ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


五代十国


ヨミ: ゴダイジッコク
掲示板をミル!
12カキコ!

五代十国とは、10世紀(907~960)の中国の時代区分である。


概要


具体的には朱全忠による唐の滅亡(907年)から、趙匡胤(ちょうきょういん)の即位(960年)までの時代である。

この約50年の間に華北では5つの王(後梁、後唐、後後漢、後周)が覇権を競い、一方で中、華南では10の地方政権が独立して成立していた。


後梁


907年、唐を倒して後梁をたてた朱全忠開封に都を定め、初代皇帝となり、ここに五代十国時代が始まる。しかし建時の後梁の領土は唐の1/4にすぎず、各地には王の李克用、前王建など下を狙う武将達が存在した。その多くは唐の辺将軍である節度使出身であった。また同じ頃、保機(やりつあぼき)が率いる遊牧民族契丹北アジア中央アジアに勢を広げており、万里の長城えて中国内への進出を狙っていた。

907年、李克用長男存勗(りそんきょく)と共に後梁へ侵攻を開始。李克用は片が不自由であったため「独眼竜」と呼ばれ、また彼の軍隊は全員衣装を着ていたので鵶軍(あぐん、カラス軍団の意)と呼ばれ、その強さを恐れられていた。しかし、朱全忠べ政略や謀略という面で劣っていた李克用朱全忠に遅れを取り、朱全忠打倒を果たす前に死去し、存勗がその跡を継ぎ王を名乗った。

そんな中、体調を崩した朱全忠は自分の跡を養子である朱友文に継がせようとしたが、これに怒った実子の朱友912年にである朱全忠と朱友文を殺してしまった。しかし朱友自身も翌年にの朱友貞に謀反を起こされ死亡。こうして朱友貞が皇帝となった。

この隙をついて存勗は、知恵袋の(ふうどう)の勧めで契丹との和を結んだ後に後梁へ攻め込んだ。存勗は後梁の基地を次々と攻め落とし後梁の首都、開封に迫っていった。存勗は916年に河のに達し、923年には州で皇帝として即位して新しいを建てた。これが後唐である。その年のには荘宗(存勗)は大軍を率いて河を渡り開封へと進撃した。末(朱友貞)はこれに対抗できず自殺。後梁はわずか2代、17年で滅んでしまった。


後唐


しかしその後、都をに移した荘宗は唐の朝廷に習って宦官を復活させ側近政治を行ったため批判が強まった。また荘宗は贅沢な暮らしを好んだため引退してしまった。

その後、華北で反乱が起き、荘宗は義である(りしげん)に鎮圧を命じるも、これを不に思った926年に荘宗に反旗を翻し、軍を率いて陽を落としてしまった。こうしては後唐の皇帝の座についた。

明宗()は引退していた召還し、そのアドバイスに従って宦官を遠ざけ、財政の立て直しをはかった。また、皇帝直属の軍隊をつくり皇帝の権を強めることにつとめた。明宗の時代は大きな戦いもなく、それなりに平和であったが933年に明宗が病気で倒れると、次の皇帝の座を巡って再びしい権闘争が始まった。3代皇帝従厚)は即位後はずか半年で殺され、934年に末()が4代皇帝になった。

その後、河東節度使の石敬瑭(せきけいとう)が反乱を起こしたので末はこれを兵糧攻めするも、石敬瑭と結んだ契丹の攻撃を受け、936年に後唐は滅び、石敬瑭は太原(陽)で位につき号をとした。これが後である。


後晋・後漢


は援軍を送ってくれた契丹に臣下の礼をとり、毎年30万匹の布と、十六州を契丹の耶に送った。十六州は万里の長城の南、河北・山西の北部の地域で、現在北京や大同を含む広大な地域であった。この地域は地政学的に重要な地域で、この地域を巡って北方民族中華は後々に長いこと争うことになる。

一方その頃、朝鮮半島では918年には(けそん)を本拠地とする王建が高麗を建し、935年には朝鮮半島を統一した。

937年、石敬瑭は都を陽から開封に移した。942年に石敬瑭が亡くなるとおいの石重(せきじゅうき)が跡を継いだが、石重は契丹への貢ぎ物を拒否したため、946年、契丹の皇帝、耶は開封に軍隊を送り、出(石重)を捕虜にした。ここに後は2代12年で滅んだ。このとき契丹は穀騎と呼ばれる略奪部隊を作り河北地域を荒し回った。また契丹は翌年の947年に号をめた。しかし打穀騎は後の農民のしい抵抗にあり、軍は北方に追いやられた。

にかわって後漢を建てた知遠は突厥出身のトルコ系の武人の柄であったが、皇帝となってわずか1年で病死してしまう。18歳の隠が跡を継ぐも、2年後側近の兵に殺された。後漢の治世はわずか3年。五代の中で最も短命な王であった。


後周


951年、後漢の有力武将であったは部下に推され後周をたて皇帝となった。これが後周の太祖である。威は内政にを注ぎ、の充実をはかるも954年に死去した。威の一族は、後漢の隠に殺されていたため、養子の(さいえい)が二代皇帝として即位した。

世宗(栄)はをまた重用したのだが、にとってこれは5つの王であった。後唐、後後漢、後周と五十一皇帝に仕えたを、人は不倒翁と呼んだ。また、この頃には後にの初代皇帝となる趙匡胤も台頭し始めていた。

華北が北で5つの王を交代させている間、中や華南では10の地方政権が存在していた。華北をおおよそ統一した後周は中国統一のためにそのうちの一つ、後を攻めることを決定する。955年、世宗の栄は自ら後を攻撃し、4つの州を奪い取った。こうして西方の脅威を取り除いた後周は937年に南唐への侵攻を開始した。南唐は徐知誥(じょちこう)により建された国家で、に都を置き十の中で最も豊かな経済と高い文化を誇っていた。

南唐の抵抗にあいつつも958年、後周は南唐の長江以北の14州60県を奪取した。進退窮まった、(徐知誥)のあとを継いでいたは後周へ属することを決めた。

南唐を屈させた後周の次の敵はを後ろにしていた北であった。959年、世宗は趙匡胤とともに十六州を奪い返すために軍隊を派遣した。後周軍は各地で軍をやぶり、瀛州と州を取り返すも世宗が倒れたことにより汴州(開封)へ退却。跡をついだのはわずか7歳の宗訓(さいそうくん)であった。960年に趙匡胤は再びや北と戦うために北進するが、その途中、普と義の推戴を受けて皇帝となった。五代十国という時代はここで一区切りにされるが、この後も趙匡胤中国統一の戦いは続いて行く。


十国


とは以下の国家す。

また、十以外のとして茂貞の岐(901年-924年)と(895?911年-913年)がある。



群盗の出身の行密が現在の南周辺を支配した政権。都と呼ばれる軍勢を率いたことによって台頭したが、頼り過ぎたが故に都の官である徐温と顥が実権を握るようになる。
行密が死んだ後の君全に傀儡であり、徐温と顥との権争いは徐温の勝利に終わる。が、その徐温も譲直前に病死、その養子である徐知誥に譲することによって4代で滅んだ。


南唐


譲によって南唐を建した徐知誥は、行密に拾われた正体不明の孤児で、才を見込まれたが行密の子たちとは折り合いが悪かったため徐温の養子になる。ここで才を発揮し、徐温の実子たちを差し置いて後継者へと成り上がり、ついには国王にまでなった。皇帝即位後は唐の宗族と自称して名、名も唐にちなんだものとした。
運営するうえで最重要物資であるの生産地を抑えていたため、十の中では最強といわれていたがは外征よりも内政にを尽くした。その姿勢はまさしく名君といってもよかったが、外征をしなかったことが結果的な最悪な結展開を迎えてしまう。
2代目は外征を推し進め、内乱に乗じて楚と閩を滅ぼすがその後の処理がまずく、得た領土を手放すことになってしまう。その上、文人気質で実務に疎い傾向にあったため、後周の世宗に敗北、大幅な領土の割譲など後周の属になることを余儀なくされてしまう。
3代煜はを保つことに保身するが、結局は後周の後継であるに攻め込まれて滅ぼされることとなった。


前蜀


群盗出身で巣の乱で名を上げた王健が、に割拠した政権。
戦乱の世ではあったが、天然の要である地理条件となどの重要資が産出することから経済発展に尽くし、別地ともいえる平和間を造り上げた。文人たちが避難してきたことによって文化が開いたが、その反面、秘密警察を作って民を監視するなど暗い面もあった。
だが、その後を継いだ2代目無能であり、天然をつけた後唐によってあっさり滅ぼされた。


後蜀


滅亡後のの統治を任された知祥が混乱に乗じて独立どこの劉備だ。
譲りの経済で文化が開いたが、下の険があることをいいことに外よりも内に向いてしまい、奢侈に走るのも前と同じであった。そして、にあっけなく滅ぼされてしまう。



群盗の王審知が福建に中心に割拠した政権。
初代の王審知は名君であったが、後継者に恵まれず、内紛の果てに後唐に攻め込まれて滅亡。
閩時代の遺物が今でも意外に残されている。


呉越


群盗の銭鏐(せんりゅう)が州を中心とした地域を支配した政権。
内政に務め、長江、東シナ、南シナの結節点という立地を生かしての貿易国家として栄えた。その一方で細々としたものに税をかけていたと言われている。
周辺諸較して後継者には恵まれていたため内紛が少なかったこと、強に臣従してで安全を買うことによって五代十国としては長期に渡って存続したが、が南唐を滅ぼして直接を接するようになると不利を悟り、自ら領土を献上する形で滅んだ。としては一番まともな終り方であり、室は優遇されたという。



木工出身の群盗、殷が長沙周辺に割拠した政権。
経済国家であり、の販売がな収入だったため5代の国家には臣従、皇帝とは名乗らなかった。
殷は子沢山であったが、その息子たちが庸であったことから内紛が勃発、南唐に攻め込まれて滅亡する。
ちなみに王堆は殷の墓だという伝承があってつけられた名称であったが、実際に葬られていたのは全くの別人、そして殷よりも古代の人だった。


荊南


丁稚出身で、後梁の朱全忠に才を認められた高季が荊州以下、3州の統治を任され、その後、独立した勢。実は国家ではなく自治領という存在であり、員数合わせのために五代十国に組み込まれたのではないかという説もある。
中、もっとも小さい国家ではあったが大陸の中心という立地条件を生かし、五代ののみならず、後唐や越といったまで臣従、勢の緩衝地帯と認識させることよって独立を保った。だが、の侵攻が始まると結節点という点からっ先に攻撃標とされ、軍を通過させろと脅されて認めるとそのまま占領されて滅んだ。荊南の滅亡により、十が連携してを攻撃することが不可能になったので重要な意味を持つ。
ちなみに、万事休すとはこの発祥の故事成語である。


南漢


隠が広東を中心に割拠した政権。ちなみに隠はアラブ系だったのではないかという説がある。
その頃の広東は中央から遠く離れていたので平和であり、南海貿易で栄えていたのでも豊かであった。ただし、ベトナムとの戦いに敗れて独立を許し、これを契機に中華ベトナム支配が終わったというのは重要な事件である。
特徴としては宦官大好き政権であったこと。宦官でないと役人として登用されない有様だったので人口100万人対し、宦官の人口が7000人、末期には20000人に増加したといわれている。まともな状況ではなかったので、が侵攻するとあっさりと滅亡した。


北漢


後漢皇帝知遠のである崇が甥の隠が殺された後、太原を中心として独立した政権。
誕生の経緯から後周、に敵対的ではあったがではわなかったために臣従した。
支援を受けて後周と対決するが敗北、内紛もあって4代で滅亡。北の滅亡により中国統一は了した。


関連動画



■sm16331536[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 16/05/12 12:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社