ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


与那国島


ヨミ: ヨナグニジマ
掲示板をミル!
4カキコ!

与那国島(よなぐにじま)は、沖縄県八重山諸を構成するで、日本の最西端に位置するである。


概要


八重山諸石垣のさらに西124kmにあるの孤地理的には石垣からより台湾からの方が近い。日本の最西端のであり、沖ノ鳥島(最南端)や南鳥島(最東端)と違って人の住んでいるでもある。自治体は与那国島まるごとが与那国町で、人口は約1600人。最西端であるということで、もが小学校社会科で名前だけは聞いたことがあるのひとつであろう。

近年、この与那国島の海底中遺跡らしきものが発見され、古代文明の跡ではないかと話題になった。諸説あるものの研究はまったく進んでおらず、未だに未解明のままである。南のらしく現地はスキューバダイビングのスポットとしても人気で、その構造物も観に行くことができる。

な産業は農業(サトウキビなど)、漁業、畜産、観光など。与那国島には固有種の「与那」が保護されており、内でが闊歩しているところを見られるかもしれない。

が嫌いな人にはお勧めできないが、「ヨナグニサン」という世界一でかいも生息しているので、興味があったら検索してくださいな。

Dr.コトー診療所のロケ地としても知られる。

度数60(泡盛)を生産していて、そのあまりの濃さのため火気注意ラベルに書かれていたり、酒税法上はスピリッツ類だったりする。

路では石垣空港那覇空港からの便、路では石垣港からフェリーがある。ただし八重山諸自体が外部との定期航路がないためどのみち路を使うことになる(2012年現在)。


簡単な歴史


いつ頃から人が住んでいたのかは不明だが、紀元前1700年代の土器が出土している。

13世紀頃から集落をまとめるリーダー的存在が現れ、15世紀頃には女リーダーまで誕生している。ところが1500年頃から琉球王国の征伐を受けるようになり、交戦。村が焼き払われるなど甚大な被害が生じる。一度は撃退したが、二度の侵攻は抗しきれず、1522年に降伏。琉球王国の支配下に入る。長らく琉球王国の支配を受けていたが、1609年に薩摩琉球王国を下した事で支配者が交代する。何度か災害や飢餓に見舞われたが、少しずつ人口が増加していった。1879年、置県により沖縄県の支配下に入る。1895年、日本台湾が編入。ちょうど台湾と鼻の先にあった与那国島は出稼ぎ労働者の足がかりとなった。また台湾と緊密な関係となり、日本より台湾紙幣の方が強い影を持っていた。1914年、与那村が誕生。

1941年、大東亜戦争が勃発。後方地域にあった与那国島は開戦後しばらくは平和な時が流れていた。ところが1944年10月10日那覇襲をに、与那国島への襲が始まった。襲でカツオ漁船が全滅し、加工工場も大打撃をこうむった。屋を失った人々は山へと逃げ込んだが、そこにはマラリアを持ったがうようよしており、多くの民がマラリア患、死亡した。沖縄を守備する第32軍から独立混成第45団が配備され、来るべき決戦に備えていた。しかししい襲と艦砲射撃はあったものの上陸は行われず、失陥する事なく終戦を迎えた。

終戦後の1945年10月アメリカ軍が上陸し統治下に置かれる。戦後混乱の中、台湾から密輸品が流れ込み、は大変栄えた。1947年には闇が出来、日本との物々交換が盛んに行われた。人口も増し、一時は3万人に達したとか。ところが琉球政府立すると闇が取り締まられ、急速に勢いを失った。

1972年5月14日沖縄本島ともども日本に返還され、本土に復帰した。


関連動画



■sm11231966[ニコ動]

■sm7815034[ニコ動]


関連コミュニティ


■co841


関連項目



最終更新日: 19/08/09 22:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ