ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


仮面ライダー(新)


ヨミ: カメンライダーシン
掲示板をミル!
492カキコ!

仮面ライダー(新)とは、1979年から1980年にかけて放送された、仮面ライダーシリーズ第6作である。(全54話)
正式タイトルは「仮面ライダー」であるが、第1作との区別をしやすくするため、記事名である「仮面ライダー(新)」または「仮面ライダー(スカイライダー)」と表記されることが多い。後者Wikipediaで採用されている。
基本的にタグは「スカイライダー」なので、検索される際はこちらからどうぞ。[動] 

ニコニコ動画では、東映特撮ニコニコおふぃしゃるにより2018年12月16日から公式配信開始。
毎週日曜午前10時に最新話を配信、無料視聴期間は72時間(水曜午前10時まで)となる。


概要


1971年の第1作「仮面ライダー」から始まり、70年代序盤から中盤にかけての第二次怪獣ブーム変身ブーム)を牽引する役割を担った仮面ライダーシリーズは、1975年の第5作「仮面ライダーストロンガー」を持って終了し、その役割を終えた。
以後の東映ポスト仮面ライダー」を模索しつつ意欲作を次々と発表したものの、決定打と呼べる作品を提示することが出来ずにいた。
そんなお寒い状況であった1977~78年、時代を動かす2つの作品が日本を席巻することになる。それが劇場版宇宙戦艦ヤマト」と「スターウォーズ」である。共に大人気を博した両作品のにより、日本には一大SFブームが巻き起こる。
その流れの中で、かつての特撮ヒーロー作品が再び注を集めることになる。今回の現の特筆事項は、ブーム子供の間だけではなく、かつての第一次・第二次怪獣ブームを体験した大人が、大人視点から作品の評価を行うようになったと言う点である。
そんな時流の勢いに乗り、ウルトラシリーズを生み出した円谷プロは、79年のから初のアニメウルトラマンザ☆ウルトラマン」の放送を開始、東映75年から77年にかけて放送され人気を博した「秘密戦隊ゴレンジャー」をベースに、「バトルフィーバーJ」の放送を開始するなど、過去作を現代的に翻案した形での新作を順次放送し始めた。
そして79年の10月5日から放送された、東映を代表する特撮ヒーロー・「仮面ライダーシリーズの最新作が本作である。

本作は企画当初から「原点回帰」を掲げられており(企画当初は「仮面ライダー0号」という呼称も使用されていたという)、新ライダーデザインも原点たる仮面ライダー1号2号と同じくバッタイナゴ)をモチーフデザインされ、敵怪人もかつてのショッカー怪人的な、動植物モチーフにしたシンプルな設定となり、ストーリーも第1作当初のようなハード志向のアクションドラマされることになった。
その一方、歴代ライダーとの差別化を企図した新ライダー独自のとして、飛行「セイリングジャンプ」と、専用オートバイで障物を破壊する大技「ライダーブレイク」が設定された。セイリングジャンプによる飛行シーンには「東通ecgシステム」によるビデオ合成が使用され、当時としてはクオリティの高い映像が作られた。この「を飛べる仮面ライダー」という設定から、8人の新ライダーは「スカイライダー」の名称を与えられることになる。
スタッフプロデューサー平山メイン監督山田稔メインライター伊上勝音楽菊池俊輔、そして殺陣大野剣友会と、いわゆる第一期ライダーシリーズを支えた人員がそのまま参加する形となった。
そして俳優に関しては、大々的な一般オーディションが開かれ、3786名の参加者の中から、当時まだ大学生であった村上弘明役の座を見事に射止める。
さらに本作放送開始の一ヶ前・799月8日には、かつての第一期ライダーシリーズ立花藤兵衛を演じてきた小林昭二を招いての特番「不滅の仮面ライダースペシャル」が放送され、歴代作品や歴代ライダーと共に、新番組である本作が紹介された。

まさに鳴り物入りで放送開始された本作は、前述の通り「原点回帰」を全体のテーマに掲げ、ストーリーからキャラクター性に至るまで、一貫して「本郷猛仮面ライダー」への立ち返りが図られることになった。「ヒーローであるライダーも敵怪人も、所詮は同じ改造人間」という皮物語内でさりげなく消化した2話や、改造人間になりながら自を取り戻した故の悲劇を描いた4話など、内容的にもハードなものが序盤には頻出している。その一方で新要素であるセイリングジャンプライダーブレイクなども毎回披露され、バイクチェイスを含めたアクションシーンは迫のあるものに仕上がっている。
しかし世間的には既に「明るいヒーロー」として認識されていた仮面ライダーを、第1作初期の「怪奇アクションドラマ」志向で作ることについて、次第に理が生じてくることになる。話のハードさは地味さとして受け取られるようになり、新機軸のセイリングジャンプライダーブレイクストーリー上で十分に生かされていたとは言いがたく、このような様々な要因が重なったのか、視聴率は低くはなかったものの伸び悩んでしまう。
そのためい時期から既に番組後半に向けての強化案がいくつか出され、その中にはスカイライダーとともに戦う、9人ライダー仮面ライダーV9」を登場させるという案も存在した。この案はプロットも立てられ、実行直前であったものの、後述するそれまでの強化案が成功したためにお蔵入りとなった(この後、V9名前や設定の一部を変更し、次回作「仮面ライダースーパー1」となる)。

主人公の活動拠点をハングライダークラブから喫茶店ブランカ」に移し、レギュラーキャラクターも一新して、より活動的なイメージが強調されることになった。また敵であるネオショッカー側も、軍人的なイメージの強かった初代大幹部・ゼネラルモンスターから、新たに二代の大幹部・魔神提督に交代させ、ネオショッカーの実行する作戦都市破壊や建築物破壊など、より直接的でわかりやすいものに変容させていった。
アクション面においてはセイリングジャンプライダーブレイクと言う、初期の新要素を封印し、オーソドックスなスタイルでのアクションに落ち着かせる形となった。これは先述の通り、この2つの要素を話の中に組み込むのが難しかったと言うのも理由の1つとされる。
そして最大の強化策は「歴代仮面ライダーの共演」である。20・21話のストロンガーを皮切りに、23話のV3、26話のX、ライダーマンと、歴代ライダーとスカイライダーとの共闘が連続して描かれることになり、ストーリーの盛り上げに貢献した。
それら強化策の集大成として、28話にて歴代ライダーとの特訓によりパワーアップを遂げたスカイライダーは、より明るい体色へとスタイルを一新し、見たにも手で陽性な雰囲気を生み出すことに成功した。この強化版スカイライダーに関しては、テレビ本編よりも先に劇場版「8人ライダー銀河王」において初めて披露されたことも話題となった。この劇場版自体も原作者・石ノ森章太郎自身が総監督を務め、同時期の他の東映特撮ヒーロー劇場版較してもかなりの予算が組まれたらしく、質の高い内容に仕上がっている。

それ以外に、伊上勝から江連卓へのメインライター交代、歴代仮面ライダーの素顔での客演、コミカル脇役ヒーロー・がんがんじいの登場と活躍、「怪談シリーズ」と銘打たれた怪奇色の強い作品群の発表など、様々な要素を盛り込み続け、これら積極的な番組善策と演の村上弘明の演技向上もあってレギュラーメンバーの個性も徐々に定着し、次第に本作独自の魅を発揮するようになる。
それでも視聴率に関しては、前半よりは上昇したものの期待通りの成果は得られなかったが(もここで言う「期待通りの成果」とは、ライダーシリーズ絶頂期の視聴率のことでもあるため、後続作である本作にそれをめるのは酷ではある)、放送期間は当初の予定より若干延長し、全54話という、第1作を除けば最長の話数を数えて終了することとなった(本作自体をさらに延長すると言う話もあったようだが、演の村上スケジュール調整がつかず終了の運びとなった)。
そしてライダーシリーズそのものは、次作「仮面ライダースーパー1」に引き継がれることになる。


あらすじ


北大学の大学生筑波洋は、所属しているハングライダークラブでの飛行練習中、怪しいバイクの一団に追われている一台の自動車を発見する。成り行きでその自動車を助けた洋だが、そこには人間改造工学の権威である志度博士が乗っていた。
博士る。自分を追ってきた一団は、人口抑制と世界征服を企む悪の秘密結社「ネオショッカー」であり、自分はそこから脱走してきたと。洋は博士を守って奮戦するが、現れたネオショッカー改造人間・ガメレオジンによって瀕死の重傷を負ってしまう。
洋を救いたい一心で志度博士は敢えてネオショッカーに戻り、洋に改造手術を執行。洋は改造人間としてった。
改造人間としてのでガメレオジンを撃破し、博士と共に脱出した洋は、自分の改造人間としてのを使って、人類の自由を守るためにネオショッカーと戦うことを決意する。その雄々しい姿にかつて世界を悪の手から守り抜いた戦士たちの面を見た志度博士は、彼を「仮面ライダー」と命名。新たなる仮面ライダーネオショッカーとの長い死闘が始まる。


主な登場人物


筑波洋/仮面ライダー(スカイライダー) (演:村上弘明
スカイライダーに変身する青年
詳細は個別記事を参照。

志度太郎 (演:田畑孝)
人間改造工学の権威。そのネオショッカーに狙われ、逃走中筑波洋と出会う。自分のせいで洋を巻き込み重傷を負わせたことに責任を感じ、ネオショッカーに協する振りをして洋の改造手術を行うも、敢えて改造は行わなかった。これにより洋は自意識を保ったまま改造人間として復活している。それでも人間を「人間でないもの」に作り変えてしまった罪悪感は消えず洋に謝罪するも、逆に悪と戦えるを与えてくれたと謝意を示す洋の姿に、かつての英雄達の面を重ね、彼を「仮面ライダー」と命名した。
2話以降は「志度ハングライダークラブ」を設立し、メンバーを増やしつつライダーの戦いを支援した(しかし自分はハングライダーを使えない)。
洋が仮面ライダーであることを知るただ1人の人物であったが、13話の登場を最後に、ネオショッカー対策委員会に参加するため、次郎に後を任せて日本を離れた。

途中降したのは、実際には本人の病気によるもの。本作放映中に他界している。

次郎 (演:塚本信夫)
14話より登場する、洋の新たな支援者喫茶店ブランカ」のマスターであり、洋とは大学先輩後輩の関係であるため、洋は「先輩」と呼んでいる。家族ネオショッカーに殺された過去を持ち、志度博士とも何らかの形での交流が会ったようで、海外立った志度博士の後を受けて、洋の正体を知るただ1人の人間として、洋をサポートする。
機械関係に精通しており、子供のためのラジコン飛行機から小の火炎噴射機まで作ることが出来、洋のバイクを整備することもよくあった。
第一期ライダーシリーズにおける「立花藤兵衛」的コンセプトの人物であり、「二代おやっさん」として洋の後見人を務めあげた。実際に立花藤兵衛とは交友関係があると言う裏設定も存在する。
次作「仮面ライダースーパー1」にも登場。ちなみに14話での洋との会話から察するに、以前は別の名前であり、家族ネオショッカーに殺されたことを契機に、現在名前に変えたらしい。下着ふんどし

演じる塚本信夫は、「帰ってきたウルトラマン」のMAT日本支部初代隊長加藤勝一郎役として特撮ファンには知られており、第一期ライダーシリーズ立花藤兵衛を演じた小林昭二と並び、日本を代表する2大特撮ヒーローシリーズにおいて重要な役を演じたことになる。


次へ»
最終更新日: 19/12/07 21:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ