガスにはまだまだコストなどの問題点もあり、ほとんど実現には至っていない。

2014年ウクライナ問題で対立はさらに先鋭化した。直接報復の影を受けるEUと違い地理的に離れているためか、EUべると言いたい放題である。それが更に際情勢を悪化させている。

中華人民共和国との関係

仮想敵その2。だが最近は少し仲良し


次へ»
最終更新日: 18/07/11 01:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社