ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ロジユニヴァース


ヨミ: ロジユニヴァース
掲示板をミル!
31カキコ!

ロジユニヴァース(Logi Universe)とは、日本競走馬である。 → 競走馬の一覧
名の意味は冠名の「ロジ」と名の一部である「ユニヴァース」を組み合わせたもの。
な勝東京優駿日本ダービーJpnⅠ)・弥生賞(Jpn)・札幌2歳S ・ ラジオNIKKEI杯2歳S(共にJpn


 概要


 誕生からデビューまで

育成時から高い素質を示していたが、曲がった脚が嫌われて買い手がつかず、最後まで売れ残っていた。
さらに育成を担当したスタッフは中央でのデビューを進言したものの、生産者である吉田勝己もまた曲がった脚を
懸念して地方デビューさせる予定であった。
しかし、北海道旅行中に吉田勝己と出会った久米田正明に購入され中央へのデビューが決まった。 

 2歳(2008年

5月13日萩原清厩舎へ入厩。阪神競馬場でのデビュー戦を見据え6月上旬頃に同じ萩原厩舎の3頭と共に
トレーニングセンターに移動して調教された。デビュー戦では武豊が騎乗。中団追走から最後の直線で
抜け出し、2着に半身差をつけ初勝利を挙げた。

レース後、一旦ノーザンファームで休養に入った。復帰戦はコスモス賞が予定されていたが、
9月中旬にそのまま札幌競馬場へ入厩し、札幌2歳ステークスに出走した。デビュー戦で騎乗した武豊
凱旋門賞へ騎乗するためにフランスへ遠征していることもあり、代わって横山典弘が騎手を務めた。
レースでは中7番手から追走して最後の直線で差し切り、重賞初勝利を挙げた。
レース後は再びノーザンファームに放牧に出された。その後、12月27日ラジオNIKKEI杯2歳ステークス
出走。2番人気だったが 最後の直線で逃げるリーチザクラウンをかわし、デビュー初戦からの3連勝を飾った。

3歳(2009年

明け3歳の緒戦は、3月8日の第46回報知杯弥生賞を選んだ。直前に他の有が回避したこともあって
10頭立てと少頭数で行われた。稍重馬場の中、スタート良く飛び出すと、上の横山典弘が一気にハナを奪って逃げるという事前の予想とは違う展開に持ち込み、1000m通過を62台というスローペースで終始リード
保ち、 最終直線では更に他を突き放して1着となった。関東が1番人気弥生賞を制したのは、
ミスターシービー以来26年ぶり。

敗のまま皐月賞に向かい1.7倍のダントツの1番人気に支持され、レースでは7番手の好位を追走し4コーナーでは5番手まで上がるものの直線を向いて全く伸びずにアンライバルドの14着と大敗をした。この大敗を受けた久米田正明は運送業者であることから、ダービーに向け少しでも不安要素を排除すべく特注のを作成した。

そして本番の東京優駿(日本ダービー)は7.7倍の2番人気まで評価を下げてしまうことになった。当日の頃からしいが降り馬場状態は一気に不良になりヨーロッパ競馬のように持久が問われる馬場状態になった。レースでは3番手追走から、2番手から抜け出しを図ったリーチザクラウンを直線で捕らえて4身差で勝利した。関東勝利サニーブライアン以来で12年ぶりで、騎乗した横山典弘デビュー23にしてダービージョッキーになり、久米田正明は2年足らずでダービーオーナーとなった。 

しかし、極悪馬場走した反動は大きく3歳は全休することになった。

4歳~引退2010年~)

2010年日経賞から復帰。1番人気に押されたもののマイネルキッツの6着に敗れる。
続く宝塚記念では18キロという大幅な体重減がいたのか13着と大敗。
そして、2010年最後の出走となった札幌記念では22キロ増と体を戻してきたが、アーネストリーの2着に破れた。
その後、出走予定が出るたびに回避からの放牧が繰り返され、野球斉藤和巳よろしくプロリハビラーと揶揄されながら、引退という決断はされなかった。結局、2011年全に休養に当てられた。
2012年から復帰戦の噂は流れていた中、ようやく2年ぶりとなる札幌記念に出走することになったのだが、当日になるまで「いつ回避するんだ?」というネタにされたのは言うまでもなかった。
そして迎えたレースではかつて類稀なセンスと先行を持っていたとは思えない走りでドンケツ追走、勝負所で全くついて行けず惨敗。
いよいよ「引退」の二文字現実味を帯びてきていた。

2013年に入り続報は長らくなかったが、10月30日引退表明。以降は種として第二の人生を送っている。

評価

2get横山典弘や、低迷が続く美、そして自身を見出してくれた当時の新米オーナーダービーを獲らせてくれたなので、もっと評価されてもよいはずではあるが、なにぶんその後の成績が悪い。
引退が決まらなかったのは、上記の実績はもちろん、あまたいるサンデーサイレンスの血族で評価以上に成功した例がないネオユニヴァース産駒というのも相まっていた。
結局もう一咲かせることもなく、フェードアウトするように引退となった。

最弱のダービー馬?

ともすると彼の名が挙がってくるのだがロジユニヴァースの場合はダービー勝った後は4戦しかしておらず、2年「も」負けてない。

…言うに及ばず実戦に2年出てなかっただけでしかも出たら最下位大惨敗となったわけでその点はいかんともしがたい。全盛期ダービーで終わったと言われてもその通りだろう。
だが皐月賞で負けるまで4連勝だったわけで、その皐月賞も体調最悪&最悪の内1番での大敗と理由はつく。当のダービーゲリラ豪雨による不良馬場で、それで4身差で勝っているため、最弱とは言えない…と思われる。


関連動画



■sm5696603[ニコ動]

 ■sm6374629[ニコ動]

■sm7335205[ニコ動]
 ■sm3886858[ニコ動]


関連商品


ロジユニヴァースに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


■co374


関連項目



最終更新日: 18/05/27 03:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ