ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


五式戦闘機


ヨミ: ゴシキセントウキ
掲示板をミル!
31カキコ!

五式戦闘機とは、大日本帝国陸軍戦闘機である。略称は「五式戦」。

陸軍キ番号(試作名称)はキ100。実戦参加が終戦間際だったこともあり、他の三式戦「飛燕」、四式戦「疾風」のような称もつけられておらず、また連合側のコードネームもない。


概要


終戦間際の1944年日本本土上B-29が飛来するようになってきたものの陸軍の中で満足な高高度戦闘を行える機体は少なく、陸軍は高高度戦闘に対応するため三式戦闘機の生産に着手していた。
ところが、一に搭載されたエンジン・ハ40の性向上形、ハ140はハ40以上に生産性に難があり、451月時点の段階で満足完成したのは31機。残りはエンジンい首し機体だけが370機以上も工場に並ぶというとんでもないことになる。話によるとエンジン未搭載機体を置くスペースはなくて、工場から国道沿いに2kmほど首し機体が並ぶという異常なことになっていたようだ。

さすがに陸軍もこうなることは予想していたらしく、44年より三式戦闘機の開発元である川崎飛行機に三式戦ベースエンジン搭載機をめていたが、土井夫氏ら開発チームは難色を示していた。
確かにわざわざドイツDB601エンジンライセンス生産してまで液冷エンジンに拘ったのにここで後退するようなことを簡単に頷けるほどではないのも理解できる。
また構造的にもクリアすべき点も多く、その最たるものはエンジンの設置だった。もともと三式戦はエンジン直径が細くできる液冷により機体がスマートだった。搭載されていたハ40エンジンの全幅は739mmエンジンではシリンダーなど配置になるとどうしても直径が大きいなる。
おまけに陸軍が提示した代替エンジンは当時四式戦などが搭載していたハ45(直径1120mm)ではなくハ112-2(直径1218mm)とこれまた大きい代物だったのだ。これにエンジンカウルなどがつけばさらに大きくなる。

どうエンジンを搭載しても細い胴体との間に隙間が出来る。と言うものの飛ぶどころかエンジンも機体が300機もあまるような状態ではもはや否応はない。開発チームは否応なくエンジンの乗せかえに着手することになった。

開発チームは当時日本に輸入で届いていたドイツBf109やFw190A-5の機体デザインを参考にして、隙間部分を埋める形で推式単排気管を設置。エンジンから出る排気を推に変える単排気管によって(的に)隙間を埋めることに成功した。
元々三式戦自体、主任設計の土井氏らしいシンプルで頑丈な設計をされていたためエンジン搭載にあたって特別機体を修正することなく、冷には不要なラジエターなどの補器類を撤去するという簡単な修正のみほどこし、三ヶという異例な速さで五式戦闘機の初飛行を行うことに成功した。

 いざ飛んでみると三式戦闘機より最高速度は若干ちたものの上昇率は上がり、液冷に必要な補器類とそのバランスをとるためのカウンターウェイトくなったことで軽量化となって運動性が上がるというおまけつきでパイロットの評価も高く、陸軍もこれを高く評価することになった。
(当時、四式戦に搭載されていたハ45の稼働率に悩んでいた軍にしてみればやっつけで作らせてみたら予想外な出来の良さに喜んだらしい)

そのまま451月に正式採用。急いで生産に取り掛かろうとしたものの、運悪く終戦間際に起きた東南海地震のためにエンジンの供給が滞り、終戦まで400機に満たない数しか生産できなかった。

前期(通称I甲)は三式戦の胴体をそのまま転用したもので300機ほど。後期(通称I)は防を代え、機体後部を手直ししたものが99機作られたという記録が残されている。また排気タービン過給機付きのハ112-2-ル エンジンを装備したIIも試作された。

生産機数も少なかったため現存する機体はわずか1機。イギリスが接収し本に持ち帰った五式戦が今もイギリス博物館にあるのみである。


実戦参加


配備された時期も終戦間際で、かつ機体の多くは本土決戦用に温存された飛行戦隊にまわされたため、実戦参加の記録も数少ない。

数少ない有名なエピソードとしては1945年7月16日、飛行第111戦隊所属の24機の五式戦が硫黄島から出撃した96機のP-51を迎撃。“義足のエース”こと檜少佐P-51に乗るジョンベンボウ大尉機を撃墜したエピソードがある。これは日双方の記録で確されている。
少佐は43年に一式戦搭乗のさいにP-51に襲撃をうけ負傷。右足切断という負傷からジェラルミン製の義足をつけて前線復帰。見事足の借りを返したという形になった。ちなみにこの後、少佐は15機のP-51に包囲されたものの事回避、帰還している。


その評価


登場したのが戦争末期で評価が難しい機体でもある。機体が新規設計ではないこともあるし、1945年1500級の戦闘機というのは周回遅れの感はたしかにいなめない。
が、当時2000級のハ45(軍名・誉)エンジンが品質・整備性の問題で稼働率に悩まされていたことも含めて考えれば次善の策としては妥当ではないだろうか。

元々余のあるシンプルな機体設計を常としていた土井夫氏らが作った三式戦の素性の良さが液冷から冷へのエンジン搭載変更というしい事態にも乗り切ったともいえる。
頑丈に作られた機体は降下スピード800km/hをえてもなお不安なく、最高速度では同時期の戦闘機べると見劣りするものの、実際の迎撃戦が行われる中、低高度域であれば必要十分かつ、エンジンと軽量の機体にものをいわせた中機動で十分に対抗できたという。
また、液冷に慣れていなかった整備兵にとってもエンジンのハ112-2は扱いやすかったらしく評判もよく稼働率も高かったという記録が残されている。

実戦参加が短いため搭乗員たちの評価は定まってはいないようだ。三式戦に乗りなれた搭乗員たちからはエンジンが大きいことから「不恰好」と言われたようだが、その軽さからくる機動性は魅だったようだ。

一式戦に慣れたパイロットからは受けが良かったとも言われるし、陸軍・自衛隊パイロットして有名だった小林少佐は「五式戦をもってすれば絶対不敗」との言を残している。

また四式戦闘機疾風」との模擬戦が行われ、ここでは同程度の技量をもつパイロット達によると、「高位戦(優位戦)からは自在に攻撃をしかけられ、低位(劣位)からでも二、三回の上昇で四式戦を抑えられる。突っ込みでは四式戦が優位だか上昇や旋回性では上」という言が残っている。
(これは機体特性もあるので一概に優劣を決められるものでもない。機体に応じた戦闘があり、前述の通り中・低域の格闘戦では優越があったというだろう)


陸軍戦闘機最優秀というも残されているぐらいであるから、生まれは望まれた形ではないにしても良く作られた戦闘機だといえる。

いま少しい段階でエンジンへの移行が進んでいたら…と思う人もいるだろう。そういう意味では惜しい機体ではあるだろう。


関連動画


 
■sm16114303[ニコ動]


関連商品


■az4499230047
■az4056049300


関連項目



最終更新日: 12/05/04 22:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ