ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ロードゲイル


ヨミ: ロードゲイル
掲示板をミル!
4カキコ!
ゾイド > ゾイドブロックス > ロードゲイル

ロードゲイルとは、『ZOIDSシリーズに登場するガーゴイル汎用戦闘ゾイドである。

カテゴリーゾイドブロックスにあたり、つなげたブロックパーツを芯に、装甲や武装のパーツを組み合わせる事で完成し、他のブロックスとも組み合わせにより限のバリエーションを作り出す事ができる。
なお、一部パーツフライシザース、デモンズヘッドから流用されている。

機体解説

ロードゲイル
LORD GALE
基本情報
BZ-011
所属 ネオゼネバス帝国
モチーフ ガーゴイル
スペック
全長 11.5 m
全高 10.8 m
重量 45.0 t
最高速 MACH2.5
武装
使用ブロック
ゾイドテンプレート

ネオゼネバス帝国が開発したガーゴイル汎用戦闘ゾイド

もともとネオゼネバス帝国が次世代の機として開発を進めていた人で戦闘ができるというキメラブロックスゾイドであったが、この段階のキメラブロックスはすぐに暴走して敵味方関係なく攻撃をしかけてしまう欠陥兵器であった。そこで別機に乗る人間がそのキメラブロックス達を制御統率する事でキメラブロックスゾイド全な兵器として運用するという的で作られたのがこのロードゲイルである。

BZ-5フライシザースからBZ-8デモンズヘッドまでの第一世代のキメラの優秀な遺伝子を組み合わせて作られており、武装も一部共通しているが、戦闘は単機のブロックスゾイド以上のものを有し、必殺技としてバイドラッシングなる技を持っている。

何より人のキメラブロックスを統率する指揮官の役割を持ち、このロードゲイルに乗る兵士一人だけでも他のキメラブロックスの部隊を遠隔制御する事で戦略的に敵軍と渡り合う事ができ、さらにBZ‐16ディアントラーの中継もあればより遠距離かつ広範囲にその制御可範囲を拡げられる。

陸両用機でもあり航空の乏しいネオゼネバス帝国にとっても重な存在だが、自機以外にも複数のキメラブロックスを同時に操らねばならないという性質上か、エースパイロットでなければ乗りこなせない機体となっている。
またロードゲイル以降はキメラブロックスゾイドも全て有人機として作られる事になった。

一部のゲームではフライシザース、デモンズヘッドチェンジイズ(ユニゾン)した機体ということになっている。

劇中での活躍

バトルストーリー

ZAC2102年から05年の間にロールアウト。具体的な活躍の場面はなく、パッケージなどのスチル写真にちらほら登場する程度で、ZAC2109年の旧共和首都攻防戦では大軍で共和軍を迎え撃たんとするシーンもあったが、その時の戦いでもこれといったロードゲイルの活躍が描かれる事はなかった

アニメ

ゾイドフューザーズ』に登場。
本作では単一のゾイドとして描かれており、後に登場したキメラブロックスゾイドとの関係は特にない。
また、右腕には設定にはないはずの2連装が装備されていた。

フューザーズ』ではチームサベージハンマーバートンが搭乗。
乗り手の性質を反映してか、自身より弱い相手への攻撃や僚機のバスターフューラーとの挟み撃ちといった卑怯な戦法ばかりとる悪役として描かれ、それにともなってやられ役になる事も多かった。

物語終盤ではキメラブロックス軍団を率いてレベッカのディメトロプテラと共にレジスタンスアジトを襲撃。RDライガーゼロファルコンを追い詰めたが、ブレード凱龍輝が出現して形勢逆転。ディメトロプテラ凱龍輝に、ロードゲイルはライガーゼロファルコンに撃破された。

主な機体バリエーション

セントゲイル

ロードゲイルの強化版。『妄想戦記』に登場する予定だったが、エピソード製作されていないため、詳細は不明。ネオゼネバス帝国騎士バーン・ウェンザーが搭乗。

セントゲイル・エンプレッサ

ゾイドジェネレイションズ』に登場。ヤ・ハン第一王女、ソナ王女機。

背中バスターイーグル右手メタルZi製の大剣閃光(ビューンバステル)」、左手ガトリングがついた大黄昏の残」を装備している。

ヘビーゲイル

ゾイド公式ファンブック』4巻に掲載。ロードゲイルとキメラドラゴンチェンジイズ機であり、下半身にキメラドラゴンの胴体から後ろが接続されているため、その姿はケンタウルスを彷彿させる。

関連動画


■sm21919450[ニコ動]

関連立体

関連商品

■azB0002ZFWYM

関連項目


最終更新日: 16/11/25 20:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ