ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


三幻魔


ヨミ: サンゲンマ
掲示板をミル!
62カキコ!

三幻魔とは、アニメ遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」に登場する3枚のカードの総称である。そこに3体の融合体である「混沌幻魔アーミタイル」を含めることもある。


概要


デュエルアカデミアの地下に封印されていた「炎皇ウリア」、「降ハモン」、「幻魔皇ラビエル」の3枚のカード
復活すれば全てのデュエルモンスターズの生気を吸い取り、所有者には永遠の命をもたらすと言われる。

その見たや効果は三幻神イメージしている。カードフレーム三幻神同様、特別な色になっている。また、テキストも通常とは異なる特殊な文字で書かれている。

デュエルアカデミア理事長、影丸がセブンスターズを使い、このカードを狙う。そもそも、デュエルアカデミアそのものが、影丸の三幻魔復活のために設立されたものだった。
そして三幻魔の封印を解いた影丸は3体を次々と召喚、そのを以ってデュエルモンスターズ精霊を吸収、自らを若返らせるというとんでもないを発揮した。それによりデュエルを行っている十代のモンスターを除く全てのモンスターの生気を吸収しており、「おジャマイエロー」も実際に衰弱していた。
だが、大徳寺の遺した「賢者の石-サバティエル」によって三幻魔を破られ敗北デュエルモンスターズは解放され、その後は再び封印されていた。

だが、その後マルタン(ユベル)が再びこのカードを復活させる。
ヨハン、十代を相手にしたデュエルでは「ファントムオブカオス」(アニメ版)の効果で墓地の三幻魔のを得て2人を圧倒、さらに「暗の召喚」の効果で条件で(召喚制限と生制限を視して)特殊召喚。さらに2人を追い詰めようとするが、2人もそれぞれ「究極宝玉神 レインボー・ドラゴン」、「E・HERO カオスネオス」で対抗した。
だが、マルタンは「次元融合殺」の効果で3体を除外することで「混沌幻魔アーミタイル」を特殊召喚。そので決着をつけようとするが、ヨハンの「プリズム・ウォール」に妨され十代との決着はわなかった。

ヨハンの体を乗っ取ってのVSアモン・ガラム戦でも登場。こちらでは本来の召喚条件を満たして3体を特殊召喚。前回同様「次元融合殺」で「混沌幻魔アーミタイル」を特殊召喚し、その効果でアモンの「究極封印神エクゾディオス」を除外した。だが、「の王」によって対処されてしまったために、あまり活躍できなかった。

それ以降の登場はいため、三幻魔がどうなったかは不明。ユベル超融合融合召喚するための素材として選んだモンスターの中に「幻魔皇ラビエル」が存在したため、VSアモン戦以降もユベルが三幻魔を所持し続けていたようだが、そのユベルが十代と「超融合」し、その後一切このカードについて触れられていないため、行方知れずとなっている。
その後三幻魔に関して騒ぎにはなっていないので、十代によって回収され再度封印されたか、異次元に置いてけぼりを食らったと思われる。


神炎皇ウリア


 モチーフとなったのは「オシリスの天空竜」。カードの枚数によって攻撃が決定する点などはオシリスと類似する。また、を封殺するその効果はオシリスの召弾をイメージしたものだろうか。

十代VS影丸戦でのは以下のようになると思われる。

VS影丸戦ではセットされたカード融合失敗」、「罰ゲーム!」、「邪神像」を墓地に送ることで特殊召喚。召喚時は炎柱から現れた。
そのセットされた十代の「異次元トンネルミラーゲート-」を破壊。さらに生効果を駆使して何度もりながら攻撃を上げて十代のモンスターを倒していくが、「クリボーを呼ぶ」で呼び出されたクリボーハネクリボー」によって耐えられるなど、なかなか決定打を与えられなかった。

その後、「E・HERO バブルマンネオ」を攻撃するが、「バブルイリュージョン」の効果によって発動された「ヒーローズルール1 ファイブ・フリーダムス」の効果によって墓地カードを除外され、攻撃が0となったことで返り討ちにされた。

ハモンの復活後、手札のカードコストに再び復活。「幻魔の殉教者」のコストカード墓地に送って攻撃を上昇させた。その後は「融合解除」で特殊召喚された「E・HERO スパークマン」を戦闘破壊するなどしていたが、あまり活躍はかった。一応、その後はデュエル終了時までフィールドに残り続けている。

攻撃名は「ハイパーブレイズ」、破壊効果の効果名は「トラップディストラクション」。3体の中で一攻撃・効果名が英語である。なぜこうなったかは影丸にくしかない。


その後再び封印されたが、マルタン(ユベル)によってまたしても復活。
カオスコア」で墓地に送られた後、「暗の召喚」で特殊召喚され、十代の場にセットされた「ダミー・マーカー」を破壊したが、「ダミー・マーカー」は破壊されることで効果を発動するものであったため、十代にドローを許してしまった。さらには特殊召喚されたとき、他の2体が攻撃4000であるのにウリアだけ1000という散々な状態だった。
その後「E・HERO カオスネオス」に戦闘破壊されるが、「不滅階級」によって復活し、「次元融合殺」の効果で除外された。

ユベルによって復活されてからは、カード効果が若干変更され、後述するOCG版効果にあわせたものとなっている。ただ、「暗の召喚」での特殊召喚など、OCGでは不可能プレイングも見られるため、全にOCGと同じになったというわけではないようだ。

ヨハンユベルVSアモン戦で再び登場。
召喚条件がOCGと同じもの(表側表示の3枚)に変更されており、永続デルタ・バリア」で高速で3枚の永続え、それらをコストに特殊召喚された。墓地の永続に応じて攻撃が上昇するよう変更され、攻撃3000となっている。
このときはセットされた魔法も破壊できるようになっていたため、「エターナルリバース」でセット状態に戻された「強者の苦痛」を破壊した。それでも効果名は「トラップディストラクション」。
最終的に「次元融合殺」の効果で除外された。


カード名の由来は四大天使の1人、ウリエルだと思われる。
また、ウリエルの名は「の炎」を意味する。このカードの「炎皇」もそこから採られたのだろう。


降雷皇ハモン


モチーフとなったのは「ラーの翼神竜」。面であまり元の面影は感じない。

十代VS影丸戦でのは以下のようになると思われる。

VS影丸戦ではセットされた魔法カード「死者転生」、「早すぎた埋葬」、「深淵の名者」を墓地に送ることで特殊召喚。召喚時は氷柱から現れた。
十代の「E・HERO テンペスター」、「フレンドッグ」を破壊し、十代に効果ダメージを与えた。だが、「E・HERO バブルマンネオ」と「バブルショット」のコンボによって破壊されてしまう(バブルマンコンボ)。バブルマンネオの攻撃に押し切られるハモンの姿はなんとも格好悪い。
出た!アニキバブルマンコンボだ!」

その後、「復活の生け贄」の効果で十代の「E・HERO バブルマンネオ」を破壊しつつこのカードを守備表示で復活させた。直後の十代のターンに「E・HERO シャイニングフレアウィングマン」の攻撃を受け破壊されたが、自身の効果でシャイニングフレアウィングマンの効果ダメージを防いだ。

攻撃名は「失楽の霹靂」(しつらくのへきれき)、ダメージ効果の効果名は「地獄贖罪」(じごくのしょくざい)。


異世界での十代&ヨハン(途中参加)VSマルタン(ユベル)戦で久々の登場。
カオスコア」の効果で墓地に送られた後、「ファントムオブカオス」の効果でこのカードコピーし、「E・HERO スパークマン」を戦闘破壊する。「ファントムオブカオス」のデメリットにより戦闘ダメージこそ与えられなかったが、効果ダメージを与えた。

その後、「暗の召喚」の効果で特殊召喚。最終的に「次元融合殺」の効果で除外された。

このデュエルから、OCGにあわせて若干効果が変更されているが、OCGとまったく同じというわけではない。

ヨハンユベルVSアモン戦でも登場。
OCGと同じ召喚条件(永続魔法3枚)に変更されており、ユベルは永続魔法トライアングルフォース」で一気に3枚の永続魔法え、先攻1ターンからこのカードを特殊召喚した。アモンの「強者の苦痛」によって攻撃を下げられ、「究極封印神エクゾディオス」の攻撃を受けるが、「デルタ・バリア」で防いだ。
その後、「強者の苦痛」が消えたことで攻撃の戻ったこのカードで「究極封印神エクゾディオス」を攻撃。破壊はできなかったが、戦闘ダメージを与えた。
最終的に「次元融合殺」の効果で除外された。


カードの由来はユダヤ教天使の一人、ラミエルと、ソロモン72柱の一つであるアモンだと思われる。
ラミエルの名は「霆」を意味し、「降皇」もそこから採られたのだろう。また、アモンエジプトの最高「アメン・ラー」と同一とされているため、「ラーの翼神竜」をモチーフとするこのカードにはあった名前だろう。


幻魔皇ラビエル


モチーフとなったのは「オベリスクの巨神兵」。2体のモンスターを生け贄に攻撃する部分はオベリスクと似ている。もっとも、モンスターを生け贄にその攻守を自身に加える効果は「ラーの翼神竜」が持つものなのだが。

十代VS影丸戦でのは以下のようになると思われる。

VS影丸戦では「幻魔の殉教者」で特殊召喚された「幻魔の殉教者トークン」3体を生け贄に召喚されフィールドに3体の幻魔がった。デュエルモンスターズの生気を吸収し、「カオス・ソルジャー -開闢の使者-」や「カイザーシーホース」などを真っ白にしたほか、「おジャマイエロー」をだけにした。

十代の場に「E・HERO フレイム・ウィングマン」、「E・HERO シャイニングフレアウィングマン」が融合召喚されたことで効果を発動、幻魔トークンが2体特殊召喚された。その後、そのトークン2体を生け贄に効果を発動し、シャイニングフレアウィングマンを攻撃しようとするが、「賢者の石-サバティエル」で思い描いた「融合解除」によって融合を解除されたため(アニメ版は融合召喚以外でもフレイムウィングマンが特殊召喚できた)、対を守備表示のフレイムウィングマンに変更して攻撃を続行、戦闘破壊した。


次へ»
最終更新日: 17/05/17 00:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ