ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


世界名作劇場


ヨミ: セカイメイサクゲキジョウ
掲示板をミル!
63カキコ!

世界名作劇場とは、フジテレビ系列で放送されていた世界の名作文学をアニメーション化した一連のアニメシリーズである。日本アニメーションの定義では1975年の『フランダースの犬』から1997年の『家なき子レミ』まで、そして2007年から2009年にかけてBSフジで放送された3作品をす。


ヒストリー


1969年に、フジテレビ日曜19:3020:00の時間帯において「カルピスまんが劇場」がスタート。当初放映したのは手塚治虫原作の『どろろ』であった。しかし低視聴率により同年10月にはエンタープライズ製作東京ムービー虫プロダクション制作で『ムーミン(第一期)』がスタート。こちらは人気が出たため、1971年の『アンデルセン物語』をはさみ、1972年末まで『ムーミン(第二期)』が放映される。

1973年には瑞エンタープライズスタッフを独自に集め「ズイヨー映像」を設立、『山ねずみロッキーチャック』を放映。翌74年には『アルプスの少女ハイジ』を放映する。『ハイジ』においては、テレビアニメ初のロケーションハンティングが行われ、リアリティのある作画と可らしいキャラクター、そして細かい心情描写で大ヒット(高視聴率)を記録、以後作およびロケハンは『ハイジ』の路線が引き継がれる。

しかし、1975年には瑞エンタープライズとズイヨー映像との間に不和を生じ、同年6月にズイヨー映像スタッフが「日本アニメーション」として独立。当時放映中であった『フランダースの犬』は第4話から「制作日本アニメーション」と表記されるようになり、現在まで日本アニメーション制作を続けている。なお、シリーズ名が「世界名作劇場」となるのは『赤毛アン』からで、それまでは「カルピスこども劇場」「カルピスファミリー劇場」などと呼ばれていた。しかし現在はすべて「世界名作劇場」に統一されている。そしてズイヨー映像時代に制作された『ロッキーチャック』『ハイジ』の二作は瑞(株)の版権管理であるため、日本アニメーションホームページでは世界名作劇場として扱われていない。

1978年まではカルピスが一社提供していたが、スポンサーを降。しばらく複数社提供になった後に、1985年からハウス食品が一社提供、またはメインスポンサーとなった。
そのため、この番組のスポンサーカルピスハウス食品かによって世代がわかるという隠れたおっさんホイホイでもある。

20年以上もの間、日曜ゴールデンタイムに「よい子のためのアニメ」として放映が続いてきたが、長期にわたって続いたためにマンネリ化は避けられず、全盛期は20えることもあった視聴率は10台前半で低迷を続けていた。そこで、それまで名作劇場を観てきた世代の成長を意識してか家族ロマンスへの憧れを推し出し、ヤングアダルト以上にもアピールする作に徐々にシフトしていったが、これにより新しい支持層を獲得して視聴率も回復する一方、かつての作にこだわる一部ファンや「よい子」たちとの乖離も見られることになった。

さらに追い打ちをかけるように野球中継による中止や、数字を持っている裏番組(『さんまのからくりTV』等)の盛により、ついに1994年には記念すべき20周年記念作品であった『七つの海のティコ』の途中からいきなりハウス食品の単独提供が終了してNTT等との複数社提供になってしまう。そして1997年、あらゆる意味において原点の「よい子のためのアニメ」に立ち返って作られた『ラッシー』だったが、視聴率はついに1ケタ台を割り敢えく半期余りで打ち切られ(しかも最終回野球中継のため未放映)、続いて始まった『家なき子レミ』でも挽回は敵わず半期で終了、本作を最後に一旦シリーズは幕を下ろした。

放送終了後には存続を望むが多く寄せられ、2007年1月、視聴率に左右されないBSデジタル放送(BSフジ)で10年ぶりに再開。『レ・ミゼラブル 少女コゼット』を復帰1作として放映した。その後、2008年に『ポルフィの長い』、2009年に『こんにちはアン ~ Before Green Gables』が放送された。


作風


に19世紀~20世紀半ばを舞台とする海外の名作文学(例外あり)をメジャーマイナー問わず格調高くアニメーション化する。登場人物の心情描写や背景美術の美しさには定評がある一方で、あくまで「よい子のためのアニメ」であるために過アクションエロティックなシーン、下品なギャグ等は挿入されない。また、作品の主人公大人だったりする場合には、ターゲット視聴者層(=子供)に合わせる形でオリジナルの子供の主人公が設定されたり、本来は主人公ではないキャラクター(この場合も子供のキャラクターが選ばれる)に主人公を演じさせることが多く、さらに主人公に近しい大人キャラクターの年齢引き下げも度々行われる。マーチャンダイスキャラクターグッズ展開のために、キャラクターの造形を日本視聴者によりアピールするようアレンジしたり(例: 『フランダース』のアロア)、本来存在しないはずの動物マスコットとして登場させたりしている(例: 『ペリーヌ』のバロン)。

そして世界名作劇場で展開される物語は、時代背景こそ前時代的であって必ずしも現代日本の世相をうまく反映させたものではなかった(これも視聴率低迷の原因の一つとされることが多い)が、その根幹でられる「人間」「家族」「」といったモチーフは時代の流行に左右されない普遍的なテーマであり、現在でも再放送ネット配信が行われ、新たなファンを増やし続けている。削除ガイドラインが整備される前のニコニコ動画も(非合法ではあるがファンを増やすための媒体となっていた。そのファン層の広さは30年前以上の作品を使い現在までキャラクタービジネスを展開することを可にし、近年の作品数減少に悩む日本アニメーション計を立に支えている。

舞台欧州、北であり、それ以外の地域はわずかである。なぜこのような偏りが生まれるかについては不明であるが、「日本人が「外」と聞くと金髪眼の西洋人をイメージしてしまうため」「スタッフの中に(欧州・北で優勢な)キリスト教の敬虔な信者がいるため」「TBS系の『まんが日本昔話』に対抗するため」など諸説ある。しかしどれも決定的な拠は存在しない(ただし『フランダースの犬』のラストの演出や、『フローネ』~『カトリ』あたりのキリスト教系出版社から出ていたマイナーな(だが、いずれも明治期には翻訳・翻案がなされ、それなりに知られていたらしい)児童文学作品を原作とした一連の作品は、熱心なクリスチャンでもあったプロデューサーの意向によるもの、という旨の元関係者による言がある)。

なお、上述のように「子供向け」として作られてはいるものの、主人公5歳15歳少女較的多かったためか、80年代アニメ雑誌においては一部の作品が「ロリコンアニメ」の一つとして扱われていた時期があった。また90年代に入ると、逆に一部の作品がボーイズラブ系やショタコン系の同人誌の題材として取り上げられることがあるなど、子供たちだけではなくアニメオタクの間でも一定の支持を受けていた。

ともかく、長年にわたり「子供たちが安心して見られる健全なアニメ」を提供、子供たちに世界の名作文学に触れるきっかけを与えてきたという点で世界名作劇場の果たした役割は大きく、これからも存続してほしいと願うもたえない。


作品リスト



次へ»
最終更新日: 15/04/22 22:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社