ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


三好長慶


ヨミ: ミヨシナガヨシ
掲示板をミル!
138カキコ!

「三好長慶」みよし・ながよし 1522~1564)とは、波を本拠地とする戦国時代の武将・大名であり、後に畿内をほぼ制圧し『日本の副王』とも呼ばれた有者であり、名前を『ちょうけい』と音読みされる事が多い人であり、次々に身内の不幸に見舞われてストレスマッハになり病死してしまった苦労人である。

また、達や一族臣はニコニコ大百科に記事があるのに、いつまでも単体記事が作成されなかった不遇の兄貴


概要


三好元長長男として誕生する。三好義賢安宅冬康十河一存野口で、まとめて『三好兄弟』と呼ばれる事もある。

三好元長細川晴元に仕えていたが、その望と勢を恐れた元の策謀により元長が殺されてしまう。長慶はまだ幼少(10歳)だったので、同様に殺される事なく督を継承し元に仕えることとなった。臣として記録に残るところでは12歳から和交渉や一向一揆との合戦などで活躍し始め、・元長の頃の勢を盛り返ていった。そして君である元とのすったもんだを経て、もう陪臣じゃないやいとばかりに直接幕府と交渉したり、大兵で上したらそれにビビッた元がから退去したりと、全に関係が逆転していった。当時は応仁の乱一向一揆盛で・畿内の情勢はとんでもなく混沌としており、四国波を根としていた長慶はその点でも勢を伸ばしやすかったのだろう。

そんなある日、・元長を謀殺した敵の一人である三好政長を討つ許可元にめるが、政長を信任していた空気の読めない元は、

    〃〃∩  _, ,_
     ⊂⌒( `Д´) < 政長討っちゃヤダヤダ!
       `ヽ_つ ⊂ノ
              ジタバタ

      _, ,_
     (`Д´ ∩ < 長慶も大事な臣だしケンカしちゃヤダヤダ!
     ⊂   (
       ヽ∩ つ  ジタバタ
         〃〃
              
       ∩
     ⊂⌒(  _, ,_) < 元長の事はもう忘れてくれなきゃヤダー!
       `ヽ_つ ⊂ノ
              ヒック...ヒック...

       ∩  _, ,_
     ⊂⌒(  ) <だから聞かなかったことにする
       `ヽ_つ ⊂ノ

と拒否されると、堪袋の緒が3つぐらい立て続けに切れた長慶は武起に及んだ。元には近江六角定頼が味方したが、長慶は達とともに細川六角連合軍を破り、敵政長を討ち取った。更に元と足利義晴・義を追放し、新しい君として細川氏綱を擁立してを制圧。ここに三好政権が誕生したのである。

野心に燃える人ならここで下人として幕府を滅ぼし天下統一と考えてもおかしくないのだが、そういった野心はなかったのか、将軍である足利義輝との和交渉を始めた。が、これは足利方の拒否により不首尾に終わっている。さらにまだ懲りない六角細川足利連合はへ帰還しようと合戦を仕掛けるが、長慶に迎撃命を出された皆大好きボンバーマンこと世界ギリワン松永久秀…の松永長頼により撃退される。細川足利はそれでんだのか、六角氏を前に出して本格的に和交渉をやり始め、ついに和が成立。細川晴元事実上隠居に追い込まれるものの、足利義輝将軍細川氏綱が管領、長慶は将軍直臣扱いで実権を握るという、編者も書いていて混乱しそうな状況となった。長慶はその前後から丹波・播磨方面に出兵して導権争いをしていたが、やっぱり懲りない足利義輝細川晴元アレコレと敵対してきたので、義近江朽木にまたまた追放され、この時は長慶もいい加減頭がヒットしていたのか5年間もに戻れなかった。その後、義には戻れたもののほぼ全に傀儡とし、長慶は勢を丹波・河内大和和泉・若狭・讃岐などに伸ばして強大な勢を築き上げ、室町幕府の有者の地位にあった。


長慶勢力の衰退と病死


そんなこんなで磐石っぽかった三好政権だが、猛将と呼ばれていた十河一存が急死してしまった事をきっかけにいきなり暗転し始める。三好兄弟の中でも軍事っていた一存の死により、各地で反三好が活発に動き始め、和泉では畠山氏らによる反撃が開始された。この合戦は最終的には三好勝利に終わるものの、合戦の最中にもう一人のである三好義賢まで戦死してしまう。また、この頃からギリワン松永久秀が各所で暗躍活躍し始め、二人を失った隙を埋めるように勢を拡大してしまう。長慶の不幸はまだまだ続き、2年後には嫡男義が僅か22歳で病死してしまい、さらに管領細川氏綱も同時期に病死。この頃には長慶自身はあまり表立った行動を取っておらず、既に病に冒されていたらしい。そんなこんなで心身ともにかなり参っていたところへギリワンの讒言に載せられ、最後の安宅冬康実の罪で誅殺してしまう。長慶はこの康の誅殺により全にズタボロになってしまい、その直後に病死してしまった。享年43歳。

…そこ、ギリワン計画通りとか言わない。

その他「三好長慶」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照の事。[外部]


三好兄弟とその子供達の末路


それぞれの詳細はニコニコ大百科の各個人記事(この記事を編纂してる段階で長慶以外全員の記事がある)Wikipediaを参照していただきたい。三好兄弟とその子供達の没年時の年齢を見ていくと、

…書いてて悲しくなってきた。歴史ゲー界では島津真田のぶっ飛び具合を『例の一族』と称するが、こっちはこっちでとにかく短命に定評のある一族である。ただ、三好姓全体が短命なわけではなく、敵である三好政長子供達である三好政康三好政勝兄弟は逆に長寿で有名である。叔父に当たる三好康長もかなりの高齢で没している。

…やっぱりギリワンのせいかもしれない。


三好長慶の天下人議論と長慶の立ち位置


三好長慶や三好政権の研究が盛んになるに連れ、「三好長慶は下人であった」という議論が増えてきている。識者の中には織田信長の先駆者、あるいは三英傑に準ずる評価を与える人もいる。歴史的な長慶の評価変遷としては、戦国期に近い頃は信長秀吉と同格とする史料があったものの、時代が下るに連れて評価が下がり、徳幕府が倒れた後もそのまま伸びることはなく、最近になってある程度再評価されてきた。長慶を下人と見做す点としては以下のことが挙げられる。

そして「日本王」という異名が示すとおり、存命当時においては「日本No.2」という評価があった。これは朝廷の官位にも現れていて、三好長慶の最終官位は従四位下修理大夫である。

これを他の下人べると

となる。これを見ると確かに朝廷に認められた下人達にべ、三好長慶の官位は低く見えてしまう。しかし、長慶と同じような扱いの人達が300年前にもいた。それが鎌倉幕府執権を代々引き継ぐ(鎌倉北条氏である。

少々齬はあるものの、概ね長慶と同格の人物がっている。鎌倉幕府では源頼朝の系統の死後、将軍の実権は徐々に制限され、事実執権、のちには得宗が実権を握っていった。三好長慶もまた、13代将軍である足利義輝と管領であった細川晴元らを上手くり、操ることで下の政局をある程度中におさめることができたのである。

三好長慶を下人に数えるかどうかは、未だに識者、学者の中でも意見が分かれている。しかし、たとえ下人でないにせよ、鎌倉幕府をった執権北条氏のように、から政権を一定コントロールすることはできたのである。だが、鎌倉幕府の北条氏が内管領に実権を取られ、やがて新に滅ぼされてしまったように、三好もまた、松永久秀三好三人衆が実権を握り始め、長慶が死ぬと新である織田信長に取って代わられた。長慶のいなくなった三好は散り散りになり、抵抗は見せたものの、結局江戸時代まで三好が残ることはなかった。


戦国大戦


■azB004I3W436

「私が下を掴むのだ!」

Ver1.0から他の兄弟と共に他で参戦。そこそこの足軽
計略の「混沌の匣」は、範囲内の敵の統率を下げる妨形。当初は広い範囲に統率-10とさしもの信玄も統率1に落ちるという性で大筒の競り合いに勝ちやすく、統率が低くて通常は効果時間が伸びない三好三人衆の一人岩成友通の「萎えの術」も補助でき、また統率減で三国志大戦で言う馬鹿火計と同じ混沌火等のコンボにも使用できた。

しかしVer1.1で範囲が一気に縮小、その後範囲はやや戻ったが今度は統率低下が-10から-7へ、更に効果時間短縮と散々な下方修正を食らう事になってしまった。まあ士気4であんだけ強かったのもあるけど…


関連動画



■sm3190283[ニコ動]

信長の野望で堂々のチート三好義賢十河一存ランクインである。安宅冬康ェ…


その他


信長の野望」(PCシリーズにおける三好長慶の力一覧。


次へ»
最終更新日: 20/12/05 18:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ