ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


三倍アイスクリーム


ヨミ: サンバイアイスクリーム
掲示板をミル!
125カキコ!

三倍アイスクリームとは、空耳であり、弾幕である。

トランスなどの音楽で以前からネタとして存在していた「Somebody scream!!!」が「三倍アイスクリーム」と聞こえてしまうのが原因。

「何を言ってるのかわからねー」という人は、とりあえず以下のピコカキコを聞いてみると話がい。


■sm2214859[ニコ動]

タグは「三倍アイスクリーム[動]」「3倍アイスクリーム[動]」の2つに分かれているため、動画を探す際は注意が必要。
両方同時に検索したい方はこちらへ → 三倍アイスクリーム or 3倍アイスクリームでタグ検索[動]

ニコニコ動画でこの言葉が流行ったのはbeatmaniaIIDX 14 GOLDに収録されたRyu☆Second Heavenプレイ動画からであり、カウントダウンの最後に「三倍アイスクリーム」という弾幕ったのが元である。
■sm2267[ニコ動]

同じネタが使用されている曲として、同作にあるStripEFIRE FIRE、またあまり知られていないがbeatmaniaIIIに収録されていたgood-coolCyber Girlが挙げられる。
■sm316599[ニコ動]
■sm3604438[ニコ動]

またIOSYSによる東方アレンジCDにも同じネタが使用されており、そこからさらに東方ネタとした動画にも使われている。
■sm762254[ニコ動]
■sm1830823[ニコ動]

同じ東方ジャンルで言えば、物凄いシリーズの代名詞。
 ■sm12229846[ニコ動]

自動販売機の中の人ネタにも使われている。
■nm4158554[ニコ動]
  

そして現在も音ネタとして使われてたりする。
■1228291083[ニコ動]

そしてbeatmania IIDX 19 Lincleでは、そのままずばりの「三倍アイスクリーム」が登場。てか作者も認めちゃってる。[外部]
■sm15616075[ニコ動]


元ネタ


オリジンは、「Kraze」というユニットによってリリースされた「The Party」というハウスミュージックの楽曲のようだ。この曲は「Big Beat Records[外部]」というニューヨークにある音楽レーベルから1988年リリースされた。

Big Beat Recordsは22歳の若いDJ「Craig Kallman」によって1987年に作られたばかり。所在地も彼の両親所有のアパートの部屋、本作以前にはまだレコードは1作しかリリースしていないという、未熟で小さなローカルレーベルだった。(なお、同レーベルの1作は「Taravhonty」というユニットによる「Join Hands」。品番BB-0001。当時の売り上げ5千枚。)

Kallmanがある晩クラブDJとしてプレイしていたところ、「Krazeと呼ばれる青年」が「それの曲だね!」とをかけた。Kallmanが青年に「もうどこかのレーベル契約してる?」と聞いたところ、「まだだよ」という答えが返ってきた。

そこで「君と一緒に曲を作りたいな。スタジオにおいでよ」とをかけたら青年ホイホイとついてきた。「Join Hands」を聞いてBig Beat Recordsのことを知っていたらしい。そして出来たのが「The Party」である。レーベル2作、品番もBB-0002であった。

「The Party」はスマッシュヒット。最初はスーパーから借りたショッピングカートKallmanが父親から借りたトランクに載せ、近場のレコードショップに持ち込み営業していたくらいの小規模なビジネスだったが、あれよあれよという間に全ヒットした。

イギリスアイルランドフランスドイツオランダオーストラリアイタリア日本チュニジアなど外でもヒットしてオファーが舞い込み、KallmanとKrazeは共にヨーロッパに飛んでイベントをこなしたという。

世界中でハウスミュージックが盛り上がっていた時期だったことも重なって、最終的に数十万枚を売り上げた「The Party」は有名となり、定番のネタとして様々なクラブミュージックサンプリングされるようになったというわけである。

「The Party」のヒットネタとしての知名度の割に、「Kraze」のメンバーに関する情報はあまり知られていない。上のエピソードの「Krazeと呼ばれる青年」は、Reeshaというハイチミュージシャンらしい。「の曲だね!」とをかけていることからもわかるように、既に1987年に「Moonfou」という名義で「Shut Up」というハウスミュージックレコードを出していた。

ユニットとしての「Kraze」はReesha、Reeshaの二人の、Norris Burroughsという人物(彼本人の業績より、有名ミュージシャンマドンナ」の元カレとして著名らしい)の4人をメンバーとして活動していた。

Reesha(本名Richard Jean Laurent)は、「THE EARTHMAN EXPERIENCE」というユニットリードボーカルEARTHMAN」として2013年現在でもミュージシャンを続けている。THE EARTHMAN EXPERIENCE過去の「Kraze」とはかなり方向性が異なり、ハイチ出身という点と「ヒーリング」に題を置いており、音楽ジャンルは「World Music/Afrobeat/Tribal House」とされる。

「Somebody scream!」は彼、KrazeことReeshaことEARTHMANこと、Richard Jean Laurentである。THE EARTHMAN EXPERIENCEメンバーYoutubeアップロードしたこの動画[外部]で「バスケの試合見てたらEARTHMANのでSomebody scream!が流れたぜ!」と報告しているので間違いないと思われる。

なお、プロデューサーの方のCraig Kallmanはこの「The Party」のヒットを足がかりとしてBig Beat Recordsを大きく成長させた。レッド・ツェッペリンなどを輩出した有レーベルAtlantic Recordsが1990年代初頭にBig Beat Recordsを取り込んだ後にもAtlantic Recordsの管理職としてキャリアを積み、ついには2005年Atlantic RecordsのCEOにまで登りつめている。

(本項記載にはCraig Kallmanにインタビューしているウェブページ1[外部],2[外部]や、「THE EARTHMAN EXPERIENCE」のFacebookページ[外部]などを参考とした。2013年10月20日閲覧。)


関連項目



最終更新日: 18/05/19 01:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ