ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


一眼レフ


ヨミ: イチガンレフ
掲示板をミル!
23カキコ!

一眼レフとは、カメラの構造の一種である。
ファインダーから見たをほぼそのままの状態で写真に撮することができるのが最大の特徴。


概要


一眼レフカメラとは、ファインダーを備え、1つのレンズで撮と構図決めの両方が可カメラの総称である。

一眼とはレンズが一つしかいという意味。レフとはレフレックスの略で、カメラの内部にミラーを用い、像を反射させることでファインダーに像を送っていることを意味する。レンズを通したは普段はミラーを経由してファインダーへ送られているが、シャッターボタンを押した間だけミラーが上がる事でフィルムまたは撮像素子に感する。

旧来のフィルムを使用したタイプとデジタル一眼レフカメラに大別される。
しかし現在ではフィルムタイプで生産が続けられている機種は極一部のみであり、大半はデジタル一眼レフであり、カメラは最趣味世界となっている。

一般的に一眼レフカメラと言うとレンズ交換式の印が強く、実際にもそうした製品が大多数を占めるが、飽くも本体構造による分類なのでレンズ交換の可否は一眼レフの定義に関係い。
ニコン最初期のズームレンズを搭載したニコレックス35ズーム和のコーワフレックスオリンパスレンズ交換式から撤退後に出したLシリーズなど、少数ながらレンズ固定式の一眼レフカメラも存在した。オリンパスLシリーズコンセプトには追随した会社もあり、コンパクトカメラレンズ交換式一眼レフの渡しと言う意味でブリッジカメラと呼ばれた。


歴史(フィルム一眼レフ)


一眼レフが一般に普及する前のカメラは、今よく知られている「使い捨てカメラ」とほぼ同じ形状をしている(もちろん金属なので質感は全く違う)レンジファインダーカメラ流であった。撮レンズファインダー用のレンズが別々に用意されており、どうしても同じ場所から覗くことが出来ないためファインダーから見える像と撮される像のズレ(視差)が起きることが最大の問題だった。また、レンズを交換するとファインダーも交換する必要があった。これらの問題を一気に解決したのが一眼レフである。
他に一眼レフに先んじて人気の出たレフレックスカメラとしては二眼レフのローライフレックスが挙げられる。


ライカM3の衝撃


ただ、歴史的には「一眼レフ以前」のカメラが正統で、ライカが出したライカM3が持つあまりの完成度に日本カメラメーカーになり、一眼レフに注しまくった結果、ライカをいつの間にか追い越していたというのが事実だったりする。結果として今日に到るまで、カメラ産業で日本世界トップとなった。
M3は今でも最高の名機と賞賛されるが、それだけライカレンジファインダーカメラで確固たる地位を築いていた為に一眼レフへの参入が遅れてしまう事となる。


アサヒペンタックスの登場と一眼レフの標準化


日本の一眼レフカメラ役に立つ契機となったのは学工業(現・ペンタックスリコーイメージング)のアサペンタックスである。それまで一眼レフのファインダーはおの辺りに構えたカメラを上から覗き込むウエストレベルファインダーだったが、アサペンタックスペンプリズムを内蔵し線の高さで覗くアイレベルファインダーとなった。
但しアサペンタックスペンプリズム搭載第一号ではない。最初のペンプリズム式一眼レフはツァイスイコンコンタックスSである。

その後は時代と共に技術が向上し自動露出機オートフォーカスと言った電子化が進んでいく。徐々に撮者が高い技術や知識を持ち合わせなくとも使える様に簡便になっていった。
電子化でカメラ開発、製造にはそれまでと異なる技術が用いられる事になり、それを持ち得なかった旧来のカメラメーカーは撤退を余儀くされている。


αショック


現在では当たり前となったオートフォーカスだが初期は精度や速度に難があり、また機構をレンズに内蔵しているので専用の大レンズでしか使えなかった。その為に当初の流はまだまだマニュアルフォーカスだった。
そんな折に世に衝撃を与えたのがミノルタ(現・コニカミノルタホールディングス)のα-7000である。本機はボディ内にモーターを内蔵し、レンズを選ばずにAFが使える様になった。またAF性も飛躍的に向上しており大ヒットを博した。それまでカメラメーカーとして下位に位置していたミノルタだがα-7000によりニコンキヤノンに追い着き追い越せとなるほどの勢いを得たのである。他社もAFにを取り、この事はαショックと呼ばれている。
他方でそれまでのレンズ式AFに拘ったメーカーもある。キヤノンEOSシリーズがそれである。
オリンパスはAF化の波に乗るのを失敗し、一眼レフにいて急速に存在感を失う事となった。


APS一眼レフカメラ


やがてフィルム交換がより簡易になったアドバンストフォトシステムAPS)が登場し、先んじてコンパクトカメラでは一定の存在感を発していた。
それに遅れて一眼レフでもAPSを採用した機種が発売されたが普及には到っていない。
APSフィルムそのものも2012年には全社で生産が終了している。


歴史(デジタル一眼レフ)


一方、90年代半ばにはすでにパソコンが普及しており、パソコンで表示や編集が行えるデジタルカメラの需要も高まってきた。が、開発は難航する。その理由は、「フィルムと同じサイズの撮像素子が作れない」こと。フィルムサイズは24mm×36mmと、一見そう大きくは見えないが、シリコン的にはめちゃくちゃでかいものであった。当然、でかい撮像素子を作るためにはでかいシリコンが必要で、でかいシリコンにはお金がかかるものである。

というわけで、各社小さめの撮像素子(APS-Cサイズというもののほか、それより小さいもの・大きいものも含め色々)を採用しつつ、じわじわ開発を進めることで、21世紀に入るとフィルムと同じサイズの撮像素子を実現することが出来た。めでたしめでたし

……ただし、今でもフィルムと同じサイズの撮像素子(フルサイズセンサー)を搭載した一眼レフカメラは高価である。

さて、デジタルカメラの登場によって、撮像素子が受けたをそのまま画面に投影して、画面を見ながら撮する(これをライブビューという)ことが可となり、一眼のカメラは一眼レフだけではなくなった。しかしライブビューでは撮像素子が見た電気回路で変換し画面に表示されるまでにわずかな時間を見つけてしまう(手を素く振っている様子をライブビュー画面で見るとわかりやすい)。そのため、スポーツ写真など素く動く被写体を追いかける場合に遅れを生じてしまう。暗所での撮の場合は特に処理への負担が顕著で、ライブビューの画面では非常に荒い像しか表示されなかったり、っ暗になってしまったりする場合もある。

一眼レフは事実上、現在カメラめられるおよその理想の形に最も近い構造であると言える。機もほぼ全部入りであるが、ボディの小化が困難など、いくつかの回避不可能な欠点も存在する。


デジタル一眼レフカメラ


デジイチと略して呼ばれる事もあるが、特にフィルムとの違いを前置きせずに一眼レフと呼ばれる事も多い。

時代はコンパクトカメラ現在ほどの性く、特に望遠撮めると一眼レフしか選択肢かった。その為に全お父さんにとって子供運動会では必需品であった。一家に一台一眼レフがあった時代である。

しかしデジタルカメラの進歩は著しく、依然として画質には大きな差があるもののコンパクトデジタルカメラでも望遠撮が簡単に出来る様になった。
人によってはコンデジでも充分に満足の出来る域に達しており、趣味とする人間を別にすればてほどの存在感い。また一度は一眼レフを手に取りながらも、リサイクルショップど使用されていない綺麗な状態の品が並んでいるも多い。
また新たにミラーレス一眼が登場し、特にエントリークラスの製品はミラーレス一眼によるを受ける事が予想される。

途中から動画が搭載される様になり、今ではほぼ全ての機種に備わっている。
当然ながら純動画の性に関してはビデオカメラに及ぶべくもいが、一眼レフ用の優れた交換レンズにより大きなボケが表現出来る動画は、ビデオカメラには出せない味がある。日常の記録と言うよりも趣味ジャンルとして確立しており、スタビライザーを利用した撮好する者は少なくない(『ステディカム』で検索するとその一端が垣間見える)。
キヤノンソニーからは自社の一眼レフ用の交換レンズが使えるビデオカメラが発売されている。

フィルムからデジタルに移行しメーカーが参入したが、コンデジと違い一眼レフで大きな地位を得ているのは従来のカメラメーカーである。


デジタル一眼レフの種類


中判

フルサイズよりも更に大きなイメージセンサーを搭載した機種が、時代に倣って中判デジタルカメラと呼ばれている。44×33や36×48と言ったセンサーサイズが多くての中判カメラに使われていたフィルムの大きさにはまだ及んでいない。

センサーの大きさに例した高画質が得られるがフルサイズカメラよりも更に高価であり、どちらかと言えばプロを対とした世界である。

35mmフルサイズ

イメージセンサー35mmフィルムに近いサイズの通称で一般にフルサイズと呼ばれる。

センサーサイズが大きい事で画質の面で有利な事や、画焦点距離カメラと近い感覚で使える事から、カメラ染み深い人間から高く評価される。
その反面、センサーサイズ例してボディも大きく重くなってしまう事や、デジタル一眼レフの中でも高級品に分類されるので手を出すのにハードルが高い。 

2012年にはニコンキヤノンからより小軽量な機種を含む多くの機種が発売されており、一部ではフルサイズ元年と呼ばれ今後の市場拡大が期待される。

APS-Cサイズ

センサーサイズAPSフィルムAPS-Cタイプに近い事からこう呼ばれる。
この呼び名は飽く通称であり、統一された規格ではない為に各社でセンサーサイズは異なる。

デジタル一眼レフではフルサイズよりく普及しており、今でも流はAPS-Cである。

統一された基準が必要でそれまでカメラに親しんでいる人が多い事から、レンズ焦点距離では35mm換算表記でられる事が多い(コンデジいても35mm換算~mm相当と言った表現が使われている)。
APS-Cサイズいてはレンズに表記された数字を1.5~1.6倍する事で35mm換算距離が出せる(前述の様にメーカーによってセンサーサイズが異なる為、計算に使う数字も違ってくる)。

APS-Cサイズ専用のレンズが各社から用意されており、従来のカメラでは原則として使う事が出来ない。

APS-Hサイズ

フルサイズよりも小さく、APS-Cサイズよりも大きいセンサーを持つ。
報道向けで使われており、一般用途ではど普及しておらず製品も少ない。

フォーサーズ規格

オリンパスコダックによって提唱された規格であり、センサーサイズAPS-Cより更に小さい。その為にボディやレンズをより小に出来る。

オリンパスの他に松下電器産業からもフォーサーズ規格のボディが発売されていた。
他にも規格賛同を表明したメーカーは数社あるが専用ボディを発売したのは上記の二社のみである。 


国内主要メーカーの動向



ニコン


デジタル一眼レフ市場ではキヤノンに次ぐ2位シェアを誇っており、プロフェッショナル向けからエントリークラスまで満遍く展開している。
また2機種のみながらフィルム一眼レフも生産を続けている。

ニコンではAPS-CをDXフォーマットフルサイズFXフォーマットと呼称しており、当初はデジタル一眼レフではAPS-Cサイズが最適であるとDXフォーマットのみの展開であった。2007年発売のD3で初めてFXフォーマットが導入された。

50年以上続くFマウントを採用しておりその間マウント変更をしておらず、過去レンズが全て使えると言うのを売りにしているが、旧来のレンズでは装着が可と言うだけで固有の機が使えない事も少なくなく全な互換性を有しているとは言い難い。


次へ»
最終更新日: 14/08/12 10:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ