ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


久坂玄瑞


ヨミ: クサカゲンズイ

久坂玄瑞1840~1864)とは、幕末に活躍した人物である。


概要


長州士。、義助とも称す。号は、江斎など。

医のに生まれて、明倫館に入り蘭学を学ぶ。しかし1853年に・富子、1854年には・玄機、・良迪を相次いで失う。

1856年に九州遊歴の際肥後の宮部鼎蔵に勧められ、吉田松陰に接触。文通による攘夷をめぐる応酬の末に松下村塾に入門する。塾では高杉晋作とともに「虎」、「双璧」、作、吉田稔麿入江九一と「四天王」と称され、陰からはの文を妻にされるほど親しまれていた。

久坂玄瑞はその後も江戸京都を往復して尊王攘夷運動に奔走していく。1861年に長州論が合体に傾くに至って、同士とともに反対運動を展開。翌年にはこれを破約させ、攘夷に転換させることに成功した。

1861年に高杉晋作、志聞多(井上)、伊藤俊輔伊藤博文)らと英国使館を焼き討ちするなど攘夷志士の急先鋒として活動。朝廷の権威で幕府を追い詰める一方、1863年には関門峡で外艦砲撃を揮していく。

さらに京都宮部鼎蔵和泉らと大和行幸、攘夷親政を計画したが、ついに孝明天皇の怒りを買い、八月十八日の政変で失脚。三条実美ら七卿とともに京都から追放された。

それでも攘夷を遂行するために奔走するが、1864年池田事件を契機に和泉と上し、禁門の変を起こす。しかし敗北し、寺嶋三郎とともに鷹司邸で自害して果てた。


関連項目



最終更新日: 18/03/18 01:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ