ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ロリババァ


ヨミ: ロリババァ
掲示板をミル!
429カキコ!

ロリババァとは、萌え要素の一つである。


概要 


ロリババァは3つのスタイルに分類することが出来る。

  1. 滲み出るババァ
  2. 永遠の少女
    • 歳を食ったにもかかわらず、「発想が少女」のままであるということ。つまり自身が何も知らない少女ではないことを自認しているが、そこにテーマをおくキャラクターである。これを持ち合わせる事は一歩間違えると「永遠にロリ」にもつながるため極めて高度なスタイルである。もっとも想像し易い例として、歳をとらないロボット人間が挙げられる。。
  3. 普段はババァそのものだが、ある条件下で体が一時期若返ること。ただし中身はそのまま。

※定義である「見たロリータ(1桁~10台前半)、実年齢はババァ(ウン歳)」に、3.は該当しない。


ロリババァ≠永遠にロリ


年齢・精的に既にババァなのにロリ志向のキャラ立てをしているという意味であり、決して幼いまま永遠の存在になることではない。故にこのジャンル深く、悲しく、険しい。

ロリババァの反応をすることとも違う。それはロリという体がババァ志向の発想をしているだけである。あくまでもババァが意識・意識問わずロリ志向の発想をしている事が重要である。

※例:アンジェリア・アヴァロン(アルカナハート)→永遠のロリなので違う

1.のパターンは「ババァ少女に化けたもの」と読み替える事ができ、2.のパターンは「テーマの永遠性を身体という形で表現したもの」と読みかえる事ができる。1.のパターンはジェンダーの追求であるのに対して、2.はテーマの永遠性を表現することである。

永遠のロリはこの2つとも違う。すなわち、身体がロリであることはともかくとして、精が発達していることが見受けられない。永遠に子供のままなのであり、ジェンダー・セックス・おかれた環境について本人が考慮しない。またそのような描写が見受けられない。そのためアンジェリアは永遠のロリであり、彼女をロリババァとは位置づけられない。何年生きているかだけでロリババァ判定を行う事は、上記の理由で危険であり、間違った作品解釈を行う原因となりかねない。


ロリババァの一例(作品五十音順)



現実にロリババァを見ることは出来るか


ロリババァに非常に近い存在として現実女性を挙げることも出来る。例えば可愛いを選んで着るという行為はまさに1.のパターンに当てはまることとなる。歌手YUKIaikoなどが該当する。2.のパターン物語の都合に合わせて作られることがほとんどであり、見る事はほぼ不可能である。3.は次元が違うのでまずムリ。


関連商品


ロリババア専門エロ漫画雑誌「永遠(とわこ) 」が茜新社より2016年6月30日に発売された。
1号できちんと数字が出たら続刊」との事だが、品薄になる程の人気で第2号制作が決定。
発売は2017年3月を予定している。
1号電子書籍でも販売しているので、現在でも入手可


関連項目



最終更新日: 17/11/10 19:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ