ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ワールドプロレスリング


ヨミ: ワールドプロレスリング
掲示板をミル!
2カキコ!

ワールドプロレスリングとは、1969年よりテレビ朝日系で放送されているプロレス中継番組である。


概要


日本テレビ史にいて常設のプロレス中継番組としては最長寿番組であり、「題名のない音楽会」「徹子の部屋」と並んで、テレ朝の前身であるNETテレビ日本教育テレビ)時代から続く数少ない番組である。
また、アントニオ猪木によって創立された新日本プロレスとは初期から中継を行っているため、まさに切っても切れない関係にある。


略史


1969年7月2日放送開始。(番組開始当初の番組タイトルは「NETワールドプロレスリング」)

番組開始当初は、日本テレビがそれまで独占的に放送していた日本プロレスの試合中継を一部受け継ぐ形で放送していた。
1970年代初頭に起こった日本プロレス内部の紛争によりアントニオ猪木が追放された後、一時「NET日本プロレスリング中継」という別番組を立ち上げて日本プロレスの中継番組を週2回放送したり、番組を「NET日本プロレスリング中継」へ統合したりとした後、1973年にはアントニオ猪木がその前年・1972年に旗揚げした新日本プロレスNETテレビ(現:テレビ朝日)が手を結び、同年4月6日の放送より新日本プロレスの試合中継番組へと替えして「ワールドプロレスリング」に再題しスタートを切った。

金曜20時に放送されていた1970年代1980年代中盤には当時のプロレス人気も相まって毎週高視聴率を記録するテレ朝ドル箱番組」として君臨した。
1977年テレビ朝日に入社した古舘伊知郎実況アナウンサーに加わると、その独特のリズムボキャブラリーが炸裂する「古節」が人気となる。この古節は1980年代以降のプロレス実況スポーツ実況全般に広く影を与えた。また古舘伊知郎も一躍人気アナウンサーとなり、1984年テレ朝を退社し各局で活躍するきっかけとなった。

しかし、1980年代半ばにさしかかり、プロレス団体の細分化に始まる人気マニアック化やテレビ朝日が「アフタヌーンショー」で起こしたやらせリンチ事件の影による局全体の視聴率低迷に巻き込まれ、「ワールドプロレスリング」の視聴率も低下する。
これを打開するために、テレビ朝日は「ワールドプロレスリング」の大幅リニューアルを決断。1987年に「ギブUPまで待てない!!ワールドプロレスリング」と題してバラエティ要素を強めたプロレス番組に変わった。

山田邦子をメインパーソナリティーに据えた「ギブUPまで待てない!!」であったが、リニューアル当初からプロレスファンめていたものとはかけ離れた安易なバラエティ演出にむしろ視聴者激怒し、視聴率が半減して一桁にまで落ち込んでしまった。
そのため、すぐに軌修正が行われて元のプロレス中継番組スタイルに戻されたものの視聴率は伸び悩む。

1988年にはゴールデンタイムから土曜夕方へ放送が移動し、1989年にはネットセールス番組からローカルセールス番組へと格下げされた。
この夕方時代には頻繁にゴルフ中継などが編成された影で放送が飛び、プロレスファンから不評を招いた。
この後も扱いは悪くなり、1994年にはついに深夜での放送となり、2004年には放送時間も60分から30分へと縮小された。

1980年代後半以降はプロレス自体がかつてのプロ野球と並ぶようなテレビドル箱コンテンツではなくなり、ライバル的存在としてしのぎを削った日本テレビプロレス中継ですら2009年地上波から全撤退するという逆が吹き続けている。「ワールドプロレスリング」は地上波の常設プロレス中継番組の最後の火とも言えよう。


番組テーマ曲


1989年より番組テーマ曲にエマーソン・レイク・アンド・パウエルThe Score』を使用していることで知られる。
新日本プロレスの試合では大会開催時に会場でもこの曲を流しているため、まさに新日本プロレスそのものを徴する曲として非常に有名である。


■sm9161540[ニコ動]


関連商品


ワールドプロレスリングに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


ワールドプロレスリングに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 18/05/22 18:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ