ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


万葉線


ヨミ: マンヨウセン

万葉線とは、富山県高岡事業を営む鉄道会社、ならびに同社が運営する路線の称である。厳密には六渡寺に高岡軌道線と新湊港線に別れているが、路線案内上は万葉線で統一されており、運行系統も一体になっている。


概要


 富山地方鉄道が建設した高岡軌道線(地鉄高岡[現:高岡]口~新[現:六渡寺]口~伏木港)と射水線(新~新富山[現:富山トヨペット本社前])がルーツである。なお、高岡軌道線の方は軌法、射水線鉄道(※1)が適用されており、六渡寺で路線名が変わるのも、万葉線の事業が軌業ではなく業になっているのもこの名残である。

※1 開業当初は軌法であったが後に地方鉄道法へ変更

 このうち高岡軌道線は1959年に加越能鉄道に譲渡され、1966年富山新港建設の関係で射水線の越ノ潟~間が止された際、西側の越ノ潟~新間も譲渡され、加越能鉄道新湊港線になった。

 しかしながら射水線東西分断の代償は大きく、乗客は分断前の半分以下にまで落ち込んでしまい、加越地鉄の経営がに染まった。地鉄側は射水線で残った区間の全、加越側も高岡軌道線の口~伏木港間が廃線に追いやられている。
 その後、企業と県や沿線自治体の協が実って欠損補助対となり、残った高岡~越ノ潟間については存続ということになった。1993年に対事業者の大整理がなされた際にも残っていた。

 だが、欠損補助で持ちこたえたとはいえ経営が厳しいことには変わりなく、自社の努だけでは老朽化した設備の修費を見いだせないことから、加越能鉄道は線を止の上で、バス転換(→後の加越能バス)の意向を表明した。この存問題は長らく賛否両論の状態が続いたが、路面電車都市未来を考える会・高岡(RACDA高岡の積極的な取り組みもあり、第三セクター形式の新会社に移管の上で存続させることになった。

 こうしたこともあって、平成14年4月1日より万葉線株式会社に移管された。移管後はアイトラことMLRV1000形の導入、パーク&ライドの拡充、安全地帯修、イベント電車ラッピング電車の運転、高岡駅ビル直下へ移転させるなどして利便性向上ならびに増収に努めている。近年ではドラえもんトラムが人気を博しているとか。

 なお、名称の由来は奈良時代の和歌集「万葉集」から。高岡は大伴ゆかりの地であるが、「万葉集」には大伴持の歌が多数収録されており、編纂に関わったという説もあるため。


路線図


正式な路線名 電停名・
高岡軌道線 高岡駅停留場
末広町停留場
片原町停留場 山町筋入口
坂下停留場 高岡
急患医療センター停留場 公園西口
広小路停留場
野中学校停留場 高岡役所前
市民病院停留場
停留場
ヶ丘停留場
萩布停留場 日本オン
停留場
停留場 アルビス店前
町口停留場
新吉久停留場
吉久停留場
中伏木停留場
六渡寺
新湊港線
川口
庁舎前
新町
中新
東新
王丸
越ノ潟

関連動画


■1255679945[ニコ動]

関連商品

■azB00FVSHHSE
■azB000X12SMO

関連項目


外部リンク



最終更新日: 19/04/03 00:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ