ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


丸藤亮


ヨミ: マルフジリョウ
掲示板をミル!
203カキコ!

丸藤亮とは、遊戯王GXの登場人物である。 漫画版にも登場する。
丸藤翔天上院吹雪とは親友兼ライバルである。


概要


一期ではオベリスクブルートップとして、デュエルアカデミア帝王カイザーと呼ばれていた。相手をリスペクトしたデュエルを行う。
作画崩壊というか変な顔が妙に多いのもこの時期である。天上院明日香とよく灯台にいたため「灯台部」などと言われていた。
闇のデュエリスト明日香が連れ去られたとき、「明日香が灯台に現れなかった」と危機を訴える。灯台部に欠席は許されない。

二期から卒業プロデュエリストとなるが、エド・フェニックスに負けたことで調子を崩し最下位ザーとまで呼ばれる。地下デュエルにたどりつくが、そこでリスペクトを捨て、勝利のみをめるようになる。この後地下でのリングネームだったヘルカイザーを名乗る。
グォレンダァ!(五連打)」という台詞はこのときのものである。なお、65話の放映時、地震テロップがあったのだがこのマグニチュードが4.8、かつキメラテック・オーバー・ドラゴンの攻撃4800だったため震源地は地下デュエル場ではないかと噂されている。

幼少時に校長鮫島が師範を務めるサイバー場に通っていた。9歳で免許皆伝となったドローはかなりのもので、「サイバー流積み込み」などと呼ばれる。
なお、83話では作画ミスセカンド・ディールをしていた(ように見える)。この時引いたカードは「強欲」。

三期異世界ではエド・フェニックスダークヒーローコンビを組んでサイバー場の旦那様と召使ごっこをしたりゴブリンエリート部隊を締め上げたりしていた。前述の地下デュエルで用いた衝撃増幅装置は気に入ったようで持ち込んで二度ほど間違った使い方をしている。

ストーリー途中から心臓病を患う。どう考えても衝撃増幅装置の電流のせいだったが、四期には「デッキのせい」というさらにとんでもない理由が発覚する。この呪いのデッキ丸藤翔に譲り渡した。
カードゲームアニメにおけるデュエル中の描写でレントゲンなんて出てくるのはカイザーくらいのものだろう。
・・・と思っていたら、遊戯王GXの続編に当たる「遊戯王5D's」ではアポリアジャック達のデュエル直前にも登場。
遊戯王シリーズは一体どこをしているんだ。

 

使用デッキサイバー・ドラゴンとその融合形態、進化形態を軸としたサイバーデッキサイバー・ダークを中心とした裏サイバー流デッキ後者裏サイバー流デッキマスター鮫島を倒して強奪した。表と裏を混合して使うこともある。両デッキともに高い攻撃を誇り、最高記録は52話のサイバー・エンド・ドラゴン36900。次いで148話のサイバー・エンド・ドラゴン16000。

にならねば見えぬ地がある」「間は永遠となるのだ」など名台詞の多い人物でもある。
暗黒使徒ヨハンとのデュエルBGM、演出なども含めて人気が高い。 

[画像を見る]


関連動画



■sm869435[ニコ動]

 ■sm1019314[ニコ動]
 

■sm8098064[ニコ動]


関連商品


■azB001CBIWJW
■azB000VA7U02
■azB000VA66PC
■azB000TX7QDC


関連項目



一般項目



使用するカード



最終更新日: 14/02/24 21:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ