ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


三浦弘行


ヨミ: ミウラヒロユキ
掲示板をミル!
622カキコ!

三浦弘行みうら ひろゆき)とは、将棋棋士である。1974年2月13日生まれ。群馬県出身。西村一義九段門下。棋士番号204


棋歴


1992年18歳で四段昇段(プロデビュー)。1995年棋聖戦タイトル初挑戦。このときは羽生善治に3連敗で敗れたが、翌年の棋聖戦でもタイトル挑戦。当時七冠だった羽生を3勝2敗で破り、初タイトル棋聖を獲得。同年の将棋大賞の殊勲賞を受賞した。2001年にはA級順位戦に昇級し、八段に昇段。2002年NHK杯優勝2015年将棋日本シリーズで13年ぶりの棋戦優勝を果たす。

2013年第2回電王戦に出場。第5局でGPS将棋と対局。疑問手が見つからないまま、東大が生んだモンスターマシーンの前に敗れた。


棋風・人物


居飛車党。24時間将棋のことを考えていた時期もあるほど将棋に対して非常に摯で、寡黙な性格、独自の戦略をつくり上げることから“武蔵”の異名を持つ。矢倉システムなど研究が必要とされる戦法を得意とする。一方で、研究手順を明かしたくないのか、感想戦でだんまりを決め込み、対局相手を怒らせたことも。藤井システムに対抗するための新しい囲いを創案し、2000年度の升田幸三賞を受賞した。

将棋解説の際も訥で寡黙なのだが、ニコニコ生放送出演時は少々違って、

等はっちゃけており、そういう姿を見たことのない複数の棋士に「三浦さんってあんな人でしたっけ?」と言われる始末である。

同じ群馬県出身の棋士藤井猛とは兄弟子の関係であり、奨励会時代はずっと将棋し続け、現在はお互いをトークネタにしあうほど仲が良い。また、屋敷伸之とは棋聖戦で対局して以来の研究仲間である。

好きな飲み物はゼナ。和服での対局で、巾着袋(普通小物や鍵などを入れる)からゼナを取り出して飲み、対局相手の羽生も思わず失笑

将棋摯過ぎて異性との付き合いは縁遠いのかと思われたのだが、「2014年17歳年下の女性結婚していた」ことが2015年7月報道され、将棋界に衝撃が走った(村山慈明に「叡王戦うされました」事件の原因扱いされている)。当然ながら、報道後に初めてニコニコ生放送での解説番組に出演した際には、登場時のコメント弾幕状態、視聴者からのメールはほぼその話だったため、将棋の質問だったときには当人もホッとしていた有様であった。なお、結婚生活はいろいろ慢している模様。


ソフト指し疑惑冤罪事件



発端


2016年、第29期竜王戦。1組3位から挑戦者決定戦まで勝ち進んだ三浦は、丸山忠久を2勝1敗で破り渡辺明竜王への挑戦権を獲得する。三浦順位戦でもA級に返り咲き、苦手としている渡辺を直近の順位戦で撃破するなど、研究の大家として知られる両雄による熱いタイトル戦が期待された。されていた……。

2016年10月12日竜王戦第1局開催を3日後に控えた将棋界に、震が走る。

三浦弘行九段、竜王戦不出場。繰り上がりで丸山忠久九段が出場[外部]

(;゚ Д゚)!?!?

三浦九段は竜王戦不出場、休場届も未提出のためペナルティとして2016年12月31日まで出場停止。第29期竜王戦の挑戦者は繰り上がりで丸山九段」。すべての将棋関係者が、ファンを疑ったニュースであった。そして、その不出場に至った経緯が連盟より記者会見リリースされる。

というものであった。事件に対して数多の憶測・流言が飛び交い続ける中、10月27日将棋連盟「第三者調査委員会」を設置[外部]。元検事総長の但木敬一を委員長に据え、事態への対処を試みた。


第三者調査委員会の調査結果


出場停止期間も終わりに近づいた12月26日。第三者委員会より連盟に対して報告書が提出され、同日15時より記者会見が行なわれた。第三者委員会の報告概要は以下の通り。

との見解が示された。


本人による記者会見


第三者委員会の記者会見が行なわれた翌日、三浦本人による記者会見が行なわれた。

会見の冒頭では、「そもそも疑惑はなかった。また理事が監視していたにも関わらず、不審な点がなかった。それな竜王戦七番勝負に出場させれば良いのでは。出場できなかったのは本当に残念」と悔しさを露わにした。また、出場停止明けに予定されていたYAMADAこども将棋大会・上州将棋祭りへの出演を本人の承諾なしに勝手に連盟側がキャンセルしていたことを明かした。

そして、「竜王戦への挑戦は難しいでしょうが、元の状態に戻してほしい」と訴えたうえで、「一刻もく騒動が落ち着いて、結果が残せるように頑りたい」と今の心った将棋の三浦九段が会見「元の状態に戻してほしい」[外部]


その後


2017年1月19日将棋連盟会長谷川浩司、常務理事の島朗が辞任した。

2月7日三浦の独占インタビュー記事が開された「どうしても言いたいことがある」 三浦九段が初めて語った騒動の内幕[外部]。連盟の処分について疑問点と不当性を訴えたうえで、丸山を筆頭に初めから三浦を信じていた人たちに感謝の思いをった。また、谷川浩司から手紙を受け取ったことで「怒りの感情みたいなものが少し収まった」ことを明かした。一方で、三浦将棋界を苦しめた一部のメディアと一部の棋士、さらに特定の観戦記者に対して強く非難した。連盟に対しては「私を含めた他の棋士たちも気持ちよくせる状況づくりに心血を注いでほしい」とった。

同日、三浦への記者によるインタビューが行われ、その模様が将棋プレミアムで配信された。


復帰


2月13日竜王戦1組ランキング戦1回戦、羽生善治戦で4ヵぶりの復帰を果たした。三浦の意向により対局前のボディチェックが行なわれる予定であったが、対等な条件で戦いたいという羽生の申し出により、両者にボディチェックが行なわれた。対局はニコニコ生放送で生中継され、午前中のアンケート「どちらを応援していますか?」では三浦の支持率が羽生の支持率を上回るという異例の結果となった。一時、形勢は三浦有望と見られていたが、難解な終盤戦を制した羽生に軍配が上がった。

4月14日銀河戦の対局で復帰後5局にして復帰後初勝利を挙げた。

4月23日、第62回天まつり人間将棋に対局者として登場した。対局相手は子の阿部健治郎、解説者は兄弟子の藤井猛で、同門ならではの掛け合いで会場を沸かせた。


和解


5月24日、一連の騒動について日本将棋連盟と和解合意したと発表した。な内容は以下の通り。


関連動画



■sm4938624[ニコ動]

■sm24799605[ニコ動]
■sm24513651[ニコ動]
■sm23605068[ニコ動]


第2回電王戦


■1355512456[ニコ動]
■1366705758[ニコ動]
■sm22707086[ニコ動]


関連商品


■az4839957657
■az4839951942
■az4819703714
■az483990393X


関連項目



外部リンク



最終更新日: 18/02/05 20:02
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ