ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


中邑真輔


ヨミ: ナカムラシンスケ
掲示板をミル!
48カキコ!

中邑真輔/シンスケ・ナカムラとは、新日本プロレスWWE所属のプロレスラー及びスーパースターである。

新日本でのキャッチフレーズ「選ばれし神の子」「ストロンスタイル伝承者」「反逆のボマイェ」など。ファンからは様」と呼ばれることが多い。

WWEでのキャッチフレーズKing of Strong Style」「The Artistなど。

一番スゲェーのは、プロレスなんだよ!」「イヤァオ!!!


一番スゲェーのは、概要なんだよ!


青山学院大学レスリングを学び、2002年新日本プロレスに入団。デビュー前に総合格闘技トレーニングを行っていたことから、当時の新日本格闘技路線の申し子として期待を受け、ダニエルグレイシーアレクセイイグナショフらと対戦した。

デビュー後1年4ヶにしてIWGPヘビー級王座に初挑戦。逆十字固め山からタップを奪いデビュー最速、最年少での同王座戴冠を果たす。その後NWFヘビー級王座IWGP U-30差別王座をことごとく奪取・封印し、「封印マニア」の称号を得る。
2006年3月から半年間の海外遠征に出発。改造に励み、ビルドアップされた体と共に新技ランドスライドを引っ提げて帰蝶野と組み、G1 TAG LEAGUEで初優勝を飾る。
2008年1月4日棚橋弘至を破り第48IWGPヘビー級王者となる。2月17日に当時カートアングルが所持していた3代IWGPヘビー級王座ベルト統一戦を行い、腕ひしぎ逆十字固めで勝利しベルトを奪還した。

2009年4月真壁刀義を裏切った矢野通ら旧G・B・Hメンバーと共にCHAOSを結成。フィニッシュホールドをボマイェ(顔面への膝蹴り)に変更し、ファイトスタイルが今まで以上に殺伐としたものになった。9月27日真壁とのIWGPヘビー級王者決定戦に勝利し、第53IWGPヘビー級王者に載冠。アントニオ猪木を意識した発言を繰り返す。

2011年8月G1 CLIMAXでは、内藤哲也を破り悲願のG1初優勝を成し遂げた。2012年7月22日後藤洋央紀が保持するIWGPインターコンチネンタル王座に挑戦。ボマイェで勝利を収め第4代王者にき、世界大陸防衛ロードの構想を掲げる。
2013年1月4日東京ドームという大舞台で、柴田勝頼と共に新日本プロレスに参戦していた桜庭和志と対戦。終始桜庭の関節技に苦しめられるも4年振りにランドスライドを解禁し流れを変え、ボマイェで勝利を収めた。この年のG1ではDDT飯伏幸太と初対決。自身初となる東スポプロレス大賞・年間最高試合賞を受賞している。 


世界のシンスケ・ナカムラへ~NXT


2016年新日本プロレスを退団することを発表。1月30日後楽園ホール現在新日本でのラストマッチとなり、持っていたIWGPインターコンチネンタル王座は返上となった。

余談だが、この数週前のロイヤルランブルにはBULLET CLUBリーダーとして新日本で活動していたAJスタイルズが参戦。同じく一員として活動していたカールアンダーソンや、数年前にフェスタスとしてスマックダウンでの所属経験があるドグ・ギャローズWWEに出向く。新日本マット内で選手間の新陳代謝が大きく進んでいる反面、WWEにおいても彼らは高い質の試合や抗争を展開しており、2016年WWEは"新日旋"が吹き荒れたと言っても何ら間違いではない。

この数週前から各メディアではWWEへの移籍があるのではないかと噂されていたが、その言葉通り、翌2月契約会見が行われ、正式に所属スーパースターとなることがアナウンスされた。WWEでは”シンスケ・ナカムラ”として、WWEの二大番組「RAW」及び「SmackDown LIVE」へ次世代のスーパースターを送り出す登竜門的な団体「WWE NXT」からキャリアを開始。それに伴いアメリカでの放送コード上の問題から、ボマイェをキンシャサへと名する。

2016年4月1日に行われたNXTのPPV特番「TakeOver:Dallas」でのデビュー戦では、新日時代からの「King of Strongstyle」というギミックファイトスタイルをそのままにサミ・ゼインと対戦。特番を見ていたWWE元解説者のジム・ロスをして「brutal(えげつない)…」とツイッターで言わしめた程の闘を制してデビュー戦を勝利で飾る。この試合は2016年WWE(NXT限定にあらず)年間ベストバウトランキングで堂々の2位ランクインした。

その後も勝利を重ね続け、NXTの徴とも言われるほどの人気を博していた新日時代からの盟友フィン・ベイラープリンス・デヴィット)との闘を経て、2016年8月20日に行われたPPV特番「TakeOver:Brooklyn」にてNXT王座に挑戦。王者のサモア・ジョーキンシャサで沈めて勝利し、NXTデビュー以来敗のままベルトを奪取した。その後11月19日PPV特番「TakeOver:Toronto」でジョーNXTでの初敗戦を喫しベルトを奪われるも、12月3日日本演「NXT Live Japan」での凱旋試合でリベンジに成功し、2度NXT王座を戴冠した。
このように4月デビュー以来、破の快進撃を続けてきた活躍により、ツイッターでのファン投票で決定するNXTの年間表NXT Year-End Awards 2016」にて「Male Competitor of the Year男子部門スーパースター賞)」と「Overall Competitor of the Year(年間最優秀スーパースター賞)」の2冠にいた。

しかし王座戴冠後にNXTレギュラー放送内で行われた、NXT王座次期挑戦者決定戦を制したThe・Gloriousことボビー・ルードとの抗争に突入すると、2017年1月28日PPV特番「TakeOver:San Antonio」で行われた防衛戦でボビーにキンシャサを決めた際に膝を痛めてしまい敗北。その後1ヶもの間欠場することとなる。

膝の怪の治療に専念した後、3月に入って復帰。同年4月1日に行われたPPV特番「TakeOver:Orlando」のメインイベントにて、NXT王者ボビー・ルードとの再戦に臨むも、古傷の膝を集中的に攻められ、最後は王者のセカンドロープからのスイング式グロリアスDDTによって敗北。試合後、一人リングに残された中に対し、観客から会場一杯の「Thank You Shinsuke!」チャントを贈られ、別れを惜しむかのように会場を去った。


WWEの頂点へ~SMACK DOWN


明けた4月4日WWE SmackDown LIVEにて、WWEスーパースターのミズとその妻でディーバであるマリースのマイクアピールの後、予告なしのサプライズで登場。観客からの入場テーマ大合唱を受け、遂にWWEメインロースター入りを果たす。

5月にドルフ・ジグラーを相手にデビュー戦を勝利で飾ると、8月のサマースラムではくもジンダー・マハルの持つWWE王座に挑戦するも惜敗。10月にも挑戦したものの戴冠はならなかった。

その後も、ランディ・オートンタッグを組んだり裏切られたりしながらスマックダウンの中心選手として活躍。
11月サバイバーシリーズではRAWとの5vs5イリミネーションマッチにスマックダウン代表として参加した。

そして2018年1月28日、中WWE歴史にその名を刻むことになる。

はこの日開催されたロイヤルランブル31に初参戦。
14番手として登場すると、ジョン・シナなどの人気選手を退け、ついにラスト2人まで残る。
相手は王座経験もあるスーパースターロマン・レインズ
スーパーマンパンチスピアーを喰らいながらも最後はスライディング式のキンシャサをたたき込み、ロマン・レインズリング外へ落とし、ついに日本人として初めてロイヤルランブルを制覇した。
(この大会で初めて行われた女子ロイヤルランブルではASUKAが優勝。日本人のW優勝となった。)

試合後、レッスルマニアでの対戦相手としてAJスタイルズ名。
4月に行われるレッスルマニア34での王座戦が決定した。

2018年4月8日(現地時間) レッスルマニア34では第12試合WWE王座戦にて登場。7万8千人の大観衆の前でAJスタイルズとの熱戦を繰り広げる。結果は中キンシャサを繰り出そうとしたところをAJが切り返し、そのままスタイルクラッシュを決められてしまい敗北。試合後両者は健闘を称えあい、中が片膝をついてAJにベルトを手渡したところで事件は起こった。中矢野通ばりの的攻撃をAJに喰らわせ、彼が倒れたところを足で踏みつけリング下に落とし、そこでまたもや足蹴にした後キンシャサを浴びせた。観客のブーイングを浴びながらを通り退場する中の顔は彼のヒールターンを雄弁にっていた。


クネクネ


CHAOS結成後、ファイトスタイルが体の脱を重視したものとなり、現在その動きは軟体動物レベルに達している。賛否両論あるスタイルだが、他のレスラーとは一線を画しており、個性的なスタイル確立しているといった意見も多い。


クネクネムーブ



芸術活動


はペインティングを得意とし、学生時代からレスリング部と美術部を掛け持っていた。
幼少時は周囲が女の子ばかりで一人遊びが多く、そんな中で見つけたのが絵画だったとっている。父親も絵が得意で、親戚に画がおり、飾系に進学したり、ピアノでで大学に進学するなど、親族に芸術の素養があったのではと本人もっている。

2008年には自ら描いた100点を越える絵画をもって、絵画展を催した。「みんなのパンチ」と題された小学生との黒板アート制作活動も定期的に行っている。制作活動中には、芸術子供愛してやまない素顔を垣間みることができる。


得意技



ボマイェ (キンシャサ)


現在メインのフィニッシャー。コーナーポーズを決めた後、走り込んで相手の顔面に膝を叩き込む。
セカンドロープから放つダイビング式、座り込んだ相手に放つスライディング式などバリエーションも豊富。
日本時代はボマイェ、WWEに移ってからはモハメド・アリ伝説の試合が行われた地名を取ってキンシャサとしている。


ランドスライド


日本時代にフィニッシャーとしていた投げ技。
相手をファイヤーマンキャリーの体勢に担ぎ、自分の正面にみちのくドライバー2のような形で叩きつける。
フィニッシャーをボマイェに変えてからは、大一番の試合のみ、必勝を期して放つの手的な技となった。
WWEでは似た形の技をジョン・シナが使用しているため自粛しているのかと思われていたが、レッスルマニア34AJスタイルズ戦で解禁して以来使うようになった。


三角締め


若手時代から得意としている技の一つ。
立膝になった相手の膝を踏み台にして決める「シャイニングトライアングル」をフィニッシャーとしていた時期もあった。
現在でも、飛びつき腕十字からの連携など様々な場面で使われている。


金的攻撃


レッスルマニア34ヒールターンしてから使用。
相手の技をしゃがんで躱し、背後または正面から腕でカチ上げるように殴る。レフェリーを盗んで足で蹴り上げる。相手の股下をくぐり抜けて後頭部で打ち付ける等、バリエーションが豊富。
バックラッシュ2018で行われた反則裁定ルールでのWWE王座戦では、レッスルマニア以来ずっと的攻撃の餌食となり続けた王者AJスタイルズと対戦。フィニッシュはお互い同時に思いっき的を蹴り上げ、芸術的とも言えるダブルKOシーンを披露することになった。
2019年以降は封印傾向にある。


スライディング・スナップ・ジャーマン


次へ»
最終更新日: 19/07/16 00:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ