ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ワーテルローの戦い


ヨミ: ワーテルローノタタカイ
掲示板をミル!
15カキコ!

「ワーテルローの戦い」とは、1815年6月18日オランダ(当時。現在ベルギー)のワーテルローで行われたフランスイギリスオランダ連合軍およびプロイセンとの戦いである。ドイツでは「ベラリアンスの戦い」とも呼ばれる(後述)。

曖昧さ回避の項目


概要



戦いに至るまで


1814年、ロシア遠征より続く敗退による揮下将官らから見放された形となってナポレオンは、フォンテンブローから流刑地であるエルバへ流されることになる。フランスはルイ18世が王政復古により王位についたものの、旧態依然の王政であったことなどもあり、わずかな間で人心は離れていくこととなった。

1815年2月、流刑地であるエルバより帰還したナポレオンは自民の熱な歓迎を受けつつパリに到着。フランス皇帝の座に帰り着いた。
この事態は驚きであったものの諸外にとってはあまり問題ではなかった。対大同盟として動員できる兵70万を軽々と越えていた。長らく続いた戦いで疲弊したフランスにとって動員できる兵は限られ、60万の動員が限界であり、それすら内で多くの批判にさらされてる始末であった。

ナポレオンが当面考えなければいけないのは、ベルギーにあるウェリントンアーサー・ウェルズリー率いるイギリスオランダ連合軍9万5千およびヴァールシュタット伯ゲープハルト・レーベレヒト・フォン・ブリュッヒャー率いるプロイセン軍の兵12万に対する対応であった。もっとも強であるこの兵を敗退させれば諸外の大同盟は瓦解することは間違いなかったからである。

とはいえフランス側にとって問題はそれだけではなかった。

往時の大陸軍(グランダルメ)を率いたナポレオン揮下の将官、元帥および将軍たちの多くはルイ18世に忠を誓っており、再びナポレオンに忠を誓うことを厭うものも多かった。ルイ18世に忠を誓わなかったのはダヴー元帥ぐらいのものだった。結局彼の元に再び集ったのはダヴー、スルト、ド・グルシーほかであり、これだけでは心もとないナポレオンはネイ元帥を呼び寄せる。
ナポレオンパリにダヴーを置いて(彼の揮・統率・組織運営の高さ故に陸軍大臣兼パリ防衛の任についた。この判断はのちに大きな影を及ぼす)、参謀長にスルト元帥をつけ、ネイ及びド・グルシー元帥と共に兵21万を率いてイギリスオランダ連合軍およびプロイセン陸軍の撃破をすため北上することを選択した。

ナポレオン率いるフランス軍は慢性的な人材不足に陥っていた。
長らくナポレオンの参謀長を務めたベルティ元帥ナポレオン帰還を知るや自殺していたため、かわりの参謀長に就任したのはスルト元帥だった。だが彼は軍団長としては優れていたが、ナポレオンの幕下において組織運営を務めるには経験も実績も欠けていた。
ネイ元帥戦場において勇気溢れた指揮官ではあるが、あくまで前線指揮官レベルでしかなかった。最後の元帥であるド・グルシーに至っては騎兵指揮官としてのは認めれていたものの軍団を率いるをもっていたわけではなかった。ともかくナポレオンはネイとド・グルシーとそれぞれ三つに軍勢を分けて北方に進むことになった。

6月16日。ド・グルシー率いるフランス軍はプロイセン軍と衝突。ナポレオン本軍はこれに合流してプロイセン軍1万6千を倒し、あまつさえフォン・ブリュッヒャー元帥を負傷せしめた(リニーの戦い)。
もっとも戦いぶりとしては低調極まることは否めなかったようだ。ナポレオンに絶頂期の揮のセンスはなく、彼を補佐し彼の手足として戦った元帥たちの多くはこの場に居合わせなかったのだから。
ともかくこのリニーの戦いで勝利したことは間違いがなく、ナポレオンはド・グルシーに3万の兵を与えてプロイセン軍を追撃することを命じた。一方、ネイのほうは緩慢な動きでイギリス軍の一部を撃破するタイミングを逃してしまっていた。
さまざまな問題を抱えたナポレオン率いる軍勢ではあったが、相手となるイギリスオランダ連合軍のウェリントンも判断ミスを犯して手勢を多くに方面に展開していたためが心もとなかった。プロイセン軍に連絡を取り、急ぎ合流することにめ、自身はフランス軍との対決を選択した。場所はオランダ(当時。現ベルギー)のワーテルロー村(Waterloo)から南に若干下ったモンサンジャン高地(Mont-Saint-Jean)で行われることになる。

6月16日のリニーの戦い後半から、断続的に降り続いたのためリニーの戦いからの疲労が解消されぬまま、フランス軍7万2千はイギリスオランダ連合軍6万8千と闘うことなる。ナポレオン率いるフランス軍は兵が大きかったものの、プロイセン軍が合流するまでにイギリスオランダ連合軍を退ける必要があった。


戦いの経過


6月18日断続的に降り続いたのせいでモンサンジャン高地周辺は泥にまみれていた。そのため、ナポレオン揮下将官らの進言を退けて戦いを前まで伸ばすこととする。これは大砲の運用に支障をきたすためだったが、なにより今は時間が何よりも重な状況に応じて重大な要因となった。
戦場は、フランス左翼からウーグモン、ラ・エイサント、パペロットの三つの農場屋敷があり、事前に展開したイギリス軍によって拠点となっていた。イギリスは高地側に展開しておりフランス軍からは全貌を見ることができないでいた(このためナポレオンは最後まで敵全体の把握に苦しむことなる)。

午前11時30分。フランス軍は自左手に見えるウーグモン農場屋敷(とっても館に近い)に攻撃開始。
ナポレオンの意図は左翼に攻撃を集中させてイギリスをそちらへ向けさせたあと中央をネイの兵で分断させようという考えだったが、長らく続いたナポレオンの戦いぶりはもはや諸外に知れ渡っており、ウェリントンはこの意図を看破。そのままで戦い続けることを選択する。一方のウーグモンをめぐる戦いではナポレオンの不出来なジェロームの戦いぶりがまずかったために戦況は着状態に陥る。

午後1時30分。フランス軍は当初の意図通りにいかないものの、中央・右翼の攻撃を本格化。右翼を率いるデルロン将軍率いる軍勢はこれまた稚拙な戦いぶりというか古式ゆかしき集団前進で損を出すものの、右手パペロット屋敷を攻略することに成功するだけではなく、イギリス指揮官ピクトンを戦死させた。とはそれ以上の進撃は、イギリス軍のスコットランド歩兵連隊がなんとか押しとどめることになる。
この状況にウェリントンは戦線中央にポンソンビー将軍ら率いる騎兵2個団を突入させるが、これを読んだナポレオン騎兵を側面から突入。ポンソンビー将軍を討ち取ることに成功し、騎兵を撃退する。

このような展開で戦線は全域にわたってしく戦っているものの、兵差などからじりじりとフランス軍に優位に傾きつつあった。だが、戦線右手プロイセン軍の軍勢が見えてから状況は一変する。

リニーの戦いの後、プロイセンに対して向けられたド・グルシーはそれ以後断続的に降り続いたのため敵拘束に失敗。なおかつ、ワーテルローからのを聞いた部下から本隊への合流の進言を退け、事前の命を基づいてプロイセン軍を追うことを選択していた。
ナポレオンはワーテルローの戦いが始まった直後からド・グルシーの兵を呼び寄せようとしていたが、参謀長のスルトが伝を最初は一人しか送らず、その一人も途中で落、負傷してしまうなど、不手際が立った。なんとか互いの状況を知りえたときにはド・グルシー戦場への合流が間に合わないことが明らかになっていたのだった。ナポレオンはこのことを知ると、ベルティエなら100騎は伝を送っただろうと言ったという記録が残っている。

もっともこの状況下でもナポレオンはまだ勝機があると確信していた。予備隊の一部であるローバウ将軍揮下の兵プロイセン軍へ振り分け、より攻勢を強めることを決意した。

午後4時ごろ。
持病のため、体調がすぐれないナポレオンは、一度休憩することとして揮をネイらに託す。ところがこれが最大の蹉跌となった。

攻勢を受けているイギリス軍で負傷者などを後方へ送っている動きを見たためか、その様子をフランス軍中央のネイ元帥が全面後退の兆しとして判断したのか、揮下の騎兵に突撃を命じた。この判断は今もの部分とされており、ウェリントン歩(あるいはメートル)後退を命じたためためとも、いや、そんな事実はないとの話もある。
このネイ元帥の命だけで済めばよかったものの、この騎兵突撃は周辺部隊にも波及して、なんと5000もの騎兵突撃となってしまう。それにつられてケレルマン揮下の騎兵も突撃に参加するという大規模騎兵突撃となってしまった。
(途中でこの状態に気がついたナポレオンが少数の騎兵突撃をさせるよりは、さらなる騎兵を送り込む選択したという説もある)。

この独断で、かつ制御しきれていない騎兵突撃はイギリス軍の方によって迎撃されることになった。
騎兵単独での攻撃は最初の突破のみであり、壊乱しつつある兵相手でなければ多大な損を出すことなることはわかっていたが、ネイは歩兵砲兵の協すらめず単独で突撃を選択するという致命的なミスを犯したのである。
歩兵騎兵突撃に対して行える防御形である方のいくつかは騎兵の波に飲み込まれたものの、イギリス軍は何とか耐え抜くことに成功した。
幾度か乗り換えるなどして、何度も突撃の揮をとったネイ元帥ではあったが、結果的には成功に至らず重な騎兵の多くを失っただけであり、フランス軍は決め手を失ったまま残りの兵を糾合して攻勢を強めるしかなかった。

一方、戦場右翼に到達しつつあるプロイセン軍先遣隊に対して向けられたローバウ将軍フランス軍予備兵は苦に立たされており、ナポレオンは段階的に予備兵を切り崩してプロイセン軍からの防御に注するはめになる。

騎兵突撃に失敗したネイではあったが、今度は歩兵部隊を率いて揮をとって中央のラ・エイサント農場の攻勢を開始する。個人的勇気められる戦場においては勇猛だったネイはこの戦いを優勢に進めるが、増援をもめてた。
ラ・エイサントにまで砲兵を進めてイギリス軍本に対してを打ち込める状況になったのだ。ここで最後の、かつ精強を誇る老親衛隊を投入すれば中央が突破できる。だが、ナポレオンはそのめを却下する。
かたやイギリス軍を率いるウェリントンも兵が乏しく弾薬も尽きつつあった。が、ナポレオンが最後の予備兵投入をためらっている間に再編成を行い、兵を中央へ集めることを決意した。後背よりプロイセンが到達しつつあることが判明しており後先考えずの防衛が可になりつつあったのだ。

午後7時ごろ。
中央のラ・エイサント農場屋敷を制圧した報告をうけてナポレオンはここで最後の予備隊でもある精強を誇る老親衛隊の投入を決意する。しかし遅きに失したことは否めず、集結したイギリス近衛の前に倒れることになった。
ナポレオンの初期の戦い、イタリア戦役から彼に付き添い、数多の戦場無敵を誇っていた老親衛隊の敗北フランス軍の士気は崩壊。潰走を始める。一人、ネイ元帥が前線に踏みとどまって将兵を鼓舞するがすでにも聞くものもいなかった。
もはやここまでと悟ったのかナポレオンは最後の手勢を率いて突撃を行おうとしたらしいがスルト元帥らによってに収められて撤退することとなったという。

全面的に潰走を続けるフランス軍を追撃しようとするイギリス及びプロイセン軍だったが、殿として老親衛隊の一部が方を組んで最後まで立ちふさがった。降伏を勧告するイギリス軍将兵に対して老親衛隊を率いたカンロン将軍は「ったれMerde!)」、「親衛隊は死すとも降伏せずLa garde meurt, et ne se rend pas.)」と言って全滅を受け入れた。…というのが定説とされているが、どうもこの上記の言葉は、実際は老親衛隊を揮していた違う将軍の言葉で、カンロン将軍はそれよりも前に捕虜(負傷後)になっていたというのが本当のところである。


敗因とその後のお話。


ナポレオンは往時にもっていた天才的な判断のキレや、その場での帳合わせ的な冴えも、また彼の判断ミスを帳消しにしてくれた運も失っていた。さまざまな健康的な問題を抱え、揮に集中できなかったことが当時の周辺にいたものたちの記録に残っている。

彼を補佐すべきだった将官たちも少なく、かつ、そのに欠けていた。
ナポレオン自身があまりに突出していた才覚の持ちであるため、部下の将軍元帥たちの多くは自分たちで判断し、行動するということを放棄していた感もあり、悪く言えば元帥とはいえ単なる前線指揮官レベルに留まっていた。
彼らはナポレオンのいない戦場においては並程度の指揮官であった。これはナポレオンもそうであることを望んでいたふしもあるのだが。

ナポレオンの戦略を高次元で理解し、彼に進言するだけでなく独自の判断で組織を維持運営できたのはダヴー、マッセナなど一部の元帥ぐらいのものだったといわれる。マッセナはこの時老齢で中立的立場であったが、ダヴーは健在で、かつナポレオンに味方していた。もし、と言われる側面に、パリ防衛にあたっていたダヴー元帥ナポレオンを補佐していればどうだっただろうか。というIFがある。
彼の戦略眼・戦場での揮ぶり、そして管理の高さなどを考えればスルト元帥よりも上手に参謀長の務めを果たしたことであろう可性は高く、前線揮をスルト元帥に参加させることでネイ元帥よりも戦局を踏まえた用兵が行えたかもしれない。
実際にはダヴー元帥以外に軍を組織して、かつ独自の判断で動けるような人材はこの当時のナポレオン軍団においては望み薄であり、1814年の離反劇もあって、とてもではないがダヴーをパリから動かせる状況ではなかったのがナポレオンにとっての痛手でもあった。
(あるいはダヴー個人の忠心はあったものの、ナポレオンにとってはダヴーを疎んじていたという話なのかもしれない)

実際、ダヴー元帥ワーテルロー敗北を知るやド・グルシー元帥が率いた兵パリ防衛のための兵を糾合、パリへと向かうプロイセン軍に対して配下の兵を送り込んで戦った…という記録が残っているという。


次へ»
最終更新日: 16/12/09 06:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ