ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


三原山


ヨミ: ミハラヤマ

三原山とは、伊豆大島にある火山である。


概要


標高758mの活火山で、1986年に大噴火を起こし、火口から吹き上げる溶岩の映像
テレビで流れて大ニュースになった。
の住民約1万人が避難したが、ひとりの死者を出すこともなかったのは奇跡的である。
三原山のある伊豆大島東京の約120km南にある伊豆最大ので、
4~5万年前に始まった海底噴火により上に露出した伊豆大島火山の一部である。
内のカルデラは約1,500~1,700年前の数回の噴火によって形成され、
1777年~1792年の「安永の大噴火」によりできた中央火口丘が三原山である。
さらに1950年から1951年にかけて三原山で起きた噴火により三原新山が誕生した。
この三原新山が三原山の最高峰である。
山頂付近までバスで行くことが可で、火口を周る遊歩も整備されているので、
あちこちで噴火の名残や溶岩を見ることができる。
一番の見どころは直径約300350m、深さ約200mの巨大な噴火口であろう。

現在伊豆大島の人口は約8,000人、面積は約91方キロメートル
2010年日本ジオパーク認定されている。
住所は東京都大島町で、品川ナンバーのが走っている。
東京からはフェリーや高速ジェット船、また飛行機で訪れることができる。
火山興味のある人には面そうなところなので、
三原山を見物して名産品の椿油や、くさや干物お土産に買って帰るのもいいだろう。


関連動画



■sm11283009[ニコ動]

■sm18099255[ニコ動]


最終更新日: 18/03/23 14:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ