ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


上毛かるた


ヨミ: ジョウモウカルタ
掲示板をミル!
45カキコ!
加筆者募集

全ての札の説明が十分に行えません。
どの札でも良いのでご存知の方は助けてください。 

上毛かるたとは、群馬県内で行われるカルタ遊び、または競技である。

※以下、県・県内・県民などと示すのはすべて群馬のことである。

ページリンク概要 あ~お か~こ さ~そ た~と な~の は~ほ ま~も や~よ ら~わ

概要


1947年に郷土を育むために作られた郷土かるた。
上毛とは群馬県の昔の地名から命名されており、「じょうもう」または「かみつけ」と読む。
今回の場合は「じょうもう」が使われている。

毎年2月に上毛かるた競技県大会が行われており、予選会に多くの小学生(半ば強制的に)参加するため、県民・県出身者であれば存在を知っており、読み札を璧に言える人も多い。

このため、群馬県民にとってカルタは、まず上毛かるたのことをすがほとんどである。そのため百人一首はともかく、いろはかるたで遊んだ経験がなかったり、いろはかるたの札の名前を知らない人も多い。

カルタ競技は1vs1の個人戦と3vs3の団体戦がある。

基本ルールの他に地方限定や仲間内限定のルールに役札の新設)もあったりする。

例えば・・・


作成経緯


上毛かるたが作成されるに至った経緯としては、第二次世界大戦による敗戦後連合国軍最高司令官総司令部(通称GHQ)の政策が関係している。

GHQ日本の以前の思想・思考を危険視しており、国家神道止を中心に様々な政策を行っていった。
当時は大幅に歴史の授業は規制され、教科書で記述に問題があるとされた部分を汁で塗りさせたという話は印深いのではないだろうか。

こうした規制により、日本の伝統・文化が失われることを危惧した浦野らは、上毛かるたの制作にとりかかった。
そして上毛かるたは1947年に完成、1948年からは毎年上毛かるた競技県大会が行われることとなった。

当時の印刷物は全てGHQを通されたため、小栗上野介など何名かの人物は不採用となってしまった。「ら」の札は、こうしたGHQへの反抗の意思が込められており、「不採用となった人々の札をいずれは復活させたい」という思いを込められて作ったそうだ。

GHQからの支配自体は1952年サンフランシスコ講和条約によりほぼ開放されたが、
その後に上毛かるたの内容が変更されることはなかった。
根付いてしまったものを変えることためらう、日本人の気質が出ているのかもしれない。


基本ルール


じゃんけん等に勝った側が「あ」~「わ」までの44枚の札をよく切って二分割し、
負けたがわがどちらかを選ぶ。

個人戦の場合は3段、団体戦の場合は2段に分けて均的になるように並べる。
開始後3分以内に札を配置し、位置を記憶する。(並べ替えは一分前まで可

最初の一回は必ず「つ」の札を2回読み上げる事となっており、
それが試合開始の合図となる。

その後は読み手が読み札を2回ずつ読み上げ、いちく札を手にした者が獲得となる。

すべて読み上げた時点で点数を計算し、後述の役札を計算に入れて合計点が高い側の勝利となる。
(※ 役札は団体戦のみ)

同点の場合は「つ」の札を持っている側が勝利となる。


役札について



5市札


太田市高崎市伊勢崎市桐生前橋市都市都市を表す札。
「お」、「か」、「め」、「き」、「け」の5枚をえることで20点となる。


3山札


赤城山、妙義山、榛名山の3大山を表す札。
「す」、「も」、「の」の3枚をえることで10点となる。


親札


群馬県の形、群馬県の人口、群馬県所在地を表す札。
「つ」、「ち」、「け」の3枚をえることで10点となる。
何故か小学生以下の大会の場合は適用されない。


札の詳細


ページリンク概要 あ~お か~こ さ~そ た~と な~の は~ほ ま~も や~よ ら~わ

あ 浅間のいたずら 鬼の押出し(アサマノイタズラ オニノオシダシ)


西部にある浅間山(山頂は長野県)から噴出した火山岩がたくさんあり、噴火のや威を感じることができる場所。
浅間山は現在も度々噴火する活火山であるため、緊急時に逃げ込むためのシェルター押し出し園の各地に存在する。


い 伊香保温泉 日本の名湯(イカホオンセン ニホンノメイトウ)


県中央部にある榛名山(関連札:の)の中ほどにある温泉地。
渋川(旧・香保町)に位置する。
TV番組で取り上げられることもあり、中でも石段は有名スポットである。


う 碓氷峠の関所跡(ウスイトウゲノ セキショアト)


江戸を結ぶ街道の1つである中山道(関連札:か、な)の途中、長野県との県にあった関所。
デパートスーパーで開催される駅弁大会の常連である「峠の釜めし」のとは碓氷峠のことで、横軽と呼ばれ交通の要所であり難所だった。
今は北陸新幹線スイスイ


え 縁起だるまの少林山(エンギダルマノ ショウリンザン)


高崎市にある少山達磨寺のことで、開運の置物である福だるま発祥の地である。
飢饉で農民が困っていたときに副業になるようにと当時の和尚さんが教えたのが始まり。
1月7日には七草大祭だるまが開催され、多くの人で賑わう。


お 太田金山 子育て吞龍(オオタカナヤマ コソダテドンリュウ)


役札である「5札」のひとつ、太田市の札。

太田金山太田市にある山のことで太田金山新田金山とも)があった。
この麓にあるのが上人が開山の大院である。
上人は親のいない子供を育てたことから子育とも呼ばれている。

ページリンク概要 あ~お か~こ さ~そ た~と な~の は~ほ ま~も や~よ ら~わ

か  関東と信越つなぐ 高崎市(カントウトシンエツツナグ タカサキシ)


役札である「5札」のひとつ、高崎市の札。

県南西部にある高崎市は、昔は中山道やそこから分岐して越後へ向かう三街道が通り、現在在来線新幹線ともに群馬県内の鉄道拠点となっている。
経済的な 面からいえば県内で最も発展している都市であると言え、交通のみならず県の産業・雇用・人口など重要な地位を占めている。
歴史的にも高崎が建てられる等、重要な都市であった。
平成の大合併で多くの町村を取り込み、県内人口1位になった。

また、現在県庁所在地前橋市であるが、元々は高崎市県庁所在地であり、前橋に移ったり戻ったりを繰り返して最終的に前橋市県庁所在地となった。


き 桐生は日本の 機どころ(キリュウハニホンノ ハタドコロ)


役札である「5札」のひとつ、桐生の札。

県東部にある桐生は織物で栄えたである。
桐生織は京都の西織と並ぶブランド織物である。
生糸の名産地で原材料の調達が他県の地域よりも容易だった。
桐生競艇甲子園で優勝経験もあり、(良いことでも悪いことでも)何かとお騒がせな桐生第一高校があることでも知られる。


く 草津よいとこ 薬の温泉(クサヅヨイトコ クスリノイデユ)


近くに活火山である根山があることから高温で温泉が湧いている。
その湯を冷ますために湯があり、温泉の中心でありシンボルともなっているほか、大きめので湯をかき回す湯揉みが行われる場合もある。
温度だけならず様々な効があり、昔から温泉療法として湯治が行われている。
同名の滋賀県草津とは友好都市提携。

草津の本来の読みは「クサツ」だが、地元の訛りが「クサヅ」なため、この表記となる。


け 県都前橋 生糸の市(ケントマエバシ イトノマチ)


役札である「5札」のひとつ、前橋市の札。
役札である「親札」のひとつ。

昔は厩ウマヤバシ)と呼ばれた。現在群馬県県庁所在地
国分寺前橋、県庁と時代を問わず県政の中心で有り続けている。
人口30万人をえる中核地方都市であるが、高崎市には交通の便で劣るため経済面では第2位都市である。

競輪などで使われるグリーンドームザスパクサツ群馬ホームである正田醬油スタジアム、県営敷球場群馬アリーナ武道館利根川沿いにスポーツ施設がっている。


こ 心の灯台 内村鑑三(ココロノトウダイ ウチムラカンゾウ)


黄色後光が特徴的なおじさん
明治~大正に活躍した思想キリスト教者・文学者。
高崎士・内村宜之の長男として生まれる。教育勅語教育の根幹についての天皇陛下からの言葉・文書)に最敬礼しなかった「不敬事件」が有名。

少年時代高崎市で過ごした人物で、上毛かるたの中では特に有名な偉人である。

ページリンク概要 あ~お か~こ さ~そ た~と な~の は~ほ ま~も や~よ ら~わ

さ 三波石と共に名高い 冬桜(サンバセキトトモニナダカイ フユザクラ)


三波石は青色または緑色の石で日本庭園をつくるのには欠かせない。
中央構造線沿いに広く分布するが、石町(現・藤岡石町)の三波で取れたものが 最初に研究されたのでこの名前が付いた。
は同じく藤岡内にある公園の名物である。
見ごろは11月中旬~12月中旬で多くの見物客で賑わう。


し しのぶ毛の国 二子塚(シノブケノクニ フタゴヅカ)


毛のというのは群馬県栃木県のことである。
その昔、群馬県上毛(かみつけ)、栃木県は下毛(しもつけ)と呼ばれた。
栃木エロイわけではない。

二子塚とは2つの山が存在する古墳、つまり前方後円墳す。
県内には8000にも及ぶ古墳が存在するが、特定古墳しているわけではない。


す 裾野は長し 赤城山(スソノハナガシ アカギヤマ)


役札である「3山札」のひとつ、赤城山の札。

赤城山は中央部から少し東に位置する休火山である。
大沼小沼があり、には面に氷がワカサギ釣りで賑わう。
歴史的には、剣豪武術修行地、徳川埋蔵金の在りかとしても知られる。
県出身の糸井重里さんとTBSが協して捜索したが見つからなかったのでめて探しても時間の無駄だろう。


せ 仙境尾瀬沼 花の原(センキョウオゼヌマ ハナノハラ)


県北東部、福島県新潟県との県付近に尾瀬国立公園は位置する。
多くのが存在し、至山など周りの山々も含め訪れる観光客も多い。
尾瀬は県の名所であるだけでなく、生態系保全などの環境問題を防ぐ活動のシンボルともなっている。
の進入が尾瀬手前ので禁止されるため、尾瀬ヶ原や沼に着くまでにも歩く必要がある。


次へ»
最終更新日: 19/02/16 14:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ