ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


中京圏


ヨミ: チュウキョウケン
掲示板をミル!
25カキコ!

中京圏とは、愛知県名古屋市を中心とする都市圏のことである。首都圏京阪神圏とともに日本三大都市圏の一をなし、名古屋圏中部と呼ばれることもある。


概要


名古屋市を中心とし、愛知県の他、岐阜県美濃地方三重県の北勢地方まで広がる都市圏と解されている。愛知県岐阜県三重県の三県を合わせて東海三県三岐などということが多い。中京圏として一つのまとまりを構成しているからである(ただし岐阜県の飛騨地方などは北陸地方三重県地方などは近畿地方といったように、別地域との結びつきが強い)。その都市圏人口は900万人近くに及ぶといわれる。

が温暖な濃尾平野があるため、古くより人が住む場所であり、戦国時代には三英傑を輩出した。
また江戸大坂江戸時代の三都)を結ぶ東海道中山道が通るため、江戸時代には交通の要所となり(東海道では熱田の宮宿から桑名宿までは七里の渡しと呼ばれる航路での移動を要した)、綿織物産業も栄えるようになった。

伊勢三重県中部)は揖の東側を除き、木曽が交通の妨げとなっていたことから尾愛知県西部)に隣接しているにも関わらず、近畿地方と位置づけられていたが、明治時代にがかけられ鉄道道路が通されると、その北部(北勢、桑名や四日市など)は中京圏にとりこまれることとなった。

明治大正期には綿織物産業から毛織物産業に産業の中心が移り、高度経済成長期には東海道メガロリス上に位置することもあって、鋼、自動車など重工業が栄える地域となり、名古屋市を中心とした都市圏確立されていった。


関連項目



最終更新日: 19/04/20 03:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社