ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


九条ひかり


ヨミ: クジョウヒカリ
掲示板をミル!
54カキコ!

九条ひかり(くじょう ひかりとは、『ふたりはプリキュアMaxHeart』の主人公の一人である。
担当声優田中理恵


概要



九条ひかり


初代プリキュアの2作ふたりはプリキュアMaxHeart」(通称MH)から登場する。
なぎさほのかの2つ下の学年程度でまぎれこんだ、三つに分かれたの園のクイーンの要素のうちの、命にあたる。
三つ編みをひっつめており、プリキュアシリーズ2代目であるが、雪城ほのかより明確にを見せているため、実際彼女プリキュアシリーズの初代キャラかもしれない。

藤田アカネのいとことして、彼女の経営する「タコカフェ」を手伝っている。

なぎさからは「ひかり」、ほのかからは「ひかりさん」と呼ばれている。

女王の命であるゆえか、あるいはポルンやルルンが「優しいポポ(ルル)」というほどの穏やかさから、無印ではわがままを暴走させていたポルンが非常におとなしくなっていた要因になっている。

学力はいいほうであるが、こちらの世界に来てから日が浅いため、まわりに取り残されがちでやや天然気味に見られてしまう。多くの人へ丁寧で話し、やや引っ込み思案なところがある。

第15話では、最初こそ多奈緒加賀山美羽という同級生に対して名字+さん付けで呼び、どちらかというと遠慮がちに喋っていたが、当話終了後には3人とも名前呼び捨てで呼べるような間柄になった。ひかり奈緒と美羽を名前呼び捨てにする場面を見ていた美墨なぎさ雪城ほのかは、かつての自分たちを思い出しているようであった。

奈緒と美羽に「あこがれの先輩は?」と問われて、なぎさの名前を出してしまうほど、彼女へ気持ちをかたむけているようであるが、質問の直後にP先輩の前で顔をらめるなぎさという場面を思い出しているので、もしかしたらその場面を説明しようとしただけのかもしれない。しかし、もし言いきってしまっていたらなぎさが恥をかくだけなので、途中で話を止められてよかったのかもしれない。
論、ひかりなぎさを頼りにしていることは間違いないのだが。

なお、なぎほのを支持する人からは空気扱いされがちであるが、MaxHeartという作品が、彼女を中心とし、ハーティエルを通じて彼女が「クイーンの命という要素」という存在から「普通人間少女」としての成長と「人間としての存在の確立」を描く物語という解釈も存在するため、間違ってもいらない子ではないので注意。

誕生日1992年9月9日なぎさほのかの二つ下で、S☆Sの二人と同い年になる(但し、オールスターズでは咲舞より年下となっている)。余談だが、生年日が設定されている他の4人とは異なり、誕生日(あるいはその前日)が放映日の誕生日回がかった。現在では公式から生年が削除されている。


シャイニールミナス


-く命 シャイニールミナス-

九条ひかりがポルンのを借りて変身した姿。プリキュアシリーズ初の異世界出身の戦士であり、
以後7年間記録が更新されなかった最年少プリキュア現在では3番に年齢の低いプリキュア

「人の姿と名前を持ち、妖精変身する戦士だとしても、人間としての発生をしていない場合プリキュアとして扱われない」といった定義が当てはまる存在になる先駆である。もっとも、ふたりとか5人というタイトルに押し出されてプリキュアになれなかったという説もある。そして「スイートプリキュア♪」では初の妖精出身プリキュアが誕生しているため、ある意味不遇な存在ともいえる。

他のプリキュア較して、大きな戦闘を持つわけではないらしく、敵に勇敢に立ち向かっていくブラック・ホワイトに対し、変身したあとはポルンを抱えてひたすら逃げる描写が多い。そのため「仕事しないルミナス」や「ブラックが殴る!、ホワイトが蹴る!、ルミナスが逃げる!」などのネタが定着してしまっていたりする(プリキュアショーでも戦闘場面になると、ひとりでさっさと退場してしまうこともしばしば)。
しかし、強大なを持つの園のクイーンから分離した”命”をる存在であるため、他のプリキュアにはない大きな潜在を持つ。
劇場版ふたりはプリキュアMaxHeart2 雪空のともだち」ではクイーンめさせ自らのスーパープリキュアとなり、一度は命を落としたとされる鳳凰ひなた”に再びを与えた。

なお、シャイニールミナスは当時の幼女大人気だったようである。
この現は、プリキュア5美々野くるみミルキィローズ)でも同様のことが発生していることから、2年で追加されたプリキュア幼女受けがよいらしいことが伺える。

チームで年下および3番手であり、髪の色黄色であることから他のプリキュアチームにあたるキュアレモネードキュアパインキュアサンシャイン等のイエロー系に分類されることも多いが、コスチュームカラーからピンク戦士とも見て取れるため、現在も続くピンク戦士の元祖と言ってもいいだろう(ちなみにキュアブラックにもピンクが使われているがメインではなくサブカラー)。
但し、プリキュアオールスターズDX3では、イエローチームに属して行動している。

ちなみに、シャイニールミナスはgoogle検索してはいけない言葉のひとつだったが、現在ではそれほどでもない。

個人技・能力


関連動画



■nm10090715[ニコ動]


関連静画


■im2958236(静画)
■im1777528(静画)


関連商品


■azB0031Z1WXK
■azB00I0OC7FY
■azB007Q763EM
■azB0009WTAKK


関連コミュニティ


■co395
■co2388736

関連項目



最終更新日: 15/06/21 23:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ