ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


久保竜彦


ヨミ: クボタツヒコ
掲示板をミル!
21カキコ!

久保竜彦Tatsuhiko Kubo, 1976年6月18日 - )とは、日本サッカー選手である。広島県社会人サッカーリーグ1部の廿日市FC所属。サッカー日本代表ポジションはFW。称はドラゴン久保


概要


日本人離れした規格外の身体と確かな技術を併せ持ち、ダイナミックゴールを数多く決めている。普段は無口で謙虚な人間であり、試合外でも多くの伝説を作っている。

福岡県出身。陽学園高校時代は名で卒業後は就職する予定だったが、サッカー部の監督の勧めでサンフレッチェ広島の入団テストを受け見事合格し、1995年サンフレッチェ広島に入団。入団時のポジションMFだったが、当時監督であったビム・ヤンセンやエディトムソンらに才を見出されてFWで起用されるようになり、番号が固定制になった後は10番を背負ってサンフレッチェ広島エースとして活躍する。2002年サンフレッチェ広島J2に降格したため、横浜F・マリノスへ移籍した。

横浜F・マリノスでは9番を背負う。2003年エースとして活躍し、日本人得点王となってクラブJリーグ優勝に貢献する。しかし、2004年以降は怪がちになってしまい出場数が減。2007年横浜FCへ移籍するも、ここでも怪でほとんど試合に出場できず戦力外通告を受ける。

2008年からはJ2に降格した古巣のサンフレッチェ広島に復帰する。2008年J2時代はコンディションが全ではなく途中出場のみだったが、要所要所で活躍した。J1へ昇格した2009年は出場機会がほとんどシーズン終了後に戦力外通告を受ける。

2010年からはJFL所属でJリーグしているツエーゲン金沢に所属する。2010年チーム得点王になるなど活躍したものの、2011シーズン戦力外通告を受けた。

ツエーゲン金沢退団後に現役引退を発表。2012年からは廿日市スポーツクラブコーチアンバサダーに就任。

2013年広島県社会人サッカーリーグ1部に所属する廿日市FCでの現役復帰を発表した。

若い頃は名選手であったため年代別代表の経験はない。フィリップ・トルシエ監督初陣である1998年10月エジプト戦でA代表に初招集され、途中出場して代表デビューを果たした。フィリップ・トルシエ監督時代は度々代表に招集され、途中出場がほとんどだがそれなりに出場機会があった。しかし、14試合出場0得点と結果を残せず、2002年日韓ワールドカップ日本代表メンバーから落選してしまう。

ジーコ監督時代は2003年12月東アジア選手権の中国戦で初出場し、代表初ゴールを決める。2004年ドイツワールドカップ予選のオマーン戦や欧州遠征でゴールを重ねエースとしての地位を確立しかけるも、怪に泣かされて代表から長期離脱する事になる。2006年日本代表に復帰する。ジーコ監督時代の日本代表では18試合出場11得点と代表FWトップの成績を残しており、コンディションが璧ではかったが2006年ドイツワールドカップ日本代表メンバー入りは確実と思われていた。しかし、最後の最後で落選してしまい、ワールドカップに出場する事はかなわなかった。


関連動画



■sm2595170[ニコ動]

■sm176686[ニコ動]
■sm2595697[ニコ動]
■sm1465418[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 13/11/20 01:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社