ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


伊勢神宮


ヨミ: イセジングウ
掲示板をミル!
29カキコ!
皇大神宮(内宮)[外部]

伊勢神宮とは、三重県伊勢にある神社である。



概要


一般的には「お伊勢さん」「大神宮さん」と親しく呼ばれ、辞書やメディアなどでは「伊勢神宮」と紹介されているが、正式名称は単に『』である。宮と言えば伊勢神宮をし、検索でも最初に表示される。

に1万8千社ある神明神社の総本社であり、日本の約8万社の神社を包括する宗教法人神社本庁』では、宮が古来より至高至神社であるので、全神社の総親として本宗と仰ぐ。

全ての神社には社格という定められた格式が与えられている中、宮には社格がなく、文字通りの別格として定義されている。伊勢の地が都と呼ばれ、宮が神道の核を為す聖地とされる由縁である。

宮とは、大神こうたいじんぐう,通称:内宮(ないくう))と豊受大神(とようけだいじんぐう,通称:外宮(げくう))の二つの正宮のほか、伊勢からも離れた42に跨る別宮、摂社、末社、所管社を含めた125のお宮(神社)からなる総称である。


創祀


日本書紀によると、天照大御神が宿る御体の八咫は、当初宮中にて代々天皇によりられてきた。第10代崇神天皇の時代(紀元前97~29年頃)に、大和にて豊鍬入命(とよすきいりひめのみこと)がることとなり、その後、第11代垂仁天皇の時代(紀元前29年~紀元69年頃)に御代である倭命(やまとひめのみこと)が新たに八咫を奉する土地を探すことになった。倭命は大和賀、近江美濃など、20もの土地を巡った後、垂仁天皇26年に伊勢の地に辿り着いた。

命が八咫を抱え伊勢の地を通った時に、『この伊勢は常世の浪の重浪(しきなみ)の帰(よ)するなり、かたのうましなり、このに居(お)らむとおもう』との天照大御神の御宣託があり、約2000年前に伊勢宇治にある五十鈴川川上に社を築いて鎮座し、磯宮と呼ぶようになった。この磯宮を朝廷が崇拝するところと成り、現在宮に至る。


御神体



主な宮社と祭神



皇大神宮(内宮)


主祭神

*1天照大御神の最高位の尊称。他の神々の記載も同様。

相殿神

皇大神宮別宮


荒祭宮(あらまつりのみや)

天照大御神の荒御魂を別宮として御りする社殿賽銭箱があるので、身に余る個人的なお願い事は必ずこちらの御宮でする。内宮の荒祭宮と、外宮の多賀宮。宮を代表する二柱の荒御魂を御りする宮社には鳥居がない点も興味深い。


月讀宮(つきよみのみや)

近鉄鳥羽線五十鈴川から歩いて10分。天照大御神である神様尊」を御祭とする。縁結びや夫婦円満を願う人にお勧めする。社殿を守るような大きなクスノキには参拝客も圧倒される。

御幸道路側から入るのが表参道23号線側から入るのが裏参道となっており、表参道から入るのが正式。参は右側通行。

お社に向かって、左から①伊佐奈弥宮(いざなみのみや)、②伊佐奈岐宮(いざなぎのみや)、③月宮(つきよみのみや)、④月荒御魂宮(つきよみのあらみたまのみや)となっています。参拝の順序は③月宮→④月荒御魂宮→②伊佐奈岐宮→①伊佐奈弥宮が一般的。4社が仲良く並んでいるとても優しく穏やかな雰囲気に包まれた神社。罪 、穢れを祓い、清めるが強いとされる。

瀧原宮(たきはらのみや)

JR紀勢本線から歩いて15分ほど。倭命が天照大御神の御鎮座の場所をめて各地をする中で、倭命がこの土地の美しさに惹かれ、御宮を一時建てられたのが起とされる神社。清らかな行して伸びるっ直ぐな参へ進んでいくと、せせらぎの音が聞こえてくる。社殿にはの玉石が敷かれており、とてもが似合う御宮。


伊雑宮(いざわのみや)

近鉄志摩線、上之郷から歩いて3分ほど。にある雑宮(いざわのみや)は、数々の巨木が秘的な雰囲気を醸しており、岩のように見える巨木が魅。地元民は「いぞうぐう」と呼び、古くからの守りとして猟師女さんに親しまれてきた。静寂の中で心も洗われる御宮。


風日祈宮(かざひのみのみや)

弉諾尊の御子で、特にられる、級長命、級長戸辺命を御りする。は農作物に大きな影を与えるので、宮では古より正宮に準じて丁重に扱われる御宮。毎年5月14日8月4日の2度、災害いよう、また五穀が豊かに実ることを祈願する日祈(かざひのみ)祭が行われる。これは鎌倉時代の「御(みかさ)の事」を元とする。

1975年に新左翼共産主義者同盟戦旗(現アクティオ・ネットワーク)が起こした放火テロ事件、日祈宮放火事件をに、宮では赤外線監視装置の設置について議論され、日本警備保障(現セコム)に打診すると、日本警備保障は自然木のように特別に偽装した機械警備システムを伊勢神宮に償で奉納した。

倭姫宮(やまとひめのみや)

倭姫命御杖代奉賛会(公式)[外部]

JR東海伊勢市駅近鉄宇治山田駅から三重交通都線バス(外宮・内宮循環)の「徴古館前」で下すると、すぐ表参道鳥居が見える。広大倉田山のに包まれ、ゆるやかに行した参や石段が変化に富んだ観を作り出し、どこか女性的で大らかな雰囲気を味わえる倭姫宮

甚大なる御功績を御示しになられたにも関わらず、倭命を奉る御宮が伊勢に存在しなかったことを嘆き、御徳をお慕いしたいと大正の初年から庁と宇治山田(現在伊勢)が命を奉る御宮の創立を請願してきた。そして大正10年1月4日、皇大神宮別宮としてのご創立が許可され、同12年11月5日に御鎮座祭が執り行われた。地元民のが、皇大神宮別宮という大変立な格式の御宮に倭命を御鎮座するという価値ある結果を結んだのだ。宮の御宮の中でも、最も新しい神社である。


豊受大神宮(外宮)


大神宮が伊勢に御鎮座してから約500年後に、『丹波の治(ひじ)の名井(まない)の原という所にまつられている豊受大神を御饌(みけ)つとして私の近くによんでほしい。一人では大御食(おおみけ)(お食事)も安心して食べられない』と天照大御神から雄略天皇への示があり、丹波のから伊勢の度会の山田原にお迎えして御宮を建てられたことが、豊受大神宮(とようけだいじんぐう)の由緒である。伊勢神道(度会神道)は、豊受大御をおりする外宮が内宮より至上の神社と考えた。

豊受大御天照大御神の大御気をであることから外宮だけにあるのが御饌殿(みけでん)。毎日夕の二度、々に御食事を用意する日毎夕大御食祭(ひごとあさゆうおおみけさい、通称常典御饌は、1500年以上前から、一日たりとも欠かさず営々と続けられている日本世界)最長の祭事。忌火屋殿(いみびやでん)は神様の御気を調理する台所とされる。忌火とは「特別な火」の意味ですべての事や宮中で使用される清浄な火であり、外宮では弥生時代に発明された「舞錐式発火法」で火をきりだす「御火鑽具(みひきりぐ)」を使用して、饌(神様の食事)を調理する忌火を現代でも起こしている。また、神様にお供えする御料は、毎、上御井神社(かみのみいのじんじゃ)からんでおり、この御は、高天原穂井(あめのおしほい)から移されたと伝えられている。

主祭神
相殿神

豊受大神宮別宮


多賀宮(たがのみや)

宮前の池の横の石を過ぎ、土宮と宮の間にある石段を98段登った丘の上に鎮座。外宮での個人的なお願い事は、是非多賀宮で。外宮の多賀宮と、内宮の荒祭宮。宮を代表する二柱の荒御魂を御りする宮社には鳥居がない点も興味深い。


土宮(つちのみや)

月夜見宮(つきよみのみや)

JR伊勢市駅前から南に10分。また、外宮から北に徒歩で10分。厚生小学校のすぐ裏手にあり、皇大神宮別宮の宮が尊と尊荒御魂がそれぞれ社殿を分けて御りしているのに対し、こちらは月夜見尊の和御魂と荒御魂が一つの社殿に合わせて御りされている豊受大神宮(外宮)別宮の神社、欅、その他常の木々のおい茂った社がある。一歩域に入ると、町中の御宮とは思えない清らかな静謐が感じられる。地元では「つきよみさん」と親しみみを込め呼ばれている。


次へ»
最終更新日: 16/04/14 20:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ