ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


下野市


ヨミ: シモツケシ
掲示板をミル!
1カキコ!

下野市(しもつけ - し)とは、栃木県内にある町の一つである。


概要


下野市は、2006年1月10日にそれまでの下都賀石橋町、国分寺町、河内南河内町の3町が合併し誕生した。しもではないし、げやでもない。

「下野市」という名称は市民募によって決定したもので、栃木県旧国名である「下野しもつけのくに)」から取ったもの。歴史的にも政治的な中心地になったことがあったため、この名前に決定した。ちなみに、その当時集まった応募作品はこちら[外部]PDF)。また、章は「下」という文字なんやかんや図案して作成されたもの。こちらも募で決定した。(画像右下)

位置は県庁所在地である宇都宮市のすぐ南にあり、北には北関東自動車道が走り(といってもICはない)、南北にJR宇都宮線が走っており、内に3存在している(下り方面順に小金井、自治医大、石橋。いずれも各駅停車、各種快速は全て停まる)。都心からは快速なら70分ほどで到着する。なお、新幹線も縦断しているが内には新幹線が停するはない。
また、小金井駅北側には「JR東日本 小山車両センター」があるためか、小金井止まりの列車が、特に深夜近くなると多くなる。

[画像を見る]

的には、年均気温が約14℃、年均降量が約1,300mmで、は気温が高く湿度も高い「蒸し暑い気」、は気温は低く燥していて、やや内陸性を帯びた温暖な気である。積はほぼない。
古来から開けた坦な土地が広がり、自然災害も少ない。また、栃木県定する「土砂災害区域」に定されていない3つの町の1つである。このおかげか、最近はちょっと前までだった土地にバンバン一軒やらアパートやらが建ちまくっている。

歴史的には、旧石器時代から人が住んだ跡があり、6~7世紀には有族が現れ大きな古墳が築造されたらしい。また、天皇時代には下野薬師寺が、8世紀の聖武天皇のころには詔によって「国分寺国分尼寺」が建立され、下野の中心地として結構栄えていたらしい。
江戸時代には、五街道の一つ「日光街道」の宿場町(小金井宿・石橋宿)を軸として繁栄し、明治以降の国鉄整備に引き継がれて物流の要として発展してきたらしい。

こんな歴史から、非常に重要な文化財が出土することも多く、特に古墳時代や下野薬師寺、国分寺国分尼寺に関するものや史跡が多く残されている。中世の頃も、小山氏と宇都宮氏の間で挟み状態にあったためか、児山城などの館も数多く作られてきた。江戸時代以降でも、前述したとおり重要な場所であり、徳将軍日光参拝の時には休息所も設けられていたため、近世の文化財も多いらしい。

産業的には、かんぴょうの生産量全1位を誇っている。他にはウコンほうれん草タマネギが挙げられるらしい。工業もソニーとかグンゼとかアサヒビールがあるが、規模縮小の波によりそれほどでもない。

その他、壬生町にある協医科大学病院と自治医科大学を有し、医療関係にはかなり強い。

ちなみに、声優下野紘が、友人のヒャダインと共にDVD企画でこのを訪れている。


交通



鉄道


駅長はこの3全てを一括して担当している。しいケースらしい。

いずれの各駅停車快速通勤快速が停まる。
また、小金井駅自治医大駅は「休日おでかけパス」 の対石橋駅は対外。


道路



旧町ごとの紹介



旧 石橋町エリア


1954年11月、当時の姿村と石橋村が合併して誕生した町。下野市の中で言うと北に位置している。読み方は「いしばし」。

宇都宮と隣同士なこともあってか、他の2つの旧町とは生活圏が若干異なる。石橋町は宇都宮都市圏になるらしい。警察下野警察署:旧 石橋警察署)・消防の本部が置かれている。

1975年に当時ドイツにあった町「シュタイブリュッケン」という町の名前が日本語に訳すと「石橋」になることから姉妹都市を結ぶ。その後、石橋町は「グリムの里」として積極的な町おこしを展開、前を再開発し、おしゃれなからくり時計を設置し、グリムグリムの館という施設も建設した。ついでにマンホールグリムの里にふさわしいデザインとなっている。現在は、石橋町もシュタイブリュッケンもどちらも周辺の町と合併(シュタイブリュッケンは、「ディーツヘルタール」となる)したが、今現在もなお交換留学生を送る事業などを通して交流を続けている。このこともあり、石橋町時代から現在に至るまでドイツ人の職員がいる。

人やスポーツ選手の中で割と有名人が多く出ているのも特徴。


旧 国分寺町エリア


古来より、国分寺国分尼寺が建立されていたことからかなり重要な場所とされてきた。現在まで残る史跡も多く、国道4号線沿いにある「小金井一里塚」という現在まで残っているのがしい史跡が残っている。
1954年4月1日国分寺村が町制施行し国分寺小金井町に。その後同年同29日に国分寺町(こくぶんじ - まち)へと称された。下野市の中で言うと南の西半分に位置する。こちらは小山都市圏に属するらしい。

合併以来長らく旧国分寺町役場を下野市の本庁舎として稼働させていたが、2016年5月6日から自治医大駅から徒歩30辺りの場所で新しい役所を供用開始した。旧町の界線の関係で、自治医大駅小金井駅はこちらのエリアに所属している。自治医大駅は東口側が後述の通り積極的に整備されているのに対し、西口は長らく小さなロータリーがあるのみとなっていたが、新役所建設に伴って歩が整備されたほか遺跡調で発掘された土偶を模した石像が設置されるなどの整備がなされた。

旧町時代に香川県国分寺町と姉妹都市を結んでおり、香川県国分寺町が高松市に編入された今もなお、交流は続いている。


旧 南河内町エリア


1955年4月29日吉田村と薬師寺村が合併し南河内村へ。その後、1971年4月1日の町制施行により南河内町(みなみかわち - まち)が誕生した。下野市の中で言うと南の東半分に位置する。こちらも小山都市圏に属するらしい。

こちらは河内の所属で、合併直後は政の選挙区が異なっていることもあった。今は問題が解消している。

このエリアは昔から医療に関するものが建てられたりしている。天皇の時代には下野薬師寺が建立されており、1972年には自治医科大学が開学している。最寄りである自治医大駅の由来はもちろんこの大学から(補には「薬師」もあったらしいが、当時の県知事の意向により決定した。当時は国鉄としては初の地名でない名だったとか)。が開業したことや大学が開学したことにより、ニュータウン開発が盛んに進められたため、開発の中心となった東口はかなり綺麗に整備され、住宅や商店もかなり多い。ちなみに、このローマ字表記は長いこと「Jichiidai」であったが、2017年3月1日駅名標リニューアルに伴い、「Jichi Medical University」に変更された。なお、電車内のLEDの行き先表示は「Jichiidai」のままである。

国道4号線バイパスが通っており、この道路沿いには「道の駅しもつけ」がある。立地のおかげもあってか利用客数も多く、休日には駐車場パンクすることもしばしば。この問題の解消、さらなる施設の充実をし増築が検討されている。


名所・史跡・その他施設



下野市役所


10周年という記念すべき年に建設された新しい庁舎。ガラスりの3階建てで、免震構造になっている。1階や2階は各課の窓口市長室が設置され、3階には議会室や展望テラスが設置されている。各種選挙期間中は、庁内に第1選挙区および期日前投票所が設置される。

役所内にはソフトバンクが開発したAIを搭載するロボットPepper」が開庁時間中に稼働している。なお、Pepperは下野市の「シティプロモーション特命課長」という役職が与えられている。


グリムの森・グリムの館


[画像を見る]ドイツのシュタイブリュッケン町(現:ディーツヘルタール)と姉妹都市を結んだことによる町おこしの一環として生まれた施設。木々に囲まれた公園グリム」の中に、多ホール図書館カフェショップギャラリーが備えられている「グリムの館」が建てられている。

グリムの館は、ドイツのレッチンゲン庁舎をイメージして作られており、外煉瓦屋根瓦にドイツ製のものを使うほどのこだわりよう。室内は、小さいながらもグリム童話ドイツにまつわる展示物がある。図書館はもちろんグリム童話の絵本が多い。ギャラリーは不定期に絵画の展示が行われており、内在住・在勤、活動拠点とする団体が使用できる。グリムは地元の小学生からはクワガタカブトムシが採れる場所として有名。

その独特な外観や世界観から、コスプレの撮影やイベントに使用されることも多くなっている。コスプレイヤーアーカイブの行きつけ登録者が400人をえているのでなかなかの場である。が、から徒歩15分くらいかかるので徒歩で来るときは根気がいるかもしれない。

ここ最近では、イルミネーションをやっている。なかなか見ごたえのあるものになっている。

ちなみに、公式サイトドイツ語にも対応している。


石橋駅 からくり時計


石橋駅西口ロータリーに設置されているからくり時計。こちらも、グリムの里の町おこしの一環。決められた時刻(8時、12時17時)に、音楽に合わせてからくり時計が作動する仕組み。


道の駅 しもつけ


[画像を見る]2011年3月26日オープンした道の駅。24時間使用可トイレ、大40台駐駐車場、直売物産加工施設、レストラン、多くの軽食コーナー、その他体験施設などが備されている。

国道4号線沿いにあるため利用者数が多く、開業以来、年間250万人にのぼる。これは、県内1位の記録を叩き出している。初年度売り上げは15億円をえ、全5位にまでなった。支配人的には「スーパー代わりとして使ってもらえる道の駅づくり」をしているんだとか。

そのす通り、施設内には直営のパン屋、複数のスウィーツ店、豊富な惣菜類、休日には移動販売が来るなどのの入れようを見せている。

当施設には道の駅駅長として「カンピくん」(画像)というかんぴょうをモチーフにしたキャラがいる。

また、とちぎテレビが生み出したご当地アイドルまろに☆えーる」のキャラの一人、特別住民票や「まろに☆えーる」の各種グッズが購入できる場所でもある。(購入可場所は他にも、小金井駅西口にある「オアシスポッポ館」がある)


自治医科大学


県内の医療の中心の一つを担う私立大学略称は「自治医大」。よく「じじいだい」とか言われるが、「じちいだい」である。県内には立の大学医学部看護学部を持つ大学がないためその役割を担っている。運営は各都道府県の出捐によって設立された経緯から、各都道府県の負担栃木県が発行する宝くじの収益競艇収益の寄付などで行っている。地元民にはかなり頼りにされている病院である。


次へ»
最終更新日: 18/02/25 02:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ