ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


一人当たりGDP


ヨミ: ヒトリアタリジーディーピー
掲示板をミル!
14カキコ!

一人当たりGDPとは、国家全体ではなく、民一人当たりの経済・生活準を表す量である。

例えば中国国家としては世界2位経済規模(GDP)だが、一人当たりGDP日本の半分も南アフリカ以下であり、一人一人は貧しい(順位は89位)。

一方、華僑、つまり客などの中国系が多いシンガポールでは、GDP日本の7%程度の規模だが、一人当たりGDP日本人の2倍以上、世界第3位である(日本は27位で、イギリスに近い。ドイツ17位で日本より20%ほど多い)。

参照リンク[外部]


概要


要するにGDPを人口で割った均。英語ではGDP per capita、グラフや表ではGDPpcなどの略号でも表わされる。民一人一人が、均して一年間でどれだけの市場価値を生産したか表す。なお、収入とは異なるので注意[外部]

なお主婦業の成果など、市場で取り引きされないものの価値は反映されない。また、シャドーエコノミー[外部]という、違法な経済活動や政府が捕捉していない経済活動も反映されない。タイロシアはこれらを入れるとGDPが倍増するという。

近年の日本の順位としては、統計を取った機関にもよるが、下記の2つの計算方法ともおおよそ20位代後半となっている。


計算方法


計算方法には為替レートベース、購買ベースの2つがある。為替レートベース民1人当たりの経済を表し、購買ベースは物価を考慮したもので、民の生活準を表す。

他のべるためドルに換算して出した「為替レートベース」は、外国人日本人一人当たりからどれくらいけられるのか、あるいは日本人一人当たり外からどれだけ買い物ができるかなどを見るときに使える。Wikipediaでは国の国内総生産順リスト_(一人当り為替レート)[外部]に記事がある。

参照:為替レートベースでの一人当たりGDP世界ランキング[外部]

一方、民一人当たりの生活準・豊かさを表わすには、「購買価(PPPベース」が使われる。持ってる額が同じでも、物価によって買えるものは変わる。略号はGDPpc(PPP)。
Wikipediaでは国の国内総生産順リスト (一人当り購買力平価)[外部]に記事がある。

参照:購買力平価ベースでの一人当たりGDP世界ランキング[外部]


平均寿命との関係


一人当たりGDPはもちろん均に過ぎず、所得格差を考慮していない。だが寿命との相関を見る限り、一定の妥当性があると思われる。

参照:一人当たりGDP(購買力平価ベース)と平均寿命との相関[外部]


補足


一人当たりGDPは物やサービスの種類や質を考慮していない。これはGDP自体にも言える。また規模が利点になるということもあるので、合計の規模であるGDPそれなりに重要である。

例えば一人当たりGDPが10年間変わらなかったとしても、同じ額で買えるものの価値は大きく変わっている。それまでは手に入らなかったような物やサービスが、信じられないほど安く買えるようになっていることはしょっちゅうである。特に情報通信関連技術の分野でこの傾向は著しいが、流通から医療まで、技術進歩がある分野全般に言えることである。

また、全体のGDPが大きいということは、一にまとまった市場があるということであり、民一人ひとりが買えるものの選択肢はそれだけ多様になる。神田神保町(古書店普通の書店もある。)や秋葉原電気街二次元)のようながあるのはそれだけの市場があるから可なのであり、こういう面は単純な標では表せない。

国家としての安定性も重要である。経済融の規模が小さいと、世界経済融事情に翻弄されやすい。一企業の動向で国家経済が左右されることもある。安全保障にかける費用においても小国は不利である。なお、もちろん小回りがきく、カバーすべき範囲が小さいなどの利点はある。


関連動画



■sm17736275[ニコ動]

■nm17865195[ニコ動]


関連商品


■az493156917X


関連コミュニティ


一人当たりGDPに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 15/12/06 10:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社