ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ロジャー・フェデラー


ヨミ: ロジャーフェデラー
掲示板をミル!
252カキコ!

ロジャー・フェデラー(Roger Federer)とはスイステニス選手である。

妻はマネージャーも勤める、元女子プロテニス選手のミルカ・バブリネック(現ミルカ・フェデラー)。
テニス界随一のおしどり夫婦としても有名。4児のパパ


概要


Roger Federer
基本情報
スイス
出身地 スイスバーゼル
生年 1981年8月8日
身長
体重
185 cm
85 kg
選手情報
利き手
バックハンド 片手打ち
デビュー 1998年
テニス選手テンプレート

四大大会最多勝利数の記録を持ち、史上最高のテニス選手と賞されることが多いテニスプレイヤー

元々ジュニアランキング1位ウィンブルドンジュニア優勝など期待の若手選手だったが、2001年ウィンブルドン4回戦で当時の芝の王者ピート・サンプラスを破り頭を現す。その後しばらくは勝ったり負けたりの中途半端な成績が続いたが、2003年ウィンブルドンで四大大会初優勝すると、その後は驚異的なペースで四大大会を勝ち続けた。2007年2008年ウィンブルドン決勝におけるラファエル・ナダルとの大戦は名勝負として非常に有名。2009年には悲願の全オープン初優勝を挙げキャリアグランドラムの達成(男子史上6人)と同時にサンプラスの持つ四大大会14勝の最多記録に並ぶ。同年のウィンブルドンではアンディ・ロディックとの77ゲームに及ぶ闘を制し、サンプラスの前で四大大会優勝の最多記録を更新した。

2010年の全オープンイギリス期待のアンディ・マレーを下して優勝した後、しばらく四大大会の優勝からは見放されたが2011年の全オープン準決勝ではノバク・ジョコビッチの開幕からの連勝を止めるなどる活躍を見せていた。2012年ウィンブルドンでは準決勝でジョコビッチ、決勝でマレーを下し3年ぶりに優勝、ランキング1位に復帰してサンプラス1位在位記録を更新した。ウィンブルドンを会場として使用したロンドン五輪では準決勝でファン・マルティン・デル・ポトロと第3セット19-17という大戦の末に勝利。決勝ではマレーストレートで敗れたもののメダルを獲得している。

2013年ウィンブルドンでまさかの2回戦敗退を喫し、最終ランキング6位、四大大会での決勝進出しといずれも2002年以来の低調な成績で今後が不安視されていたが、その後復活。2014年は決勝進出11回、うち優勝5回、年間トップマッチ73勝で最終ランキング2位、さらに2015年も優勝6回を数えランキング3位でフィニッシュしている。この間ウィンブルドンツアーファイナルズは2年連続準優勝、2015年は全オープンも準優勝と存在感を見せ付けている。また2014年スイスにとって初のデビスカップ優勝を経験したほか、2015年最初の大会となったブリスベンでは史上3人となるマッチ通算1000勝の大記録を優勝で飾った。

2016年は故障がちで四大大会本戦連続出場も65大会でついにストップウィンブルドンでは準決勝まで残ったが、ミロス・ラオニッチフルセットで逆転負けしたあと残りシーズン全休が発表された。ツアータイトルしで終わったのも2000年以来のことである。公式戦の復帰は2017年オープンとなったが、決勝でナダルとのライバル対決フルセットを制して、まさかの優勝で復帰戦を飾った。同年ウィンブルドンでは史上最多8回と最年長優勝の両方を達成。2018年の全オープンでも連覇を果たすなど全復活の感がある。2月ロッテダムでは史上最年長でのランキング1位復帰を優勝で決めた。余談ながら初めて1位に立ってから今回の復帰までの期間(14年17日)、前回1位から復帰までの期間(5年106日)も史上最長である。なお2016年休養の理由は「今後数年プレーするため」としていたため、当面引退するつもりはないようである。

2018年ウィンブルドンでは残念ながら連覇はならなかったが、それ以上にユニクロのウェアが衝撃を与えた(日本ファンに)。ナイキとの契約3月で切れたこともあって噂には上がっていたが、まさか実現するとは…。なおRFロゴはナイキが権利を持っているため使えないが、フェデラー自身に権利を渡すよう交渉中の模様。スケジュール的に上海MSの直前となるジャパンオープンに出場する可性は低いが、チャリティーやエキシビション等、何らかの形で来日する機会があるかもしれない。


よくわかるフェデラーの実績


(その1)

 A:フェデラーはどれぐらい凄いの?

 B:テニスでは毎年四大大会が開催される。

 A:うん。

 B:2003年2010年までの8年間だと延べ32人の王者が誕生する。

 A:うんうん。

 B:その32人のうち16人がフェデラーだ。

 A:( ゚д゚ )

    大百科にある羽生善治の説明を引用変。

 

(その2)

 以下が2003年2010年の四大大会における優勝者の一覧である。 

ウィンブルドン
2003 アガシ ロディック フェデラー フェレーロ
2004 フェデラー フェデラー フェデラー ガウディオ
2005 サフィン フェデラー フェデラー ナダル
2006 フェデラー フェデラー フェデラー ナダル
2007 フェデラー フェデラー フェデラー ナダル
2008 ジョコビッチ フェデラー ナダル ナダル
2009 ナダル デルポトロ フェデラー フェデラー
2010 フェデラー ナダル ナダル ナダル

 わかりやすくするために03年以降のフェデラー以外の全選手を仮に藤井猛とする。

ウィンブルドン
2003 藤井 猛 藤井 猛 フェデラー 藤井 猛
2004 フェデラー フェデラー フェデラー 藤井 猛
2005 藤井 猛 フェデラー フェデラー 藤井 猛
2006 フェデラー フェデラー フェデラー 藤井 猛
2007 フェデラー フェデラー フェデラー 藤井 猛
2008 藤井 猛 フェデラー 藤井 猛 藤井 猛
2009 藤井 猛 藤井 猛 フェデラー フェデラー
2010 フェデラー 藤井 猛 藤井 猛 藤井 猛

  フェデラー:優勝16回

  藤井 猛 :優勝16回


四大大会優勝回数


6回(2004,2006,2007,2010,2017,2018)

1回(2009)

ウィンブルドン8回(2003~2007,2009,2012,2017)

5回(2004~2008)


主な記録


だったもののみ。近づきながら抜けなかったニアミス記録も多い。細かく知りたい人はwikipedia等を参照しましょう。


プレースタイル


史上最高のオールラウンダーと言われる。全盛期はフォアハンドの強打でウィナーの山を築いたイメージが強いが、正確なポジションに入れるフットワークスピードは中の上程度でもバリエーションコース読みづらさでエースを奪えるサーブ、オープンコートを作れる展開など各種が非常に高いレベルバランスしている。ネットプレーネットに行くまでのミドルコートのボールタッチが非常に上手いほか、ロブで上を抜こうとしてもハイバックボレーを決めてくる。技術的な引き出しが多く、相手によってプレースタイルを対応させることができる。


次へ»
最終更新日: 19/08/21 11:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ