ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


京都市交通局10系


ヨミ: キョウトシコウツウキョクジュッケイ

京都市交通局10系とは、京都市交通局地下鉄烏丸線で運用されている電車である。1981年使用開始。


概要


1978年電が止された後、新時代の交通として待望されて建設された地下鉄烏丸線の開業時に製造された。

当初から近鉄京都線奈良線への相互乗り入れが想定されており、体の規格はそれに合わせられている。
アルミ体のデザイン関西鉄道では初となる、正面を斜めに折り曲がらせた左右非対称のものとなっており、東京メトロ6000系(当時は営団地下鉄)の影ありありと見える。また、制御装置も電機子チョッパ制御となっており、まさに東京メトロ6000系コンセプトをそのまま京都市仕様リファインしたといっても過言ではあるまい。ドア爆弾ドアじゃなくて静かだけども。

1981年の開業当初に製造された1・2次と、1988年竹田延伸、相互乗り入れ開始以降に製造された3~6次では正面デザインの開閉可状況、調の補助ファンの有などの差異がある。2017年現在は6両編成が20本、120両が在籍している。

烏丸線の延伸に合わせて十数年に渡り増備されたが、交通局にカネがないのでVVVF化のような制御装置などの大きな変更はなく、マイナーチェンジにとどまっていた。そして、乗り入れ相手の近鉄3200系がとっくの昔に更新されて全内表示装置が付けられ、3220系と並んで乗り入れが全部内表示装置が整備されたのに、依然10系は最終増備編成の4本のみにとどまっていた。当然カネがないので10年以上も設備面で劣る状態が続いていたのである。これは、烏丸線の場合、乗り入れ用の近鉄電車際会館~竹田間の線内折り返し運用に入って10系3200系3220系が対等の状況で客のに触れるため、より立つ結果となっていた。

ところが、制御装置のメーカーが部品製造を打ち切ってしまい、やむなく制御装置のVVVF化がスタートすることになった。2015年に第11編成の制御装置を三菱電機製のハイブリッドSiCとし、誘導電動機の一種である全密閉モーターを動としたことにより、VVVFとしては古い3200系べてかに静かな運転音を実現している。
そして、設備面も2017年内表示装置の取り付けと前側面行先表示幕のLED化が始まった。これは、観光地にふさわしく多言表示に対応している。

1・2次はこれらのアップデートの対から外れており、いずれ新車両に置き換えられるものと思われるが、それまでは更新から外された制御装置のパーツを使って共食い整備でまだ数年は永らえることになるだろう。何しろカネがないので。

現在も、烏丸線の全線際会館~竹田折り返し運転と、際会館~新田辺間の乗り入れ各駅停車際会館~奈良間の乗り入れ急行で活躍、二つの「都」を結んで駆け抜けている。


関連動画



■sm26249359[ニコ動]

■sm26255791[ニコ動]

■sm19076161[ニコ動]


関連商品


■azB01DA3N5UU
■azB01DA3N7YO


関連コミュニティ


■co1754240
■co2893904


関連項目



最終更新日: 18/01/10 17:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ