ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


仮面ライダー THE FIRST


ヨミ: カメンライダーザファースト
掲示板をミル!
12カキコ!


ショッカー
社会を裏から操る秘密結社。

その兵としてつくられた《改造人間》たちは、常人をえる
を駆使して暗躍する。

彼らは、自らの感情と正体を隠さなければならない。

仮面をつけることによって――

仮面ライダー THE FIRSTとは2005年11月5日東映系列で開された仮面ライダーシリーズ映画作品である。


概要


TVシリーズ第1作『仮面ライダー』(以下、旧作)のリメイク(リブート)的作品であり、旧作同様、本郷猛 / 仮面ライダー1号一文字隼人 / 仮面ライダー2号、2人の仮面ライダーの活躍が描かれる。
そのため、第1期平成ライダー中に制作された作品でありながら、基本的に平成仮面ライダーシリーズには含まれない。

リメイクではなく、キャストの一新はもちろんのこと、キャラクター設定や物語も現代に合わせて大幅にアレンジされており、中でも一部の要素は旧作放送当時に原作者・石ノ森章太郎石森章太郎)が執筆した漫画画)版に基づいている。

例を挙げると、

などの要素が漫画版から引用したものである。一方で、旧作と同様の設定・要素も多く存在し、

などが挙げられる。

本作はライダー映画としてはしく恋愛映画としての側面も持ち合わせており、ライダーショッカーの双方においてラブロマンスが描かれている。これは「ライダーショッカー改造人間も全ては人間である」ということを強調し、そのドラマ性を引き上げるために組み込まれたものである。また、プロデューサー白倉伸一郎によると、旧作における本郷と緑川ルリ子のエピソードを補する意味合いも持ち合わせており、倉は「仮面ライダーソナをやる」とまで発言している。

しかし、このコンセプトは観客にうまく伝わったとは言い難く、はっきり言って恋愛要素に対する評価は低い。一方で、当時としてはしいワイヤーアクションを駆使したハイクオリティアクションや、出渕裕による洗練されたキャラクターデザインは概ね高い評価を得ている。

監督の長石多可男や脚本の井上敏樹、一文字役の高野八誠バット役の津田寛治など、スタッフキャスト共に過去平成ライダーに関わった者が多い。逆に石橋本田博太郎板尾創路のように、本作に出演し後のシリーズで重要キャラクター役として再登板した者もいる。

題歌はDA PUMPの『Bright! our Future』。ボーカルISSAは『仮面ライダー555』以来、2度題歌担当となった。なお、ISSAは劇中でもショッカー幹部役として出演している。

ちなみに仮面ライダー映画の中で、同時上映のない単独開作品は本作が初である。


クロスオーバー作品での扱い


リメイク作品という性質上、本作の1号2号は他作品への客演、および旧作1号2号との共演が難しい状態にある。

旧作1号2号と同時に登場した場合は「1号2号がそれぞれ2人いる」状態になってしまい、予備知識のない人にとって混乱を招きかねない。仮に旧作1号2号を差し置いて登場したとしても、他の昭和ライダーべてデザイン面で浮いてしまう。

このため、旧作1号2号が近年のクロスオーバー映画において幾度も再登場しているのに対し、本作の1号2号および次作『仮面ライダー THE NEXT』のV3は映像作品において一度も再登場しないまま現在に至っている。スーツの現存状況も不明ルドラシルバラ(2009年開の映画電王&ディケイド』の敵キャラクター)に改造された、と言われることもあるが、実際はモチーフが同じなだけであり、彼らのスーツは新規造形とのこと。

ゲーム作品においても長らく未登場の状態が続いていたが、2016年に『オール仮面ライダー ライダーレボリューション』において、『THE NEXT』版V3共々、初めて外部出演を果たした。3人ともオリジナルキャストをあてており、肖像権の都合上後姿のみではあるものの、マスクオフ状態も再現されている。また、同じ昭和リブート作品である『仮面ライダーアマゾンズ』のライダーとの絡みもある。

なお、仮面ライダー1号としての登場ではないが、本作の翌年に放送された『仮面ライダーカブト』第14話には、ファンサービスとして本作で本郷を演じた川田ゲスト出演している。クレジット上は「友情出演」であり、本郷猛とは明言されていないが、その貌は本作の本郷そのものである。


あらすじ


本郷猛は類希なる頭を持つ青年だったが、ある日社会の裏に暗躍する秘密結社ショッカー改造され、バッタ改造人間ホッパー」となってしまう。

やがて自を取り戻すことに成功したが、彼がほのかな想いを寄せる緑川あすかから、婚約者を殺したという疑惑を向けられてしまう。真実を告げようにも、彼女に危険が迫ることを案じ、ただ「仮面の男」として守ることしかできなかった。

一方、ショッカーは裏切った本郷を殺するため、もう1人のホッパー・一文字隼人を刺客として差し向ける。だが、彼もまたあすかに惹かれていき・・・


登場人物


本郷猛 / 仮面ライダー1号(演:川田将也)

主人公城南大学の結晶の研究をしていたが、その類い稀なる才ショッカーに買われて、改造人間・ホッパーとなってしまう。以降はショッカーの意のままに動いていたが、ふとしたことから洗脳が解け、ショッカーから離反した。
あすかから婚約者を殺した本人だと誤解される、改造人間としての人的なコントロールに苦しむ、ショッカーからの刺客に命を狙われる、といったいくつもの困難に見舞われながらも、「美しいもの(=命)」を守るために奮闘する。

一文字隼人 / 仮面ライダー2号(演:高野八誠

本郷を殺するためにショッカーが送り込んだ改造人間洗脳処理はされておらず、改造人間としての己のと運命を受け入れている。改造前の経歴は一切不明占い師だったかも)
矢野にそっくりな容貌を利用して、本郷の関係者(および組織の殺対)であったあすかに近づくが、次第に彼女に惹かれるようになり、彼女をめぐって本郷としく火を散らす。しかし本郷の殺に度々失敗し、ついには自身も組織の殺対になってしまう。

緑川あすか(演:小嶺麗奈)

ヒロイン。週刊ABBA記者で、本郷のの研究を取材している。との結婚を控えていたが、世間を騒がせる「怪人」を取材する中で彼を殺されてしまう。それを本郷のせいだと思い込み、彼に憎しみを抱くが、また一方では自らをショッカーから守ってくれる「仮面の男」に惹かれていく。
旧作および漫画版の緑川ルリ子に相当するキャラクターであり、本郷のことを大切な人を殺した本人だと誤解する、という点も共通している。

三田村(演:ウエンツ瑛士

とある大病院に入院している少年。長期入院に加えても見舞いに来ないことで、自分は必要のない人間だと自暴自棄になっていた。美代子のことも当初は邪険に扱っていたが、徐々に心を開いていき、生きる希望を取り戻していく。
最初に美代子からプレゼントされたガーベラがお気に入り。

原田美代子(演:小林子)

の前に現れた爛漫な少女ボランティアと称しての世話を焼き、やがて相思相愛の関係となるが、実はと同じ病院に入院している患者であり、しかも症状は彼よりずっと重く、余命いくばくもない状態だった。

立花藤兵衛(演:宮内洋

オートバイショップ立花レーシング人。本郷とはかねてから親交があり、出来上がったばかりの高性バイクサイクロンを託す。本郷の身に変化があったことを見抜いており、「失うものもあれば得るものもある」とのエールを送る。
演じる宮内は『仮面ライダーV3』の風見志郎 / 仮面ライダーV3役でライダーファンにおなじみ。「かつておやっさんの元で戦った風見志郎(を演じた宮内)が今度はおやっさんとして登場する」という演出は多くのファンを喜ばせた。

矢野(演:高野八誠(2役))

あすかの同僚で婚約者。顔は一文字にそっくりだが、性格は正反対。あすかと共に「怪人」の取材を続けていたが、スパイダーに殺されてしまう。

めぐみ(演:仲程仁美

城南大学で本郷の助手を務める研究員。あすかに対して煮え切らない態度の本郷をけしかけるが、めぐみ自身も本郷に気がある様子・・・?

代議士秘書(演:石橋代議士)、本田博太郎秘書官))

今週の犠牲者。とある法案の成立のために重要な投票を控えていたが、それがショッカーの意に反するものであったため、スパイダーに襲撃されてしまう。
上記の通り、後に石橋は『仮面ライダーディケイド』にて、本田は翌年の『仮面ライダーカブト』にてレギュラー出演することになる。特に本田は本作へ出演したことが直接のきっかけとなった。


仮面ライダー


バッタを持つ改造人間。便宜上ショッカーと分けているものの、2人とも本を正せばショッカーバッタ怪人「ホッパー」であり、劇中では「仮面ライダー」「ライダー」という呼称は一切使われていない。

変身プロセス旧作と異なり、漫画版同様にただしヘルメットサイクロン号に収納しておらず、どこからともなく取り出している。「首から下のみ強化った状態から、仮面を装着する」というものである。このためシリーズ恒例の要素である変身!」宣言がない。同様に変身ポーズも存在しないが、最終決戦では旧作変身ポーズを元にしたファイティングポーズを披露した。

バッタの脚を活かした飛び蹴り(=ライダーキック)を必殺技とする。技名の呼称はない。

仮面ライダー1号(ホッパー)スーツアクター前田浩)

本郷猛仮面を装着することで“変身”する改造人間。他の改造人間と異なり、血液交換を行わなくてもリジェクション(拒否反応)が発生せず、改造人間として初めての成功例と評された。
パンチ体とする直球スタイル1号。最終決戦では「ライダーきりもみシュート」を彷彿させる投げ技からのライダーキックコンボを披露した。
カラーリングは旧1号を意識したものであり、複眼は薄いピンクマスクスーツ系。
専用マシンサイクロン1号。常人では扱いきれないハイスペックマシンだが、人的なを得た本郷は難なく乗りこなしている。

仮面ライダー2号(ホッパー)スーツアクターマーク武蔵

一文字隼人仮面を装着することで“変身”する改造人間1号とほぼ同等のを持つが、パワー若干上回っている。ただし、リジェクションを抑えるには至っていない。ちなみにリジェクションが発生する際に浮かび上がる血管は、漫画版における「顔に浮かび上がる改造人間としての傷」に由来する。
的確かつスピーディーな技を繰り出す技の2号。 最終決戦では「ライダーキック」を彷彿されるスクリューキックを披露した。
デザインベースは旧2号だが、カラーリングはやや異なりライトグリーンになっている。
専用マシンサイクロン2号。入手経路は不明だが、1号同様立花藤兵衛によってチューンナップされたものであるらしい。


ショッカー



次へ»
最終更新日: 18/07/09 21:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ