ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


人間爆弾


ヨミ: ニンゲンバクダン
掲示板をミル!
74カキコ!

人間爆弾とは、読んで字の如く人間材料にした爆弾のことである。
方法としては、体内に爆弾を埋め込む場合から爆弾携帯するだけなど多岐に渡る。 

自身の意思で周囲を巻き込んで、または機密などの秘匿のために「自爆」を行う事もあるが、この項ではマインドコントロールなどを含め、他人の手によって理矢理爆弾に仕立て上げられるものをに記述する。ただし、自らの意思による自爆との線引きは非常に難しい。


なぜ人間を爆弾に仕立て上げるのか?


人間爆弾にする利点は何か?

大まかにだが、以下の項人間を利用することの利点として挙げられるだろう。

  1. 秘匿性の向上 - 体内に埋め込まれてしまうと見たでは分からなくなる。さらに、そうなった場合自での摘出はほぼ不可能である事が多い。
  2. 任意の位置での起爆 - マインドコントロールされている場合、人間の自性が強な誘導装置と化す。また逆に爆弾化された本人に自覚がい場合、自覚のうちに仲間を巻き込む場所に赴いてしまう可性が高くなる。
  3. 心理的衝撃 - 人間突然爆発する心理的ショックは大きい。さらにそれが近親者でなおかつの前で爆死するなどすればそのショックは計り知れないといえる。
  4. 心理的負担の強要 - いつ爆発するのか分からないという状況になってしまった場合、人間爆弾の発見方法が確立されていない限り、極度の疑心暗鬼を生じさせる事となる。 

逆に以下の項が欠点として挙げられる。

  1. 必要技術の高等化 - 体内に隠す、もしくは埋め込むための爆弾の小化・高性化や、強マインドコントロールの技術が必要となる。
  2. 的見地からの問題 - 被害を受けた側の憎悪を掻き立てる。人のを確実に踏み外す。(仕掛けるのが人外の場合もあるが)

架空の人間爆弾


ニコニコ動画での有名どころは、やはり『無敵超人ザンボット3』の人間爆弾と『チャージマン研』のボルガ博士だろうか。
無敵超人ザンボット3』の場合はみんなのトラウマと化し、「ボルガ博士、お許しください!」の場合はみんなの腹筋を鍛えてくれる。どちらにも人間爆弾が登場するのに、どうして差が付いたのか。慢心、環境の違い・・・。

ザンボット3
敵組織・ガイゾックによって主人公らの幼馴染を含む多数の人間拉致され、人間爆弾に改造され爆死する。
当初はが人間爆弾であるかを判別する術はく、突然の爆破に怯えるしかなかったのだがこれはまだいい方で、後に「背中のアザができる」と言う判別法が発見されるも肝心の爆弾解除の方法が一切見つからず、爆死前に自分が人間爆弾である事を知ってしまい、巻き込まないように爆死する努をするしかないと言う救いようのい結末に変わっただけであった。

チャージマン研
ボルガ博士ジュラル星人拉致されて頭の中に爆弾を埋められる。
しかしその発見方法が爆弾が内蔵している時計針の音を聞き取るというもので、体内に埋め込む小爆弾なのにアナログ時計を起爆装置に用いているのか?というツッコミどころがある上、肝心のボルガ博士も多数の人が集まる会場からは拉致同然に連れ出されたものの、その後は何とか助ける努をするとかではなく、敵に向けて投下して爆弾として使った

M:i:III
米国スパイ組織IMFエージェント、イーサン・ハントの元に、かつての教え子である女性エージェント、リンジーが捕らえられたという知らせが届く。迷いながらも救出作戦に参加したイーサンは、仲間達とのチームワークを発揮しリンジー救出を果たす。しかし逃げる途中、リンジーは頭に仕掛けられた爆弾によりイーサンのの前で死んでしまう。

MGSV GZ(※以下ネタバレのため反転)
米軍施設にて尋問を受けている2重スパイであるパス・オルテガを回収し敵組織の情報を得るのがミッション的であった。だが、回収したパスは体内に爆弾を埋め込まれ人間爆弾にされていた。 

ダークナイト
悪役であるジョーカーの部下の一人が部に携帯電話爆弾を縫い込まれる。ジョーカー警察署のを脱出する際に爆弾を起動、部下ごと警察署の一部を爆破し逃走した。


現実の人間爆弾


近年において活発化しているテロリストによる、爆弾を体に巻き付けたり爆弾を満載したでの自爆テロが挙げられる。その場合、宗教や憎悪を利用したマインドコントロールによって行われる場合が多い。
特に自覚な子供を利用したり、女性など周囲に危を与えにくそうな人材を利用した差別自爆テロは深刻である。

戦場では死体や負傷兵、人質を用いたブービートラップなども使われる場合がある。だがこれらは論戦時下においてすら非常に非人的な行為であり、これらを行った者は間違いなく戦争犯罪者として裁かれる事となる。

また、第二次世界大戦末期日本では、物資の欠乏や芳しくない戦況などから、搭乗員が誘導装置となる設計の特攻兵器が大規模に運用されていた。その他にも、対戦車地雷や機による薄攻撃も行われた。だが、命懸けの特攻にもかかわらず実際の戦果は良好とはいえなかったという。


主な登場作品



関連動画


の人間爆弾


■sm5744978[ニコ動]

■sm444337[ニコ動]


特攻隊

■sm762885[ニコ動]
■sm14588968[ニコ動]


関連商品


■az4769805462
■azB00009KM13


関連項目



最終更新日: 17/05/12 03:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ