ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


井笠鉄道


ヨミ: イカサテツドウ

井笠鉄道株式会社は、かつて岡山県笠岡市に存在していた鉄道事業者。
当記事では、この企業の存続会社である「株式会社井笠バスカンパニー」についても取り扱う。


概要


1911年井原軽便鉄道として発足。軌間は762ミリメートルの特殊狭軌鉄道であった。
笠岡駅を起点に、矢掛井原を結んでいた。
笠岡駅国鉄山陽本線と、国鉄福塩線と連絡していた。
1915年に井笠鉄道に名した。原との略であることは言わずもがな

バス事業には1925年から参入。岡山県笠岡市井原広島県福山市テリトリーにしていたことから、岡山県広島県 両県のバス協会に加盟していた。

1971年鉄道事業から撤退しバス専業事業者となる。その際、井笠鉄道の線路跡は鉄道建設団に買収され、その後、井原鉄道が建設されるいしずえとなった。

井笠鉄道はかつて近畿日本鉄道グループの一員であった。1964年近畿日本鉄道が資本参加しグループ入りを果たしたが、2004年グループから脱退している。


経営危機、そして


2012年10月中国運輸局に事業止届を提出しバス事業から撤退を表明。その翌岡山地方裁判所に破産を申し立てた。負債総額は323600万円だった。

その後、井笠鉄道が運行していたバス路線は中国バスが一時的に運行を受け持った。
中国バス共交通の再生請負人として知られる『両備ホールディングス株式会社』(両備グループ)の一員であり、そこに白羽の矢が立った。
そして、2013年中国バス100パーセント出資の子会社株式会社井笠バスカンパニー』として再出発し今に至る。


関連動画



■sm29847365[ニコ動]


関連商品


■az4871123154
■azB004GBUJXC
■az4169115317
■az4902731738
■azB00I1BRJ8G


関連項目



最終更新日: 16/12/07 22:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ