ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


中村主水


ヨミ: ナカムラモンド
掲示板をミル!
82カキコ!

中村主水(なかむら もんど)とは、時代劇必殺シリーズ』の架の登場人物である。(演:藤田まこと


概要


八丁堀! [画像]

初登場時は江戸北町奉行所の同心。冴えない「ムコ殿中村婿養子)」であり、メザシ好きの「おっさん」である。

必殺仕置屋稼業』の頃より南町奉行所へ配置換えとなるが、とある「失態」により左遷、小伝屋敷の屋見回りへと格下げされてしまう(『必殺仕業人』)。
その後、ある事件での手柄により南町定町周りへ復帰し(『新必殺仕置人』)、現在に至っている。

だが、その後もまじめに仕事をやらず、何回も閑職への配置換えを食らっている。
恐妻家でもあり、妻のりつやのせんに「まじめに仕事をやらない・出世しない・子供が出来ない」ことでいびられ続ける毎日
浮気をしても美人局に引っ掛かったり、弱みを握られることもしばしば。

まさに、「うだつの上がらない男」の鑑であり、時代劇の中にあって「サラリーマン」の悲哀を体現する男である。


が、裏の顔は・・・


この世に蔓延る悪を裁く、闇の処刑人の一人である。「仕置人」を皮切りに、様々な裏稼業の仲間と組んで活動した。

奉行所の同心であることから、仲間内からは「八丁」(同心・与の居住区がある地名)と呼ばれている。
表稼業を全うしてないのは、奉行所の実態を知り失望したからであるが、以前は正義感に燃える若い同心であった。

とある替え玉事件がきっかけで、以前からつるんでいたおひろめの半次、鉄砲玉のおきん、念仏棺桶の錠(と錠は元々は罪人で、佐渡役人時代に知り合う)の4人と共に「仕置人」を結成。許せぬ悪を葬り去る稼業に足を突っ込むこととなった。

仕置人解散後、興味本位で一度だけ「助け人」と呼ばれる組織の手助けをしたこともあったが、その後に半次・おきんと再会したことで裏稼業への復帰を積極的に考えるようになり、糸井貢と村雨の大吉の2人をスカウトし「仕留人」を結成した(貢の妻あやはの妻りつのであり、大吉の愛人たえ=妙心尼もりつのなので・貢・大吉は義兄弟となる)。
だが最終回、中盤より裏稼業に対して懐疑的になっていた貢を失ったことにショックを受け仕留人を解散。裏稼業から全に足を洗うはずだったが…。

その後はなし崩し的に「仕置屋」を結成したり、その解散後に「仕業人」として裏稼業を続けたりしていたが、ある日、仕置人の組合である「虎の会」の掟を破ってまで、自分の命が狙われていることを教えに来た念仏と再会。「チーム仕置人」の切り札的存在として活動していたが、仕置人同士の抗争により組織は崩壊、は再び足を洗うことになる。

そして誤解と対立が元で「商売人」を結成(ただし結成当初の名称は「仕置人」。また、序盤は・正八チームとおせい・新次チーム…特にと新次は仲が悪かった)、チームの切り込み隊長として先を切っていたが、やはり抗争により組織は崩壊。もその後は八王子へと左遷されてしまう(組織崩壊と左遷は関係ない)。

江戸から裏稼業組織がいなくなった後、自分を八王子から江戸を呼び戻したきっかけである裏稼業の元締・鹿蔵と出会い、その強い頼みにより、浪人畷左門とともに「仕事人」稼業を開始。かつて仕事人だったが今は足を洗っている若い職人の秀を仲間に加え、らせぬ恨みをらしていくこととなる。
その後は何度も解散→再結成(若干メンバーチェンジもあり)を繰り返してはいたが、「仕事人」としてらせぬ恨みをらすというスタンスは変わらなかった。


仕留人時代まではある意味正義感」のみで仕置をしていたが、仲間の死を何度もの当たりにするうち、「正義感や個人の感情などに囚われていては、裏稼業は成り立たない」ことを悟るようになった。
その後は、「自他の事情やプライベートとは距離を置き、舞い込んだ依頼は私情を交えず遂行する」「依頼内容の裏付けはとり、標的を誤らない」「報酬当てで、の恨みも買っていない善良な人を殺す行為、いわゆる『外道仕事』はやらない」ことを基本方針に裏稼業を続けていく。ただしベテラン格になって以降も、自身の知人・友人、幼い子供が悪党の犠牲になった場合は感情を(抑え気味ではあっても)露にすることがあり、また身内を巻き込まないよう彼なりに最低限の努をしている姿も見られた。

剣術の腕は一流であり、数多くの流免許皆伝を会得しているほど。
全盛期仲間内でもずば抜けた戦闘を持ち、大人数で襲ってくる敵を次々と快にシーンは必見である。
仕置に使う獲物も、その腕を生かしてを使うことが多かったが、後には中の人の事情でや仕込みを使った突きによる一撃必殺技を多用するようになった。これは全盛期にも使用していた殺し技であり、依頼をこなすたびに洗練されていったものである。

もっとも、初期の頃は知恵袋として実働メンバーサポートを行うことが多く、殺しはおろか仕置の末にすら関わらないこともあった。


現在は・・・


演者である藤田まこと亡き後もTVシリーズでの中村主水は設定上存命しており、せまる歳も考えて裏稼業と奉行所の双方から身を引き、西方の町に引っ越して隠居するようになった。その際、元のに仕置にも使用した錆び付いた十手を残した。
なお一般的に、「西方」には極楽浄土死後の世界)があるとされる。 

十手平成令和シリーズ主人公にして奉行所の後輩渡辺五郎へと引き継がれ、彼は仕事のたびにその十手を持ち歩くようになった。

ここから物語が繋がるのかどうかは明らかではないが、幕末から明治大正時代を経た『現代版』でも中村はどういった形でかは不明だが存続しており、京都に在住する一家族として描かれている。この時代の「中村主水」もまた婿養子(つまり江戸で裏稼業をしていたとは血縁関係はい…顔はそっくりなのだが)であるが、江戸とは異なり、本当にうだつの上がらない性格。それどころか『仕事人III』での仕事人達(西順之助を除く)には全員現代に子孫がいた事も発覚している。

中村主水は見えなくても、みんなの心の中でもしくはぱちんこの中で生きているよ!


パチンコでは


必殺仕事人』初代から現在に至るまで、彼のステージと表稼業リーチの期待度は文字通り最低だが、裏稼業リーチ最強の期待度を誇る。原典では刺し殺す技を得意としただが、パチンコではX(エックス)切りと呼ばれるり技を使っている。

最新作の『CRびっくりぱちんこ必殺仕事人』の中村主水のは別人が担当。


登場作品



関連動画


仕置される可性が高い為、割愛


関連商品


■azB00005F67J
■azB001QLHSB6
■azB003A8QP12


関連コミュニティ


今のところはない模様。


関連項目



最終更新日: 21/01/09 19:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ