ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


不死身の第四小隊


ヨミ: フジミノダイヨンショウタイ
掲示板をミル!
52カキコ!

不死身の第四小隊とは、機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYに登場する部隊の、過去の通称である。


概要


一年戦争において、サウス・バニング中尉(当時)が率いていた部隊の通称名である。
正式にはどこの所属でどういった部隊名が付けられていたかは不明。
最後の決戦であるア・バオア・クー戦において一人も欠けることなく生還したことから、その名が付いたという。 

メンバーはバニングの他にアルファ・A・ベイト、ベルナルド・モンシア、チャップ・アデルがいた。
上記は前述の三名がジムアデルジムキャノンだったことがカードイラストなどで描かれている。
ただし、これは恐らく0083本編での乗機を参考に描いたものだと思われ、実際の所媒体によって乗機はまちまちである。
ア・バオア・クー攻防戦ではジム改で戦っていた。

なお、0083ではこの4人がって出撃して活躍する回はなく、バニングはコウキースを引き連れていることが多かった。そうなりそうだった回はあったが、その時にバニングは死去してしまっている。

戦後は、戦死したバニング以外はティターンズ入りしたようである。

ガンダムウォーにおけるカードイラスト台詞は「生きてるな、お前等!」「当然、俺達不死身ですぜ!」


メンバー


サウス・バニング(声:菅原正志)

サウス・バニング

そういう時は、身を隠すんだ!

階級は中尉一年戦争時)→大尉39歳。
0083主人公であるコウ達を導していた教官にして、ベテランパイロットセンスは一級品であり、ガンダムシリーズ中のオールドタイプの中ではかなり腕のたつ部類のパイロットだったと言える。

GP02追撃戦においては足を負傷してしまうがなんとか生き残り、その後はアルオンMS部隊の隊長に着任する。しかし足が治るまでは艦示を下すだけだった。
だがその負傷中、シーマ艦隊との初戦において、コウが追い詰められたのを見て、救出のため足のギブス理矢理破壊し、を通して出撃していたこともある。
その後、傷が悪化することはなかったようで、フォン・ブラウンに到着した頃にはほぼ治って全に復帰、コウ達の訓練にも付き合っていた。

バーミンガム防衛戦中、作戦の全貌を記した書類を入手するが、それを見たシーマと交戦。その対決中に機体が受けたダメージが後になっていて爆散、非業の死を遂げる。

そうに見えて、同僚のカレンく「スケベ野郎」であり、その性格が原因で妻とは別居している。
しかも第6話ではそれを裏付けるシーンが描かれている。

アルファ・A・ベイト(声:戸谷公次[氏の死後は今村直樹])

[画像を見る]

料理でも自前で作るかい!

階級は中尉大尉(戦時階級)。28歳。第四小隊の二番手。素行が悪く皮屋なところがあるが、その口に見合うだけの腕は立つパイロットの下に立つ傷があるが、その由来は不明。

モーラと取っ組み合いの喧を演じたこともあるなど、ベテランにありがちな荒っぽい性格であるが、モンシアのほうが際立って性悪なため彼のほうが幾分かマシである。
また、モーラとの喧スベタをスブタと言い間違えて彼女に突っ込まれている(ちなみにスベタとは女性を罵る時の言葉で、醜い女ということ)。

品性に欠ける部分があるとはいえ、指揮官としての適正はあったようで、戦死したバニングの後を継いでアルオンMS隊の隊長となった。その後は隊長としての責任感からか問題行動は鳴りを潜め、オペレーターとの会話にジョークを挟んだりしている。

ベルナルド・モンシア(声:茶風林)

[画像を見る]観光旅行じゃないんですぜ?

階級は中尉で、面だが年は28歳。アルオン隊における最大のトラブルメーカー
腕は確かだが素行が悪く、人間的には不出来なオッサン
コウ達のような新兵を見下しまくるなど非常に傲慢だが、バニングのことだけは心底慕っており、彼には頭があがらない。また、バニングが戦死した時はいつもの不遜な態度はどこへやら、人を憚らず号泣して悔しがった。

かなりの女好きで、彼女がいるのにも関わらず気に入った女にちょっかいを出す他、コックピットには女の写真が大量に貼り付けてある。ただあの顔でモテているという感じではないようで、ニナに言い寄った時はほとんど相手にされていなかった。

コウキースを引き連れて小隊隊長となったことがあったが、敵の陽動に引っかかって死にかけ、バニングの怒りを買ったこともある。
意外に素直な面もあり、敵に囲まれた時にコウを煽って喊させた時は、彼が期待以上の活躍をしたことで、意識に彼の実を認め始めたようだ(その後も酔っていびりはしたが)。

アースノイド至上義的なところがあり、ジオンの捕虜を捕まえた時は過剰な暴力を加えていた。
漫画版だと彼がバニングの位置にあり(バニングが負傷のため宇宙にあがらない)、戦死するのはモンシアだったりする。しかもこの漫画版だと結構良い性格のオッサンになっている。

宇宙世紀0091年、モンシアらしきティターンズ残党兵火星で確認されている(AOZ)。

チャップ・アデル(声:幹本雄之)

[画像を見る]あの人に学習はないんでしょうか?

階級は少尉。口を生やした渋い面だが、なんと設定年齢は24歳……。円満な庭を持つ一の人物。

ベイトやモンシアといったアクの強い人間に囲まれていながら人格者という稀有な人物である。性格は温和で冷静沈着、かつわりと紳士的な口調で喋る。そのため、調子に乗って問題行動を起こすベイトやモンシアをなだめたりすることが多い。特にモンシアのことは呆れたような態度で眺めていることも……。

乗機が支援機であることからか「突破されなければこちらの勝ち」という台詞にもあるように自分の役割をよく理解している。戦場では後方を担当しているためか、冷静に戦況を見極めたりするシーンもしばしばある。
また、他の二人が牙にもかけない存在であるキースのことも先輩として気遣っており、怯える彼を落ち着かせている。
実に人間としてできている人なのだが、本作では逆にそのせいか他のメンバーべると出番は控えめ。
そんな彼でも、スパロボではゲーム内設定で中尉に昇進している。


関連動画



■sm11869823[ニコ動]


関連商品


■azB004ANBDG8
■azB004UILW1O


関連項目



最終更新日: 16/03/29 14:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ