ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


一人称


ヨミ: イチニンショウ
掲示板をミル!
14カキコ!

一人称とは、発話あるいは文章の中で、話し手あるいは書き手に当たる者を区別する文法範疇である。


概要


最も知られているものでは「わたし」だろう。
発話や文章において、話し手や書き手が自分自身や自分自身を含む仲間す言葉。一人称複数では、話し相手を含む包括系と相手を含まない除外系がある言がある。

小説においては、小説の登場人物の一人の視点物語が進んでいく形式のものを、一人称小説という。


日本語において


日本語にも一人称という概念は適用しうるが、印欧語族のような一人称とは違い、明確に普通名詞との区別はできない。これは、近畿方言などにおいて「われ」が二人称として扱われるなどの人称の転換がたびたび行われることからも、明らかである。

日本語一人称は、上古においては「あ」と「わ」が見られた。このうち、「あ」は自分や私事に関しての用法が見えるが、「わ」はに関することが多く取り扱われており、これが、古代における一人称単数と複数の区別の名残ではないかと考えられている。ただし、「あ」は上古においても用例が少なく、平安時代には、ほぼ使われなくなったと思われる。
共通では、近世以後に一人称として普及した「わたくし」とそれから生した言葉が一般に用いられているが、「われ」の系統も方言などに残存している。複数形は語尾に「ら」をつけることが多い。
ちなみに、現代文法では連体詞である「わが」は、古文法においては一人称代名詞「わ」と格助詞「が」に分解できる。

日本では世界でも有数の数を誇る。そのため様々な一人称が見られる、漫画などがよい例だろう。
なぜ現代にこんなにたくさんの一人称があるかはだが、温故知新という言葉があるようにカルチャーなどを通じ昔のものが今に使われている、という事が深く関わっているのは言うまでもない。

その他:うち、、自分、麻呂(麿)、朕、余()、予()、拙者、某、本官、小官、本職、ミー、拙者、愚僧、身共、小生、愚生、手前、こちとら、わらわ、輩等々


一人称一覧


ここでは様々な分野・方面で現在も使われている一人称を紹介する。

  1. あたし』と『アタシ』などカタカナのみの違いも表記する。
  2. 漢字平仮名については分別しない。
  3. 漢字一人称平仮名読みを付ける。

漢字>>ひらがな>>ひらがな(濁音)>>カタカナ

例:小生>>自分>>某

五十音順〕

※その他一人称があれば随時追記してください


関連項目



最終更新日: 17/10/08 23:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社