ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


九里亜蓮


ヨミ: クリアレン
掲示板をミル!
13カキコ!

九里亜蓮(くり あれん1991年9月1日-)とは、鳥取県出身のプロ野球選手投手)である。現在広島東洋カープに所属。

経歴

広島東洋カープ #12
九里亜蓮
基本情報
日本日本
出身地 鳥取県米子市
生年 1991年9月1日
身長
体重
187cm
92kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 投手
プロ入り 2013年ドラフト2位
経歴
プロ野球選手テンプレート

甲子園の出場経験はないが、大学時代は亜細亜大学に在籍し、才が開。東都大学リーグ通算19勝5敗、防御率1.60の好成績を残す。

4年生にはリーグ優勝、宮大会では先発した3試合で18.1回を自責点0と好投し大学日本一を達成した。

2013年ドラフト会議で、広島から2位名を受け入団。背番号12

広島時代

2014年キャンプから一軍に帯同。オープン戦の好投を認められ、2014年3月29日中日ドラゴンズ2回戦の先発に抜され6回を1失点と好投、プロ先発勝利を飾り、ルーキーの勝ち1番乗りとなった。その後は地元である米子市球場で凱旋登板家族の前でを手にするなど順調かに見えたが、後半戦は打ち込まれることも増え、1年は2勝5敗にだった。


2015年中継ぎとして起用されるがなかなか登板の機会が訪れず、5月3日東京ヤクルトスワローズ戦にて3.1回を投げて3失点を喫すると、以降は起用されず15日に登録を抹消される。その後8月12日に再登録され、同日のヤクルト戦にて先発として登板するも5回4失点で負け投手となり、翌日に再び登録を抹消されてシーズンを終えた。オフには二軍佐々岡真司投手コーチと共に下半身強化に取り組む。


2016年は開幕当初は前年同様中継ぎからのスタートだったが好調だったためか、5月は一転谷間先発として登板する。しかし不安定な面も多く露呈したためか、交流戦以降は起用法の安定しない便利屋としてに起用され、結果先発として10試合、中継ぎとして17試合に登板した。突出した成績は残せなかったものの、中継ぎでは2イニング以上投げた試合が8試合、登板から中4日以内で先発した試合が4試合とフル回転した。


2017年は開幕から先発ローテーション入りしたが、途中から中継ぎを務める。35試合(内先発13試合)に登板し、9勝5敗2ホールドを挙げた。


2018年は開幕から中継ぎとして登板していたが、途中から先発に転向。6月17日福岡ソフトバンクホークス戦ではプロ勝利を挙げた。24試合(内19試合は先発)に登板し、8勝4敗を挙げ、リーグ3連覇に貢献した。クライマックスシリーズでは第3戦で勝利投手となり、日本シリーズ進出に貢献した。日本シリーズでは第3戦で先発登板したが、敗戦投手となった。

選手としての特徴

持ち球は、最速147km/hの直球、落差あるチェンジアップをはじめ、カーブスライダーツーシームなど多変化球を投げ分ける。

精悍な顔立ちや恵まれた体格からのイメージとは裏に、芯を微妙に外して打たせて取る投球スタイルが持ち味。プロ先発の試合も、全18アウトがゴロ15フライ3の0三振だった。

現在の投球フォームはセットポジションからノーワインドアップのオーバースロー大学時代からしばしばフォームを変えており、トルネードフォームだったこともある。

人物・エピソード

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2014年 広島 20 16 0 0 2 5 0 0 .286 83.1 31 50 45 37 4.00
2015年 7 1 0 0 0 1 0 1 .000 16.0 7 10 10 8 4.50
2016年 27 10 0 0 2 2 0 1 .500 80.0 37 52 47 40 4.50
2017年 35 13 0 0 9 5 0 2 .643 116.1 44 97 51 47 3.64
2018年 24 19 1 0 8 4 0 0 .667 120.1 41 86 60 57 4.26
NPB:5年 86 59 1 0 19 15 0 3 .553 416.0 123 295 213 189 4.09

関連動画


■sm21161547[ニコ動]

■sm23366641[ニコ動]

関連コミュニティ

■co2532

関連項目

外部リンク


最終更新日: 19/08/23 06:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ