ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


京都丹後鉄道


ヨミ: キョウトタンゴテツドウ
掲示板をミル!
6カキコ!

京都丹後鉄道(きょうとたんごてつどう、KYOTO TANGO RAILWAY)とは、WILLER TRAINS運営する鉄道称である。
略称は「丹鉄(たんてつ)」。ただし、英語表記を略すと北近畿タンゴ鉄道略称であった「KTR」になるため、車両形式にそのまま使用されている。


概要


北近畿タンゴ鉄道2015年4月1日WILLER TRAINS運営移管することに伴い、新たに使用されている鉄道名である。なお、WILLER TRAINS運営のみを行う第二種鉄道事業者となるため、北近畿タンゴ鉄道自体は線路など設備を保有する第三種鉄道事業者として存続している。

基本的には乗車券については窓口での販売となるが、「あかまつ・くろまつ」のインターネット予約は引き継がれるほか、一部の企画乗車券についてはインターネットでの予約受付が可となる。また、企画乗車券については北近畿タンゴ鉄道時代は10種類発売していたのを25種類に追加・変更した。
なお、存が注されていた硬券を使用した乗車券・入場券や出札補充券はデザインが変更されたものの存続した。

また、北近畿タンゴ鉄道時代は宮津線宮福線の2路線としていたのを、路線の場所をわかりやすくするために称としては宮舞線宮豊線宮福線の3路線とした(正式は2路線のまま)。名についても周辺の施設をわかりやすくするため、一部称した。


路線一覧



使用車両/車両基地


北近畿タンゴ鉄道時代にになった車両は「北近畿タンゴ鉄道」を参照。

西舞鶴運転区所属

福知山運転支区所属


デザイン列車


京都丹後鉄道では宮舞線宮豊線宮福線水戸岡鋭治氏がデザインした観光列車を運行している。また京都から立・久美・舞方面にも同氏がデザインした特急列車を運行している。なお宮福線には恵知仁氏がデザインを手がけたMF車両が走っている。


JRから乗り入れてくる車両


KTR以外にもJRから車両が乗り入れてくる。

それ以外にもJRから検測キヤ141系クモヤ443系)がやってくる。


企画乗車券(フリーきっぷ)


新商品は太字。発売を終了した企画乗車券は冒頭に【発売終了】。(ただし時期によっては再度発売する乗車券もあるので名称は残しておく)

2015年2月1日(一部は3月1日4月上旬)から予約受付開始。・お店での購入および引き換えは4月1日から。インターネットから予約の場合Web割引(大百科では「インターネット割」と表記)が適用される。さらにWILLER EXPRESSプレミアム会員だとWeb割引料からさらに300円割引も適用される。
例:丹鉄まるごとフリーパス:Web割引2,000円(大人)・1,100円子ども)-プレミアム会員300円=1,700円(大人)・800円子ども

窓口での発売・インターネット予約による引換は福知山駅大江駅宮津駅西舞鶴駅、与謝野(旧:野田)、丹後大宮駅(旧:丹後大宮駅)、峰山、網野夕日温泉(旧:木温泉)、小(旧:丹後神野)、久美豊岡駅で販売・引き換え可。引換の際予めプリンアウトした予約引換クーポンが必要。子どもは特記がい場合半額となる。


通年発売するフリーきっぷ



期間限定フリーきっぷ



次へ»
最終更新日: 16/08/11 01:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ