ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


中森明菜


ヨミ: ナカモリアキナ
掲示板をミル!
59カキコ!

中森明菜とは、1980年代を代表する歌姫である。

1965年7月13日生まれ。東京都清瀬出身。血液型A型

身長160cm、B80Dカップ)、W54、H85。※1984年

ニコニコ動画では、全盛期である80年代動画メインである。


ひとりの少女からアイドルへ(~81年)


1965年7月13日、6人兄妹の5番に生まれた中森明菜は幼い頃から歌に触れる機会が多かった。

歌手になることを夢見ていた母親から越路吹雪美空ひばりが歌う昭和歌謡やシャンソンを教えられ、の影矢沢永吉などのロック洋楽ブラックミュージックの影荒井由実などのニューミュージックなどを聞いて育つ。

また、生まれつき体が弱かったため、それをカバーするために小学校から中学校にかけてバレエ教室に通っていた。この頃に培った経験が彼女が歌う楽曲の多様性、振り付けでのしなやかな動きを創り出したといっても過言ではなかろう。

中学生時代、オーディション番組「スター誕生!」に応募。これは彼女が一番愛していた母親からの強い希望と、当時大家族であるがゆえに裕福ではなかった庭事情により、「苦労している家族を少しでも楽にしてあげたい」という気持ちで応募したという。(その優しさが後の悲劇につながるきっかけとなるのだが…

そもそも明菜自身は歌手としての人生を歩む意思があまりなく、世話焼きで子供好きなところを活かして保育士になることを夢見ていた。しかし、このスター誕生への挑戦が彼女人生を大きく変えることとなる。

上記の通り幼い頃に歌唱・表現自然と身につけていたこともあって、予選を突破して本選に出場。その際明菜岩崎宏美の「に抱かれて」を歌ったのだが、ある女性員から「この曲はあなたには大人っぽすぎる、年相応の曲を歌うべき」と言われ、不合格になってしまう。

翌年、2回の本選出場を果たす。この時は女性アイドルの筆頭であり、のちに明菜とともに音楽界を牽引していった松田聖子の「珊瑚礁」を歌った。アイドルソングであり、年相応な選曲であったにも関わらず、前回と同じ審員から今度は「幼すぎる。童謡でも歌ったらどうかしら」と言われてしまいまたしても不合格。

最初の挑戦時とは全く正反対のコメントを同じ審員から言われたことに明菜はかなり憤りを覚えたらしく、直接抗議しようとした。しかし、観覧に来ていた母親にやめるよう制されたという。

あまりに不条理な結果に明菜もさすがに悔しかったのか、今度は本人の強い意思で再応募し3度の本選出場。いわゆる常連の挑戦者として、番組のスタッフや審員からも顔を覚えられていた明菜山口百恵の「夢先案内人」を歌唱する。

結果、スタ誕史上最高得点の392を獲得※1。レコード会社・芸事務所による最終選考も見事クリアしいよいよ「歌手・中森明菜」のデビューが決定した。

※1.この時システム上の最高得点である99点の評価をつけた作曲中村泰士によると、常連出場ゆえに中村以外の審員評価は低く、特に2度の本選で明菜を酷評した女性員は当初30点台をつけようとしていた。あまりの低評価に憤った中村が他の審員に対して彼女の成長ぶりや将来性を説。その結果、史上最高得点での合格へと繋がった。つまり、この時中村が強く説得していなければ、その後活躍する明菜の姿を見られなかった可性が高い。


デビューに至るまでの紆余曲折(82年)


スター誕生合格の翌年となる1982年5月1日に「スローモーション」でデビュー・・・するのだが、デビューに至るまで様々な紆余曲折があった。

まず最初に議論されたのが「芸名」。

当時の芸事務所である研音スタッフから「アスナ」や「中森アスナ」といった三流アイドル臭漂う芸名を提案される。しかし明菜は芸名を拒否し「両親が名付けてくれた本名で歌いたい」と強く希望。結果本名である「中森明菜」で活動することが決定した。

次に問題になったのが「デビュー」。

1981年の暮れにアメリカロサンゼルスレコーディングを行った楽曲のうち、4曲が補に挙がっていた。どの曲も雰囲気が全く異なるため議論は紛糾。

そこで明菜校の校内放送で補曲を流し、アンケートを実施。1位となった曲はなぜかデビューアルバムの収録曲となり、2位の「スローモーション」がデビュー曲に選ばれた。この時のドタバタから衣装作りが間に合わず、初めてテレビ出演した際には私姿で登場してしまうことに。

3つめの問題が「キャッチフレーズ」。

この頃の女性アイドルは、キャッチフレーズを与えられるのが慣例であった。そんな明菜に付けられたのは「ちょっとHな美新人(ミルキー)っ。「H」は大人びた、「ミルキー」は美人ルーキーを掛けたものだが、のちに明菜本人いわく『ファンや番組の出演者などに「エッチなんですか?」と度々からかわれるので、「どうしてこんなキャッチフレーズにしたんですか!?」とスタッフに詰め寄った』とか。

これらのドタバタ劇に翻弄された彼女同期小泉今日子見優などよりもだいぶ遅れてのデビューとなってしまい、デビューシングルの順位も最高30位どまり。々しいとは言い難いスタートとなった。


「少女A」の快進撃からトップアイドルへ(82~83年)


822ndシングルの「少女A」をリリース。ここから彼女の快進撃が始まる。

デビュー曲の清純路線とは打って変わってツッパリ系、不良な雰囲気漂うこの楽曲は松田聖子路線に対抗できる「ポスト恵」をめていた当時の芸関係者からも高く評価された。

そして、デビュー以来続けてきた地方での販売店行脚が功を奏し、若い世代を中心に人気が急上昇。オリコンTOP10に初めてランクインし、当時の代表的な音楽番組「夜のヒットスタジオ」「ザ・ベストテン」にも初出演を果たす。

ここで手応えを掴んだ彼女スタッフは勢いそのままに3rdシングルセカンドラブ」をリリース。元は「シルエットロマンス」のヒットで知られる歌手大橋純子提供する予定でに作られた楽曲とあって、大人びた恋愛の心情を描く難しい曲であったが、明菜はそれを難なく歌いこなした。

その結果、若年層だけではなく明菜よりも年上の女性を中心に支持を集めるようになり、見事初のオリコン1位(通算6週)、ザ・ベストテンで8週連続1位を獲得。ロングヒットにより翌83年の年間シングルチャートにもランクインするほどの売上枚数を記録。一気にトップアイドル仲間入りを果たした。

83年に入るとその勢いは衰えることを知らず「1/2の神話」「トワイライト-夕暮れ便り-」「禁区」とヒット曲を連発。大沢誉志幸、細野晴臣ら有名音楽家からも楽曲提供を受けた。これらシングルアルバムの安定したヒットのおかげでこの年の歌手別総合売上1位を初めて獲得する。

また、同年の日本レコード大賞において、他の同期を差し置き「ゴールデンアイドル・特別賞」を受賞するなど、女性アイドルとしてトップ人気を誇っていた松田聖子双璧をなす存在となった。


明菜プロデュースの誕生(84年)


1984年に入ると、いわゆる「明菜自身のプロデュース」を意識した作品が出始めるようになる。

最初にリリースしたシングルの「ウイング」ではこれまでのツッパリ・清純とも違った大人恋愛を描いた作品。曲名は荒井由実の「中央フリーウェイ」から着想を得て明菜が提案したもので、当初のタイトルである「ミッドナイトフライト」から大きく変更されている。北ウイングではジャケット写真も特徴的で、アイドル歌手の作品では当たり前であった顔のアップをやめ、全身を写したカットが選ばれている。

次の作品「サザン・ウインド」では安全地帯玉置浩二作曲。こちらもこれまでの明菜の路線とは一線を画すのびのびとした雰囲気の楽曲であった。

その次にリリースされた「1984」は「少女A」に代表されるツッパリ系作品シリーズの集大成とも言える作品。表情や振り付け(オラオラステップ・サビでのエルボー)も相まって「ツッパリアイドル」を代表する作品となった。

しかし、この作品を最後に明菜はツッパリ路線を封印。また、同時期に清純路線の作品を多く手がけていた来生えつこ・たかお姉弟提供作を減らし清純路線も実質的に封印。「アイドル・中森明菜」から「歌手アーティスト中森明菜」へと方向性が大きく転換していった。

その第1弾として、同年の暮れに発売されたのが「飾りじゃないのよ涙は」。作詞作曲井上陽水が手がけ、これまでの作品とは全く違ったアーティスティックな雰囲気と前衛的な歌詞話題となった。ジャケットデザインも当時としてはしいコンピュータでの加工画像を使用するなど、ますますアイドル路線からの脱却を提示していた。


歌謡界の頂点へ(85年)


1985年、「ミ・アモー」「SAND BAIGE-砂漠へ-」をリリース。前者はブラジルリオ後者はサハラ砂漠という異情緒あふれる作品となっており、後者アラブ衣装を身にまとってヴィジュアルの面からも作品のイメージを思い起こさせるように表現していた。

また、当時流行していた12インチサイズ(LPと同じ大きさ)のレコード限定シングルとして「ミ・アモーレ」の同曲別歌詞版である「逃げた」をリリースしこちらもオリコン1位を獲得する。

ちなみに作詞を手がけた康く、実は「逃げた」の方が歌詞としては先に完成していたものの、後で送られてきた音ラテン調だったことから、曲のイメージに合うようにと歌詞を変え「ミ・アモーレ」が誕生したという裏話がある。

一方、作曲編曲を行った松岡直也によると、音を送った後に提供された「ミ・アモーレ」の歌詞に「リオカーバル」「サンバのリズム」との記載があるのを発見。そもそもラテンとサンバはジャンルが全く異なっていたため慌ててサンバの要素を編曲に付け足したという。「ラテン」と「サンバ」に対するイメージの違いによって、このようなユニークエピソードがあったことも押さえておきたい。

85年末に発売した「SOLITUDE」は恋愛倦怠期の女性イメージした楽曲。この手さのない、言ってみれば「地味」な作品だったからか、明菜ファンとして有名なマツコ・デラックスは「この曲によって既存のファンファンを続けるかやめるかの踏み絵となった」とあるテレビ番組で言している。

84年~85年にかけての賞レースではグランプリや大賞を次々獲得。そして85年の大晦日には、その頂点とも言える日本レコード大賞を、当時としては史上最年少となる20歳5ヶで受賞した

この年の補には大賞受賞経験のある細川たかしや五木ひろし、当時人気絶頂だったチェッカーズ安全地帯C-C-B明菜先輩にあたる河合奈保子や岩崎良美といったそうそうたる顔ぶれがう中で、明菜が選ばれた。

その他、日本歌謡大賞日本ゴールドディスク大賞をそれぞれ1回受賞。その他にもFNS歌謡祭全日本歌謡音楽祭、日本テレビ音楽祭、メガロリス歌謡祭でグランプリを獲得している。そして、85年から3年連続で年間トータルセールス1位を記録。83年含め単独で4回の年間トータル1位ソロ歌手歴代単独1位の記録である。

日本レコード大賞の受賞により、中森明菜はアイドル界の頂点だけではなく、歌謡界の頂点にも立つこととなったのである。


人気絶頂期と「明菜プロデュース」の進化(86~87年)


86年は人気も絶頂に達し、いよいよ「プロデューサー・中森明菜」の本領を発揮することになる。

シングルではまず最初に「DESIRE-情熱-」を発表。和装に身を包んだジャケット写真、そのジャケット写真とは全く違った和洋折衷の衣装日本人形的な黒髪ボブカット、そして歌唱と特徴のある振り付けが話題を集めた。その姿は海外アーティストからも注が集まり、後年マドンナがこの曲の衣装髪型オマージュしたファッションで歌を歌ったこともある。

その次にリリースした「ジプシークイーン」では当時20~21歳とは思えない肩を露出した妖艶なドレスで登場したり、年末リリースの「Fin」では帽子ロングコートを着用する都会的な女性の姿を演出した。


次へ»
最終更新日: 20/03/28 09:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ