ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


人的補償


ヨミ: ジンテキホショウ
掲示板をミル!
226カキコ!

人的補償とは、日本プロ野球においてフリーエージェントFA)による移籍選手の補償として、移籍の代わりに選手を獲得することである。


概要


たまにトレードと混同する人がいるが、トレードとは別物である。

違いを分かりやすく書くと

チームでこの部分が不足しているな……よし、合致する○○(選手名)をとろう!」
「お、○○(選手名)がほしいのか。じゃあ、代わりに△△(選手名・※1)をもらっていいかな?」
「利関係が一致していますね。じゃあ、○○△△のトレードということで!」

※1・トレードの場合は交換トレードがメインだが、銭トレードが行われる場合あり。
実際に2013年シーズン開幕前に、中日ドラゴンズ東北楽天ゴールデンイーグルス岩崎達郎銭でトレードを行っている。
さらに稀なケースとして償トレードが行われる場合もある。基本的にはから外れた選手が対とされるが、2003年シーズン終了後に選手の1人だった小久保裕紀福岡ダイエーホークスから読売ジャイアンツ償トレードされたという衝撃的な出来事があった。また、もう1つの例外として、2004年に球団を発足させ、翌年からリーグに参加する東北楽天イーグルスに対し、小山伸一郎など7選手が4球団から償トレードされた。同一球団への、及び同一球団から(7選手中4選手が中日ドラゴンズからである)の償トレードはこの年が最多である。

「うーん、××(選手名)がいなくなって困ったな。銭でもいいけど……そうだ、代わりにだれか選手をもらおう。というわけで、××(選手名)の代わりの選手をもらえますか?」
「分かりました、これがプロテクト外のリストになります。ここから選んでください。」
「うーむ……じゃあ、(選手名)で!」

といった感じである。

もちろんでも貰えるわけではなく、FA選手獲得チームは規定の人数(現在28人)内で所属している支配下登録の選手をプロテクトでき、人的補償はそのプロテクトから漏れた選手の中から選ぶことになる。プロテクト外であっても、外国人選手や直近のドラフトで獲得した選手は対外となる。

なぜ、支配下登録と書いたかというと、福岡ソフトバンクホークス千賀滉大が支配下登録された際に地元のローカル番組や西日本スポーツコラムで、「埼玉西武ライオンズ帆足和幸ソフトバンクに移籍した際、実は人的補償でっ先に検討されたのが千賀であった」という話が流れた。
ただ、この時の千賀はまだ育成選手であり、そもそもプロテクトやプロテクト外の対ではなかったため、西武は獲得をあきらめ、銭補償を選択している。

さらに言うと、人的補償も銭補償ほどではないが、選手の年俸の一部を獲得した球団が元所属球団に支払う必要がある。

また、FA移籍した選手よりもその人的補償で移籍した選手が活躍するといった例もあり、『人的補償=お払い』とは一概に言いきれないことも多い。

ちなみに、2008年に行われたフリーエージェントの制度正以降、FA選手の年俸が前チーム日本人選手の年俸で11位以下(ランクC)の場合は補償自体が発生しなくなった。

さらに詳しく知りたい場合はwikipedia[外部]を参照のこと。 

なお、MLBではこの制度は存在しない。移籍元の球団は次回のドラフト名権をFA先の球団から貰うことができる制度が存在する。


人的補償で移籍した人たち


【】内はそのときのFA移籍選手。


関連項目



最終更新日: 19/04/09 09:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ